ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

歯磨きのタイミング!知らないでは許されない!

歯磨き,タイミング

既に歯磨きが習慣付いている方もそうでない方もどういう歯磨きの仕方が良いのかは知っておいて損は無いと思います。基本的に歯科専門家から勧められるのはスクラッピング法やバス法といったものでしょう。

健康的な歯をお持ちの方は歯面清掃がメインとなるスクラッピング法

スクラッピング法は子供が歯に対して垂直に歯磨きをしているイメージで、歯に対して垂直に歯ブラシを当て、円を描くようにブラッシングする方法です。

この時一つの歯に対して20回ほどのブラッシングを心懸けるようにしましょう。

スクラッピング法は歯面の清掃がメインで、虫歯予防の歯磨きとしては最初に選ばれる方法となります、これに付加としてフッ素塗布や歯磨き粉の選択といったものが虫歯予防の具体策になります。

歯周病予備軍、歯周病をお持ちの方はバス法も併用。

バス法は歯面と歯茎の間にブラシの先が入り込むように歯面に対して45度程度の角度で微細に振動させるものです。

この時殆ど力は要りません、主にポケットと呼ばれる歯周病による隙間に入り込んだ食物残渣、いわゆる食べカスを取り除き炎症を抑える、または予防する方法となります。振動がメインとなるのでゴシゴシとブラッシングする必要はありません。疑問別に歯磨きについてまとめました!。

  1. 歯磨き時に血だらけ!
  2. 一日の内歯磨きはいつすればいいの?
  3. 歯磨きの適切な回数は?
  4. 歯科医院へ行く前の歯磨きは必要?
  5. 歯磨きは何分間?食後何分くらいが適切?
  6. 歯磨きの効果って?
  7. 歯磨きしないで生きていきたい!
  8. 歯磨きの後にお茶は飲んでも平気?

1番から順番に紹介していきます。

1.歯磨き時に血だらけになってしまった!

第一に考えられるのはやはり「歯周病」になります。

現代人が7割これに罹患している、もしくは予備軍であるというのは有名な話になりましたが、歯周病は口腔内だけが問題ではない事も多いのですがご存知でしょうか。全身疾患を起因とする場合、白血病や再生不良性貧血等が上げられます。主に血液の疾患ですが、多くの医療論文が発表されています

歯茎の出血から不安になって受診される方も多いですが発見出来るのであれば早期の治療が望めますね、この話は「本当は怖い家庭の医学」という番組でも取り上げられたことがあるので調べたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

その他にもビタミン類欠乏による壊血病等でも歯茎からの出血が認められることもあります、歯磨きによって出血が目に見える様になるだけで、実際には微細な出血を常にしている、シグナルに気付くことが出来る、というものですね。

歯茎からの出血が多すぎる場合は歯磨きを中止して歯科医院を受診して下さい。単純な歯周病の場合にも強すぎるブラッシング等で歯茎が痩せてしまう可能性もあります、自身の身体の状況に沿った適切な口腔ケアが必要になるので、まずは身体の状態を判断してもらいましょう。

2.一日の適切な歯磨きタイミング

理想的なのは起床時、朝食後、昼食後、夕食後、寝る前の五回です。また間食があったのであればその時にもしてもらいたいのですが、歯磨きに時間をかけることが出来ない、中々タイミングが取れない場合は寝る前と起床時だけでも確実に歯磨きをしてほしいと思います。

食後であれば最も重要なのは昼食後となりますが、基本的に活動中の時間となってしまい、水道付近が共同スペースで気恥ずかしい、する事が出来ないとおう方もいるかもしれません、そうした場合は口をゆすいでキシリトールガム等でケアしてあげましょう。食前と食後でいえば食後のほうが口腔内最近の数は下がっているのですが、食物残渣いわゆる食べかす等によって活発的に増殖と口腔内を酸化させていきます。

昼食から夕食までの時間が一日の中で最も長い時間を経過させてしまう為、日中では昼食後をケアしてあげることが大事になります。ガムは変形して食物残渣を取る事も出来ますし、唾液を多く出すことで流し切ることもできるものなので、ある程度の清掃効果を見込む事が出来ます。

3.歯磨きの適切な回数

一回の歯磨きはどれくらいすれば良いのでしょうか。
基本的には一つの歯面に対して20回程度と言われています、一度のブラッシングで3本くらいをカバーする事も考慮すると裏面、前面、頂上面で60回を3本同時にという感じでしょうか。

適切なブラッシングにかかる時間はおよそ15分~20分といったところになりますが、歯周病予防等にも考慮したい場合はバス法も取り入れたいので10分程度足されることになります。

一日の間に必要な回数は5回ですが、これも時間がない場合は代替策を用意しておくことが大事になります。出来ればブラッシングは起床時、朝食後、昼食後、夕食後、就寝前の五回をきっちりカバーしておきたいところです。

4.歯科医院に行く前の歯磨き

歯科医院での診察があるけれど、ごはんは食べて行っても平気でしょうか?という疑問があるかもしれませんが、いつも通りにして問題ありません。

ただ、歯科医院では口腔内を診ることになるため、行く前には歯磨きをしておいた方が良いでしょう。

口紅は顔面布等に色がついてしまう場合もあるので掠れてしまうのが気になる場合はしていかない方が無難でしょう。もし虫歯の部分があるのであればそれ以外の部分だけでも大丈夫です、痛みは炎症を強めてしまうので、痛みを我慢して歯磨きをするよりは洗口程度で抑えておく方が余程良いでしょう、急性炎症時期には麻酔が効きにくく、痛みも強まってしまう為歯磨きを無理してするよりも歯科医院でのエアー等で除去してしまう方が却って効果的です。

5.歯磨きは何分間?食後何分くらいが適切?

歯磨きは大体15分間を目途にするのが良いでしょう、歯面清掃だけで20分ですが歯周病予防の為の歯磨きは10分前後足すのが効果的になります。

多くの人がそこまでの時間を割く事が出来ない悩みを抱えているかと思いますが、代替策も用意しておきましょう。簡易的な物であればガムは物理的に食物残渣を除去するだけでなく唾液の分泌促進も同時に行えるものであり、食後どうしても時間が取れない時はガムを噛みましょう、歯の間に挟まってしまった場合はデンタルフロス、無ければ爪楊枝で取り除くだけでも放置するよりは余程改善します。

食後すぐの歯磨きが望ましいのですが、食後の余韻を楽しみたい方も多いでしょう

大体15分以内の口腔ケアが無難です、食後30分以内は酸化したエナメル質が軟化してしまっているから歯磨きをしない方が良いという解釈をされる方もいますが実際には適切な歯磨きではエナメル質の剥離は起きません

既にう蝕エナメル質となってしまっている場合はこの限りではありませんが、基本的には早めの歯磨きが適切なタイミングであると言えます。

6.歯磨きの効果とは?

歯磨きは歯面清掃、食物残渣の除去、歯茎への刺激活性化、歯周ポケット清掃、唾液促進、沢山の口内ケアに関わる重要なステップになります。

特に重要なのは継続性と熟練度です、歯磨きは練度の高い者がする場合とそうでない場合で効果に開きがあり、一回一回の残存細菌数、残存残渣率も違ってきます。

歯磨きの効果を一言で表すと「口腔内に残存している食物残渣及び歯垢の除去をメインとした口腔内活性行為」となるわけですが、一回一回の清掃率もさることながら習慣付いている歯磨きこそが歯周病予防、及び虫歯予防には重要となります。

7.歯磨きしないで生きていきたい

歯磨きを適切な回数及び時間で行うと一日の内1時間前後を歯磨きに費やすことになります。この一時間を有意義に使いたいと思う人は多いかもしれませんが、歯磨きをしている時間は苦痛でしょうか?。

多くの方々は歯磨きをする時間すらも作る事が出来ない現状に嘆いている中で、自分の内部までも手を伸ばす時間的猶予がある事は幸福な事ではないでしょうか。もし歯磨きをしないで放置していくと歯面に歯垢が溜まり、ザラつく感触が一日中纏わりつきます、その後歯石となり自分では除去が難しい状態に変化してしまい大切な歯へのダメージを加速させていきます。

菌が繁殖し続けているので口臭等にも影響が及ぶ事となり、朝起きると喉がヒリついたり、口腔内がピリピリする感触を覚える事になります。歯周病を発病してしまえば最短でも一か月以上の治療と向き合うことになりますし、ふとした瞬間に健康だと思っていた歯が抜けてしまう恐れも出てきます。

虫歯の進行を放置していけば根尖性歯周炎を引き起こすこともあるかもしれません、頬が大きく腫れてしまい痛みも我慢できないレベルまで達します、歯が当たるたびに鈍痛を感じる事になるでしょう。

果たして歯磨きをしない事で得られる幸せはあるのでしょうか、口腔ケアの補助製品を使う事は大事な事ではありますが、歯磨きをしない生活を得られる様な製品は今だ存在していないと思いますし、これからも難しいのではないでしょうか。

8.歯磨きの後にお茶を飲んでも平気?

着色が気にならない、もしくは着色予防や除去に力を入れているならば良いかもしれません。お茶は抗菌作用を持っているので体には良さそうだと感じる方が多いと思います、しかしながら歯面に対しては着色因子の付着というデメリットがあります

しかしながら一回や二回で大きく変わることはありません。

風邪気味なので温かいお茶を飲んで喉の炎症を鎮めたい、といった状況でしたら是非飲んでしまいましょう。

ただし起床時の歯磨きは必ず行うようにして下さい。

着色は放っておくとどんどん色が変化してしまう為、早期の対処が重要になります

歯磨きのタイミングと重要性【まとめ】

歯磨きに関する疑問を集めてまとめました。

多くの方は時間や方法といった事への興味が強い傾向がありましたが、常日頃から口腔ケアに意識を向ける方は殆ど問題を抱えていない事が多いです。

従って優先順位を自分の中で定めて、時には歯磨きを怠ってもその後のケアを意識する事で問題になるまで浮上する事は殆どありませんのでご安心下さい。

歯磨きは継続が第一、第二に熟練度、第三に知識です。清潔な口腔内を持続させていきましょう。

菌活が流行っていますが、口内環境の菌活を始めるならブリアン歯磨き粉の効果口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です