ブリアン歯磨き粉の使い方!2ステップで分かる正しい方法とは

ブリアン歯磨き粉 使い方

ブリアンが粉タイプで使い方がわからない~~ってなりませんか?

うんうん。私も同じでしたよ!
ブリアン歯磨き粉の使い方
  • 面倒そう
  • 使ったことない
  • どうやって使うの?

と感じられている方に向けて書いています。

ブリアンを正しく使って虫歯予防に効果的に向上させましょう♪

ブリアンの基本的な使いから、ブリアンユーザーの使い方に加えて我が家の使い方と使用上の注意点と順番に使い方をまとめたので参考にしてみてください。

同じように面倒だな~と思ってましたが、実際に使ってみるとマジで2ステップで容易に使えました。あなたの生活環境とお子様に合わせた使い方を見つけてくださいね!

ブリアン歯磨き粉の使い方について

ブリアン歯磨き粉の使い方は非常に簡単と言われていますが、粉の歯磨き粉を使ったことないし、面倒だったら嫌ですよね?

基本的な使い方からユーザーの使い方を順番に見てみます。

まず毎日どのくらいブリアンを使えばいいの?という点。

ブリアンの使用頻度について

ブリアンは毎食後1日2~3包が目安

ブリアンの基本的な使用頻度です。

ブリアンを夜だけ使いたいとか、できるだけ節約しながらと考えがち。

ブリアンが効果がない!と感じられる方はこの使用頻度や用法を少なくしていることがありました。

はじめはこの使用頻度と用法を守って2カ月継続してみましょう。

ブリアンの基本的な使い方

ブリアンの基本的な使い方はブリアンのガイドブックに記載があります。

ブリアン歯磨き粉 使い方
  1. ブリアンを小皿や手のひらに出すか直接お口に含む
  2. 歯ブラシの毛先を少しだけ水でぬらす
  3. ブリアンを付けて約2~3分磨く
  4. 口はゆすがず唾液をだすだけ

以上がブリアンの基本的な使い方。

ブリアンが足りないときは、再度ブリアンを付け磨いていました。

我が家では、お皿ではなくブリアンの袋を開き、直接ブリアンを付けています。

子供が率先して、ブリアンを付けて磨いてつけてを繰り返し。

ブリアン 使い方

次は、ブリアンを実際に使っているママたちが工夫して1日2包から3包の使い方について紹介しますね。

ブリアンユーザーの使い方~応用編

①ブリアンを夜だけ2~3包の使い方

ブリアン 1度に2~3包

②ブリアンは朝歯ブラシにつけて咥えるだけ

ブリアン 朝 舐める

③ブリアンを赤ちゃんの生えたてに

ブリアン 赤ちゃん

ブリアンを購入すると添付されるガイドブックには、ブリアンユーザーのママたちが工夫した内容が掲載されていました。

生活環境とお子さんに合わせて使える方法を見つけてくださいね。

 

ブリアンの使い方~2ステップ編

我が家の方法ですが、基本的な使い方とほとんど変わりありません。

お皿じゃなくてもラップやアルミホイルでも代用ができるので、生活環境に合わせて使いやすいものをチョイスしてください。

使い方【ステップ①】

ブリアンは小分けで0.5g程度。ブリアンを開き、濡らした歯ブラシの毛先でまんべんなくつける。

慣れるまではお皿に入れてあげると、小さなお子様にも簡単に始められます。

お子さんが自分で歯ブラシにつける楽しみがあるのも歯磨きタイムを楽しくするコツになるかもしれません。

ブリアン 歯磨き粉 使い方 カンタン

使い方【ステップ2】

はじめてブリアンをつけるときは、子供の様子を見ながら加減してください。

お子様がブリアンを気に入ると、自らお皿に出したブリアンを好きなだけ歯ブラシに付けてブラッシングしたくなるようです。(我が家談)※個人差があります。いちご味がダメならぶどう味をお試しください。
水に濡らした歯ブラシにつける

あとは、いつも通り歯磨きをするだけ。

理想は15分と言われますが、子供は我慢できないので1~3分が最適です。

歯ブラシを噛んでしまうこともあるので様子をよく見て仕上げ磨きにうつります。

※歯ブラシを咥えて走ったり遊び始めたりしますが、危険なので止めましょう。転んだ拍子に喉に刺さることもあるので注意ください!

ブリアンで磨いた後は、口のゆすぎは必要ありませんが、公式サイトでは唾液だけ出すのを推奨しています

ブリアンは「うがい」「ゆすぎ」必要ありません

ブリアン うがい 必要なし

うちの子は、まだ上手に口をゆすげないので飲み込んでしまいます。

ブリアンは飲み込んでも身体には影響がない成分で、ブリス菌が長くお口のなかに残るのが虫歯予防にも◎

ブリアンは飲み込んでも本当に大丈夫なのか不安になりますよね。

市販されている歯磨き粉は、基本的に飲み込んでもいいようには作られていませんから。

そこで販売元の「ウイステリア製薬株式会社」に問い合わせして確認しました。

お子様がブリアンを飲み込むことが多いとのことですが、ブリアンはすべて食べられる成分のみで作っておりますので、飲み込んでいただいて大丈夫です。ご安心ください。ブリアンが口内にとどまる時間が長い方が虫歯予防の効果が現れやすくなりますのでご負担にならない範囲で、歯磨きをしてあげてください。

フッ素の歯磨き粉を併用する時は、ブリアン歯磨き粉を最後に使いお口に虫歯菌抑制力のあるBLIS M18を残してあげるとより効果的です。

口をすすいだあとに、唾液だけ出すといいそうです。

磨いた後はお休みタイム♪

ブリアン 飲み込んでも大丈夫

ブリアンはフッ素との併用も問題ないそうです。

歯磨き粉の上手な使い方

  1. フッ素配合歯磨き粉
  2. ブリアン

で使ってみるとよいそうです。

ブリアンには生きた善玉菌が利用されています。

殺菌剤などは避けて使うのが得策。そして使い方の順番は守った方が効果を期待できそうです。

ブリアンは歯磨きの最後に使う!という点だけ覚えておいてくださいね!

