ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

虫歯予防効果をグッと高める歯磨きのタイミングと正しい磨き方

我が子の日々の成長はどんなことでも嬉しいですよね。歯磨きだってその一つです。今までは磨いてあげていたけれど、いつやら歯ブラシに興味を持ち、自分で磨きだす。一人前になったものです。しかし、もちろん子供がいきなりきれいに磨けるようになるかと言うとそうではありせん。

正しい歯磨きの方法を教えてあげないと、いつのまにか虫歯だらけに…なんてことも。

そこで今回は、子供が自分で歯磨きをするようになった時の、磨き方と注意点についてご紹介していきます!

歯磨きのタイミングといつから始める?

歯磨きを始めるなら予防効果が抜群のタイミングで始めたいと思いませんか?

でも、どのタイミングが一番効果的に虫歯予防効果があるのか?歯磨きのタイミングはいつからがいいのか?

何歳ごろから磨き始める?磨き方は?

早い子は1歳ごろには歯ブラシに興味を示しだすでしょう。3歳ごろまでにぶくぶくうがいを含めて一人でできるようになれば良いでしょう。(個人差があるのであくまでも目安で構いません。)

まずは歯ブラシを持つところから始めて、ブラシ部分がきちんと歯の方向を向いているか確認することも大切です。

あまり強くなりすぎないように、優しい力で前後に動かす動きを教えてあげると良いです。鏡を見ながらするとなお良いでしょう。ぶくぶくうがいができるようになったら、味付きの子供用歯磨き粉を使うのも良いです。

歯磨き嫌いも気に入った虫歯になりにくいブリアン歯磨き粉を使い効果的に予防するのも一つの対策です。

歯磨きで気をつけることは?

歯磨きで一番気をつけたいのは、歯磨きを口にくわえたまま遊ぶこと!

最初はシャカシャカ磨いているようでも、いつの間にか先端をガシガシ噛んだりして遊びだすことがあります。このまま走り出そうものならとても危険!歯磨きを自分で始めだしたころには、お子さんの歯磨きに対する集中度をよく観察してあげると良いでしょう。また、歯磨き粉を使いだしたら、吐き出す前に誤って飲み込まないように注意しましょう。歯磨きの時間の目安は、始めは1~2分程度で構いません。

そのあと保護者による仕上げ磨きに移ります。

仕上げ磨きの重要性

「仕上げ磨き」とは、その名の通り保護者が仕上げに歯を磨き上げることです。全体を磨きなおす必要はありませんが、最終チェックとして行うのが良いでしょう。チェックしてほしい場所は、歯の裏側、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の溝です。お子さんと一緒に鏡を見ながらチェックしてあげると良いでしょう。

親子一緒に歯を磨こう!

2~3歳ごろにかけてのイヤイヤ期では、歯磨きを嫌がる子がとても多いです。朝と夜の1日2回は歯磨きしてほしいところですが、嫌がる場合は夜だけでもしっかり磨いてあげたいところですよね。そんな時は歯磨きが楽しいものだと思ってもらうことが手っ取り早いです!歯磨きの歌を歌ったり、一緒に歯磨きの時間を共有することが効果的です。

まとめ

口の中はとても複雑な構造なので、大人の私たちも完璧に磨くのはとても難しいです。

しかし小さいころから歯磨きの習慣がついてると、それだけで虫歯予防に絶大な効果をもたらします。
虫歯になった歯を完全に健康な歯に戻すことは今の医学では不可能なので、こういった日々の習慣が最も大切になってきます。親子一緒に歯磨きをして、健康な口内環境を手に入れましょう!

歯磨き習慣を自然に身につけられるブリアン歯磨き粉を始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です