ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

ブリアンは何歳から何歳までに使うのがおすすめ?公式ページに記載は?

ブリアンは何歳から何歳まで使い続けたらよいのでしょうか。公式ページには特に記載がないことに少々がっかりです。

ブリアンを何歳から何歳まで使ったらよいのか、悩まれていませんか?

ブリアンは赤ちゃんの歯が生え始めてすぐにでも使え、飲み込んでも大丈夫な成分だけ配合さているから安心です。
有効成分は乳酸菌で安心感も倍増♪

ブリアンを何歳から何歳まで使えば効果的なのか我が家の実例を元に考えてみました。

参考にしてみてください。

ブリアンを何歳から始める?

ブリアン 何歳から

ブリアンをつかいはじめるのは、歯が生え始める生後6ヶ月からがよいのではないでしょうか。
中には生後3ヶ月くらいから歯が生え始めるお子さんもいます。個人差がありますよね。

虫歯になるリスクは3歳までが大幅に上昇することはご存知でしょうか?

なぜならば、虫歯菌は歯だけにしか付着できないからです。
歯が生えて来る前はどんなに虫歯菌が入っても唾液の自浄作用により流されてしまいます。

歯が生え始める生後3ヶ月から1歳がタイミングです。

ブリアンは歯が生え始めたら

ブリアンは歯が生え始め虫歯リスクが上がったら始めましょう。

歯が生えるのは個人差もありますが、歯が生え始めはじめたタイミングでブリアンをスタートするのが良いポイントだと考えます。

市販の歯磨き粉はうがいが必要

市販の歯磨き粉では、うがいが必要になりますが、ブリアン歯磨き粉はうがいの必要もなく、飲み込んでしまっても安全な無添加で界面活性剤や研磨剤、刺激、添加物が含まれていない小さいお子様にも影響のない成分で作られています。

ジェルタイプは危険かも

歯の生え始めの子供にはジェルタイプの歯磨き粉が推奨されています。

誤飲防止のためのジェル状ですが、ジェル状を維持するために保存量がたっぷりはいっているそうです。
保存量はアレルギー疾患を引き起こす可能性もあるためあまり推奨できないそうです。
出典:日本口内フローラ研究会

赤ちゃんのうちから口内フローラを育成するのが虫歯予防の近道にもなるとのこと。口内フローラは成長し一度形成されたあとは再形成するのが困難になるからです。

子供は歯磨きが嫌い

子供は歯磨きがきらいです。
歯磨き嫌いは仕方のないことなのであまりクヨクヨせずに取り組んでみましょう。とくに年齢を重ねるごとに歯磨きに対する嫌悪感が強くなる傾向もあります。

注意
一度痛い思いや辛い思いをするとなおさらです。

歯が生え始めてからすぐに歯磨きの練習をスタートすることで歯磨きへの抵抗も少なくできますし、習慣化させるのに効果的です

ブリアンは子供の味覚に合わせています

果物の中でも子供が好きな味がイチゴとブドウこの2種類です。
わが子も同じでした。

ブリアンは、子供の味覚に合わせたフレーバーですから嫌がられることも少なく済むはずです。
中には、ブリアンを吸い込んでしまい咽せてしまうこともあるので塗れたガーゼや赤ちゃん用の歯ブラシに少量つけてみましょう。

最初にブリアンをたくさんつけすぎると、口の中に粉っぽさが残り歯磨き自体や歯ブラシを口に入れることを拒絶する可能性もでてきます。

赤ちゃんは口の中に違和感があると吐き出してしまいます。

少し歯ブラシにつけてみて、お子様の様子をみながら量を増やすのがよい方法だとおもいます。

個人差があるのでお子様に合わせて調整してみてください。

ブリアンでウガイする方法が?

ブリアン うがい
ブリアンでウガイしてマウスウォッシュ代わりにする使い方を紹介されているブログもありますが、わたしはおすすめしません。

たしかに飲み込んでも安心だし、無添加だけどブリアンは水との相性は最悪です。

湿気の多い時期なんて本当にすぐ固まって息子が遠い目で悲しい顔するくらいです。

実際に試してみたら息子は嫌がりました、イチゴ味も若干薄くなるのも好まない理由みたい。

わたしは気にならない程度に溶けたと思ってましたが、子どもの口に入ると粉っぽさが残るみたいです。

お子さんによっては好みが変わるので歯磨きを絶対にさせてくれないときなどは一度試しみてもいいかもしれないですね。

わたしはもう絶対にやりません(笑)

子どもの嫌がる姿が若干トラウマになりそうでしたよ(;´д`)トホホ

ブリアンは旅行先やお出かけにも

drive001

ブリアンは口のすすぎが必要ないから、歯磨きができない場所でも心配いらないんです!
旅行先や出先だと子どもたちのテンションもアゲアゲ。なかなか落ち着いて歯磨きなんてできやしませんね。

ブリアンならスプーンに盛ってお口にいれれば大丈夫!