赤ちゃんがうがいなしでも使えるので便利です♪

ブリアンは、安全性が確認されていますがお口に傷があるときは控えたほうがいいようです。

ブリアン歯磨き粉は口内に傷があっても使える?

2017.03.23

ブリアンの使い方【失敗編】

ブリアン歯磨き粉の使い方を紹介しているブログやサイトもありますが、実際に試して残念だったもの紹介します。
お役立てください!

ブリアンを使い始めるとだいたいみなさんが同じようなことを考えるものですね。

  1. ブリアンの袋に直接濡れた歯ブラシを入れる
  2. ブリアンを子供の口に振りかける
  3. ブリアンをアルミホイルに入れて使う

では順番に説明します!

1.ブリアンの袋に直接歯ブラシを入れる

ブリアンの包装に直接濡らした歯ブラシを入れる方法です。ブリアンは水で粉状からペースト状へ変化します。

結果ブリアンが歯ブラシにつかず、ペースト状になってしまうことありました。

最初から袋を開くか、ラップやアルミホイルに出して使う方が歯ブラシにつけやすかったです。

2.ブリアンを直接口に振りかける使い方

ブリアンの使い方として紹介しているサイトもありましたが、うーん・・・

直接子供の口にブリアンを振りかけて使うやり方も簡単そうで試してみましたが、絶超に拒否られました(笑)

口にブリアン振りかけて咽(むせ)て大変でした・・・。

しばらくブリアン使いたがらなくなってしまいました。

咽(むせ)たり、不快感が残る使い方は避けたいですね。若干不安になる使い方なので、真似はされないことをオススメです。

歯磨き粉を習慣づけるどころが嫌なことを印象づける結果になってしまいます。

3.ブリアンをアルミホイルやラップに入れて使う

ブリアン 使い方 ラップ

ブリアンの使い方でこれは便利!と思ってさっそく試しました。お皿を毎回洗うよりはラップやアルミに入れて使うのもアリといえばアリでした。

ブリアンを後日保管して使うことには適していません。ラップに乗せたらブリアンは都度使い切るようにしましょう。1日2包~3包が目安です。

子供たちが自ら歯ブラシを濡らし、つけらえるだけ!

アルミやラップに置いたブリアンをつけ放題できるのも楽しみながら見ていられるのもメリットでした。

ブリアンの使い方【注意点】

ブリアンは湿気や水分で固まるので、直接袋に濡らした歯ブラシを入れたり、お皿に移したブリアンにお水がかからないようにしましょう。

一度固まったブリアンを固まる前の状態には戻りません。

ブリアンが固まることで、お子様のお口で違和感が残り余計に歯磨きをすることが嫌になってしまうことも。

ブリアンが固まったのがお口に入ったら、歯磨きを嫌がりました(涙)

これでは元も子もありません。

一度封を切ったブリアンはできる限り当日で使い切るようにしましょう!

使い切れないと判断したときは、100均で販売しているフリーザーバッグに入れ冷蔵庫に保管するのが適切な保管方法です!

早めに使い切るようにはしてくださいね!

まとめ

ブリアン歯磨き粉の使い方いかがでしたか?

たしかに初めてだと、粉は面倒と感じます。しかし実際使ってみると粉の歯磨きは面倒、使いにくそう・・・とあまり感じません。

ブリアン歯磨き粉を洗面所で何も汚さず使っている方法!

ブリアンを直接歯ブラシに振りかける方法です。

我が家では直接歯ブラシにブリアンを振りかけています。いい悪いは賛否両論あると思いますが・・・

もちろんデメリットもあります(;´Д`)

デメリット

  • 子供たちの楽しみを減らす点
  • ブリアンがムダにこぼれる点

私面倒くさがりの性分なもので(笑)

こぼさないように慎重に少しずつ濡らした歯ブラシにブリアンを振りかけています。

失敗するときはガバっと洗面台にこぼれて・・・あぁ、、、勿体ないということもありますが・・・

歯磨きにあまり手間をかけたくない!
洗い物を増やしたくない!

ブリアン使う!という場合はこの方法を一度お試しください。

ブリアンは歯磨き嫌いを克服し、自然に歯磨きの習慣を身に着けるにはいいものだと実感しています。

少しでも子供たちが嫌がらない使い方を工夫して面倒なくカンタンに使いたいものですね!

ぜひ、あなたの使いやすい方法をみつけてくださいね!

今回はブリアンの使い方と、注意点を紹介しました。

使い方は一つではありませんし、生活環境やお子様に合わせて使うのが一番です。

色んな方法で便利な使い方お試しくださいね。

当ブログでは、虫歯や歯磨きに悩んでいる多くのママたちが始めているブリアンの体験談をまとめています。もしもお時間よろしければそちらの記事や歯磨き嫌いを克服する方法も参考にしてみてくださいね!

ブリアン歯磨き粉 使い方

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA