ブリアン歯磨き粉は虫歯にならない薬?

虫歯にならない薬

ブリアンは虫歯菌を除去する成分の世界初の歯磨き粉として販売されていますが、ブリアンは虫歯にならない薬と言えるのでしょうか。

残念ながらブリアンは虫歯にならない薬とはなりえないことを最初にお伝えしなければなりません。

ではどうして原因がわかっているのに虫歯にならない薬について考えてみました。

虫歯にならない薬は存在するのだろうか?

薬と一言言った時にどんな物を思い浮かべますか?錠剤や粉末、はたまたダブレット、口腔内だから歯磨き粉?。残念ながら虫歯にならない薬は未だ存在しませんこれは口腔内という組織がとても複雑な構造でなおかつ外部である事が原因です

しかしながら最近ではプロバイオティクスという考え方が主流となってきており、虫歯予防に役立つ菌を口腔内に常在させて口腔内の虫歯リスクを下げるという方法が取られるようになってきました。その事についても後述します。

口腔内へ作用する薬

口腔内の表面は歯牙と粘膜によって覆われています、虫歯菌や歯周病菌その他常在菌もここに定着している事になります。従って口腔内細菌に作用する薬を考えると分泌成分でどうにかする事になりますが、唾液腺から抗生物質を放出させる方法をとったとしても虫歯菌以外の善玉菌をも死滅させてしまう事になり体の免疫が低下する恐れがあります。

また、唾液腺は耳下腺・顎下腺・舌下腺と三種類存在しており役割もそれぞれ違います。

全ての唾液腺からこうした成分を常に分泌させる薬を開発するのは非常に困難であると言え、また副作用の方が大きくなることが懸念されます。ダブレット等に抗生物質を内包する方法も同様です、虫歯菌だけに作用する薬ということになりますが、そもそも虫歯菌は一種類ではありません少なくとも10種類程度の菌が関与していると考えられており、それらすべてに効く薬は他の細菌にも影響を及ぼしてしまいます。

従って抗生物質を主体にした菌を減らす方法は現状取るべきではないですし、取れない事になります。

口内フローラに常在する菌を減らしても、体の免疫が落ちることは明白で長くは続きません。

プロバイオティクスという考え方

菌は抗生物質で叩くのが主流だった時代がありました、今でも多くの病院では抗生物質に頼りきりな現状もあります、しかしながらその行為によって多剤耐性菌が生まれ、その多剤耐性菌を叩くために新たな抗生物質が開発されるイタチごっこが始まりました。

このイタチごっこを揶揄するかの如く考えられ始めたのが菌と共生するプロバイオティクスという方法です、日本でも腸内善玉菌として活躍しているビフィズス菌は悪玉菌を減らすため、摂取されています悪玉菌を対象とする阻害因子を持つ細菌を常在させる方法は決して珍しくなくなってきています。

そして口腔善玉菌として活躍中のBLIS M18やK12を口腔内に常在させる為にブリアンが発売されました、海外では既に口腔ケアの方法が個人で確立されている為ダブレットという形での販売になりましたが、日本ではまだまだ歯磨きに対する意識などが低いことから歯磨き粉としての販売となっています。

口腔プロバイオティクスは虫歯抑制薬となるのか?

結論から言えばこれは薬ではありません、そしてあくまで歯磨きによる虫歯リスクの低下を補助してくれる物だと認識する事が重要です。

虫歯菌だけが虫歯リスクの要因では無いのです、食品や外部因子、そして宿主の体内状況等も関わってきます。

極端に唾液分泌量が少ない人や唾液のphが低い人が虫歯菌を死滅させられたとしても虫歯リスクは残ります、そういった事象の末の虫歯です。

しかしながらBLIS菌の効果は海外論文を読んでも確かなもので、これによって口内環境の改善が見られた人は大勢存在します。
歯垢の付着が少なくなったり、口内phに改善が見られた等の報告はとても多いのです。

まとめ

ブリアン歯磨き粉に使われているBLISは国内では知名度が低いことは言うまでもありません。

日本ではまだまだ歴史の浅いBLIS菌ですが海外では既に15年もの年月で使用されています。

安易な操作されている可能性のある日本の口コミよりも世界の評価へ視野を広げた方がブリアンの真価が分かるかもしれません。

ブリアン歯磨き粉は虫歯にならない薬ではありませんが、正しく使うことで虫歯予防に期待が持てます!

虫歯にならない薬

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA