ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

乳児・赤ちゃんの虫歯予防対策

赤ちゃん,虫歯予防

赤ちゃんの虫歯予防対策始めていますか?

パパ、ママが虫歯が多いから子供も虫歯多くなると、虫歯は遺伝子すると信じて心配されている方も多くいらっしゃるようです。
虫歯の原因となるのは大人

乳児・赤ちゃんの虫歯予防法は

虫歯菌を保有者からの感染です。
いつから始めたらいいのか?
なんてお困りではないでしょうか。

  • 虫歯は感染症!
  • うつるからキスはしない!

と気を張っていてもスキンシップは必要なもの。

キスをしても歯が生えてなければキスをしても赤ちゃんには虫歯はうつらないんです。

歯が生え始めたら虫歯予防は本格的に始めなければなりません。

赤ちゃんにキスがうつるのは本当?

赤ちゃんにキスをすると虫歯菌はうつるということを知っていると、赤ちゃんにキスさせたくない!

と考えるパパ、ママは多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの虫歯予防に躍起になり祖父母や親せきとの関係がぎくしゃくするというのはよく聞く話です。

赤ちゃんが産まれてくるときは虫歯菌を持たずに生まれてきます。

それもそのはず、歯がありません。

虫歯の原因となるミュータンス菌は口内には残れず、歯に付着して定住化を始めるからです。

感染の窓ともいわれる2歳~3歳までの間に虫歯のリスク率が確定すると言われているのが一般的ではないでしょうか。

この期間を過ぎると赤ちゃんの口内細菌も強くなり虫歯菌が住み着く場所も少なくなるので虫歯への感染リスクも大幅に減少するようです。

椅子取りゲームに例えると分かりやすいでしょうか。

空いている席に虫歯菌以外の菌が定着してしまえばあら不思議。

虫歯菌が住み着くスペースありませんね。

赤ちゃんの虫歯予防は対策は早ければ早いほどいい

小さいときに虫歯なると虫歯リスクが大きく跳ね上がります。

同じ年齢でも虫歯になった、ならないだけで16倍以上の大きな差になることもあるようです。

それだけ虫歯予防というのは一生を左右するものといっても過言ではありません。

赤ちゃんがの虫歯予防対策はとして考えられるのは、大人から感染を防ぐのが第一にあります。

  • 大人と一緒の箸、スプーン、コップを共有しない
  • 口うつしはしない
  • フーフーしない
  • 赤ちゃんの顔の前で話を無し

一般的に言われている赤ちゃんに虫歯菌をうつさないための予防法というのは上記のものがあげられます。

どんなに気を付けていても虫歯菌には成長とともに感染します。

虫歯予防ポイントは作らないように予防する!

赤ちゃんは生後6か月から歯が生え始めます。※個人差はあります

歯が生え始めたらすぐにかかりつけの歯科医を持つのが一番です。

定期的に歯の状態や生え方を診察してもらいながらブラッシング指導もしてくれます。

小さい頃から通うことで歯医者さんが怖いところという概念も払拭されるので予防にも良いですし、口の中をいじられるのにも慣れるので歯ブラシするのも嫌がらなくなります。
当たり前のようですが、
赤ちゃんの虫歯予防には

  • 仕上げ磨き
  • 食生活
  • 乳酸菌で善玉菌を増やす
  • 大人の虫歯も減らす
注意
赤ちゃんの虫歯予防には大人であるパパ、ママや家族の虫歯菌の保有率を減らしながら取り組むのが赤ちゃんの虫歯予防には大変重要なことになります。

虫歯はネグレイトがあるのかどうかも判断される基準としても検討されていますし、虫歯予防の先進国フィンランドでは当たり前のこととして国が行っています。

赤ちゃんの虫歯予防まとめ

赤ちゃんの虫歯予防をすることも重要ですが、スキンシップも大変大切なもの。

スキンシップは心の成長には切っても切れないものです。

赤ちゃんの虫歯予防にばかりではなく、スキンシップもたくさん取り入れながら行いたいものです。

まずそのためにも赤ちゃんができたら家族で歯医者さんへ通院し虫歯の治療やチェック、定期検診は行いリスクは少しでも下げられる努力はしたいもの。

虫歯菌が口内に残り続けないよう、甘いものを食べたらお茶やお水、だらだら食べにならないように時間を空けるなど細かい配慮も欠かさないようにしましょう。

ダメダメばかりではなく、どうしたら長時間口の中で虫歯菌が残らないようにできるかがポイントです!

現在では乳酸菌を用いて口内環境を改善する口内フローラという対応の仕方もあります。
それが、善玉菌配合のブリアン歯磨き粉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です