無添加で飲み込んでも安心だからこそできる使い方。キレイにした大人の指にブリアンを付けてお口の中に入れてあげるのも簡単にBLISを届けてあげられる方法ですよ。

だけどブリアンの盛りすぎ、入れすぎは注意!子どもが嫌がらない程度を少しずつお菓子感覚でペロペロする感じは息子は好き♪この分量がわかるまでが難しかったです・・・(苦笑)

ブリアンを盛りすぎちゃうと粉っぽいのと口に入った時に固まるので口に違和感が残るみたいです。

スプーンであげるよりお子様用のお気に入りの歯ブラシとか歯固めみたいのにつけてあげるほうがやっぱり便利かも。

歯ブラシも口に入れない時は

歯ブラシすら口に入れないときは、まずは口の中に歯ブラシを入れらるようになることを意識してみましょう。

楽しみながらするのが良いポイントだと経験上思いました。
投げてしまうこともあり、いらいらすることもがありますが、ここで焦って無理矢理しては元も子もありません。

子供が興味を持つような歯ブラシを選択してみてください。

歯磨きのトレーニングを始めると歯ブラシを口の奥まで入れてしまわないか不安に思われがちですが、赤ちゃん用の歯ブラシなら奥まで入る危険は少ないです。

ですが、決して目を離さないように気をつけてください。

転んだ拍子に怪我をしたり、万が一奥まで入ってしまうこともあるからです。

ブリアンは何歳まで使い続けたらいいの?

ブリアン 何歳まで

ブリアンを何歳まで続けるのかは、3歳くらいまでに歯は生え揃うので歯が生えそろうのを目標にしてみるのもよいのではないでしょうか。

6歳になると6歳臼歯と言われるトラブルを起こしやすい永久歯が生えてきます。ようやく生えていた永久歯なのに一悶着がつきない臼歯です。

6歳臼歯とは6歳前後に奥から生えてくる永久歯で、第一大臼歯のことです。 6歳臼歯は永久歯の中で1番か2番目に生えてくる歯で最も大きな歯でもあります。 6歳臼歯は乳歯と生え変わるのではなく、一番奥の歯茎を突き破って生えてくる歯です。 永久歯のかみ合わせの基準となる歯ですが、トラブルも多い歯です。
出典:hanoblog.com/six-year-molar-8705

我が家は、ブリアンを7歳の息子に夜だけ使っています。理由はまだ乳歯と永久歯の生え替わりが進んでいないのもあります。
いずれは、ブリアン大人用へシフトできればと思っていますが、子供の味覚にはまだまだミント味は大人味でした。

年齢をますごとにブリアンの使用回数を夜だけのように制限しコストを落として継続する方法も有効的なものかと思ったりもします。

ブリアンは何歳から何歳まで使うのがコツ?まとめ

ブリアンを何歳から何歳まで使うといいよというのは、公式ページでは記載がありません。

理由としては、ご家庭の環境やパパ、ママの口内環境も影響がしているからではないかと推測しています。
一度ブリアンサポートセンターに問い合わせをしてみたいと思います。

回答をいただき次第共有させていただきます!

虫歯は感染症で保有者からの感染が主になります。
虫歯菌を少なくすることで感染リスクは落とせるという考えになります。

予防にしにくようで一番予防しやすい感染症とも比喩されることもありますね。

パパ、ママが虫歯の多い状態であれば子供も虫歯のリスクは高まります。

ブリアンを何歳から使うかも重要ですが、まずはこどもと一緒に生活をする大人の虫歯を減らすことが有効的な方法だと感じます。

子供用ブリアンの大人への効果は?

大人に子供用ブリアンは効果が薄いものと考えます。

大人は子供のようにお口の細菌叢(さいきんそう)は既に確立されており、子供用では大きく変化をもたらすのは難しいと思っています。上にも書きましたが、一度形成された細菌叢(さいきんそう)は大人になると変化をもたらすのが難しいからだそうです。

MEMO
赤ちゃんが生まれる、妊活に入る前に歯医者で治療を受け虫歯菌が少ない状態からブリアンの大人用で毎日のケアを行うことで子供への感染リスクを下げつつ。子供用ブリアンは歯が生え始める生後3ヶ月から歯が生え揃う3歳から4歳程度をめどに検討するのはいかがでしょうか。

もしも心配でしたら、永久歯が生えそろうまでという考え方もできます。

ですから、大人はブリアン大人用でケアをしながら、子供はブリアン子供用で口内フローラ生育してみましょう。

ブリアン大人用を使使ってみた※画像あり※ブリアン歯磨き粉大人用使ってみたリアルな感想とは

ブリアンは使い続けるのが◎

ブリアンの有効成分であるBLISは乳酸菌だけど、毎日少しずつでも口内の中へ取り入れることで虫歯の原因となる歯垢を分解できるのだそうです。
歯垢は、細菌の巣窟ですから分解してくれるのは力強いですね。

仕上げ磨きをしても歯と歯茎の間の汚れや歯と歯の間まではキレイにできないので、磨き残しに神経質になりがち。BLISが神経質にならなくても口へ入れるだけで全然違うから私もかなり楽ちん。

BLISはわたしたちのカラダでは作り出すことのできない成分で取り入れ続ける必要があります。

BLIS菌が口内に生育するまでは続けないと、いなくなり口の中に虫歯菌がとどまりやすい環境ができるので虫歯になりやすくなります。

ブリアンは薬用の歯磨き粉ではないので使い方に神経質にならなくてもいいのもポイントではないでしょうか。

ブリアンだけでは虫歯予防はできない

口内バランスが整い虫歯になりにくくなる3歳過ぎるまで使い続けるのもひとつで考えてみましょう。

ですが、ブリアン歯磨き粉だけでは虫歯予防はできないことを付け加えます。

食生活、生活習慣、唾液の質、ブラッシングなども重要です。仕上げ磨きも必須になるでしょう。

フッ素の心配がなくなったらフッ素も併用し、歯質の強化にも努めましょう。

フッ素とブリアンを併用する際は、ブリアンを最後にするのがポイントです。

ブリアン公式サイトはこちらです

以上、ブリアンを何歳から何歳まで使うのがコツ?でした。
参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です