ブリアン歯磨き粉は歯科医に相談もするべき?

ブリアン,歯科医

ブリアン歯磨き粉の歯科医が出している評価を直接確認する方法は歯チャンネルを見る方法です。

歯チャンネルは歯科医が、相談者の質問に答える大変親切なサイトで意識高い系のパパ、ママなら一度は見たことがあるのではないかと思います。
わたしもよく見ますし。

ブリアン歯磨き粉を歯科医に直接聞ける機会

歯チャンネルは、歯科医の先生方も親切にお答えいただけるので信頼できるサイトであることは間違いないでしょう。
ブリアン歯磨き粉を気になられているパパ、ママは歯科医に直接聞ける機会があれば一度お話聞いてみたいですよね。

実際歯医者に行ってそんな話をしてよいものか、どうなのか?と不安に感じることが多いです。
なぜならば、歯科医の先生はお一人で幾人もの患者様を治療されているのでそうそうお話することできません。
通い慣れてくると、「お久しぶりですね、調子はいかがですか」程度の世間話はしますがそれ以上に突っ込んで話もできません。

そして、治療室は個室なわけでもありませんので治療している患者様に筒抜けなわけです。

正直これでは相談したくても相談できないな~というのが本音として抱えていることもあるでしょう。

ネットの普及も相まって、メールで質問するということに慣れもあり、歯チャンネルで質問も容易な訳です。

なんといっても、歯科医へ治療へいけば先生お一人の意見だけですが、歯チャンネルでは、複数の歯科医の先生方がそれぞれの主張をおっしゃってくれるセカンドオピニオンにも勝る場所と言って過言ではないんです。

そんなセカンドオピニオンにもってこいな歯チャンネルでブリアン歯磨き粉については効果について言われていることが分かりました。

ブリアン歯磨き粉の効果がいい!と言っているのはヤラセか、ステマではないでしょうか。

実際にブリアン歯磨き粉を継続しているユーザーとしてはなんとも複雑な気持ちになってしまいますが、、、

ブリアン歯磨き粉の歯チャンネル内の様子

ブリアン 歯科医
ブリアン歯磨き粉は歯科医の中でも判断が様々あるのも事実のようです。

ブリアン歯磨き粉の取っている手法はもともとある細菌叢(さいきんそう)に基づいたものという指摘をされている先生もいらっしゃいました。

と、いうことは手法自体はもともとあり歯科医の中でも細菌叢(さいきんそう)に関して意見が多いのも理解しておく必要がありそうです。

細菌叢(さいきんそう)に対してのアプローチとしての治療方法は殺菌し削らず対応するというのが主な手法のようです。

  • 3MIX
  • カリソルブ
  • ヒールオゾン
  • ドックスベストセメント

などが代表候補でしょうか。

どれも共通しているのが保険が適用にならない点です(涙)

無痛虫歯治療とも言われますが1歯に対して15000円程度だったりするので高額となります。

保険適用にならないということは仕方がないというべきでしょうか。

自由診療の枠ですから、歯科医によって価格帯の違いもあります。

抜かず、削らず、痛くないの三拍子なので子供や妊婦さんにも負担がないのが良いようです。

このように、細菌叢に対しての治療方法は削らず殺菌するという方法をとるものです。

口内を殺菌することに異論を唱えている先生方もいらっしゃるようですが、専門的なことなの素人に判断するのは難しいですね。

俗にいわれるのが常在菌と言われる良い菌まで死滅させる可能性があり、再度悪い菌が増殖しやすい状況が多く環境を悪化させるのでは?

という懸念がないわけではないようです。

大人だけでなく子供の細菌叢を悪化させてしまうことは生涯にわたり続くことなので根本的な解決になっていないような気がしたのわたしだけでしょうか。

さらに、もう一つ付け加えると殺菌を繰り返すことで殺菌に耐性をもつ菌が発生する可能性です。

人の歴史はほとんどがこのパターンで薬剤の歴史とも酷似しています。

殺菌効果が強まることで、わたしたちの身体への影響も強くなるのは言うまでもありません。

話は少々飛びましたが、このように、ブリアン歯磨き粉は歯チャンネルでも話題に上るものでした。

いやいや、実際に治療に行くのが怖くなる金額なのは間違いなさそうです・・・

ブリアン歯磨き粉とどちっがいいのかと言われると、、、

わたしはブリアン歯磨き粉がいいです!

ブリアン歯磨き粉の使用方法はかかりつけの歯科医との検討も視野に入れてほしい

ブリアン歯磨き粉は歯チャンネルを見てもらってもわかるように、日本国内ではBLIS菌の知名度は高くありません。

専門家である歯科医師ですら機序が分からない為に使用を控える様に呼び掛けている場合があります。

海外の製品が元になっているブリアン歯磨き粉へと完成させたのは日本の歯科医師である斉藤欽也先生ですが最も参考になるのは海外での使用例や実際の口内細菌叢(さいきんそう)を観察した専門家の意見や論文であると思います。

しっかりとしたブリアンのエビデンスがないのも現在の状況の一つかもしれませんが・・・・。

こうした正しい情報を調べる程の興味をかかりつけの歯科医師へ相談してより安全な予防法を共有して子どもを守っていきたいものですね。

ネットのブリアン歯磨き粉の口コミ、体験談だけに頼らず調べることも正しく安全に使える方法の一つとなります。
情報が氾濫しているからこそ、正しい知識は必須です。

まとめ

最後に決断をするのは、あなた自身です。予防は可能な限り早く始めることで効果があります。
子供のためですから不安な場合はやはり相談してみるのも良い手段の一つでしょう。
当サイトはブリアン歯磨き粉の継続ユーザーとしてお答えしております。
子供が虫歯で痛い思いもせずに、削らず治療できたとしても繰り返す状況がそばにあることを考えると殺菌することの良さを認識するのは難しいとわたしは考えます。
でしたら、殺菌するばかりではなく細菌のバランスを上手に整えもちつもたれつで共存できる環境を作るのもありなのではないでしょうか。

口内環境を、口内フローラを整えるのに役立つのがブリアン歯磨き粉のはずです。

それこそ、国内の歯科医の先生がたには、率先してブリアン歯磨き粉を利用してもらいその効果をうたってほしいものだなぁと感じました。

否定は、いつでもできます。しかし否定の中からは決してなにも生み出さないのです。

否定ばかりせずに、効果を体験しその上でブリアン歯磨き粉の有用性を紹介して欲しいものです。

正しい知識を情報として発信するのは有識者の責任ではないでしょうか。

歯科医という立場からブリアン歯磨き粉の開発者である斉藤先生共にブリアン歯磨き粉について討論してもらいながら今後の歯科治療というものについて明るい未来を指してほしいですね。

大切な部分なのでもう一度言います!

最後に決断をするのは子供たちの親のあなた自身です。周りがどういっていても結局は使わないと分からないというのも本音です。

同じ悩みを抱えている方に向けて作成しているのが当サイトですから、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

ブリアン歯磨き粉についてどのサイトよりも詳しく解説したいという自負もあるので、最後までお読みください。

ブリアン,歯科医

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA