知っておきたい!BLIS M18(ブリス)とは?どんな成分なの?

BLIS M18(ブリス)を配合した子供用の歯磨き粉が販売され、昨今ではこれまで考えられなかったような非常に多くの虫歯対策グッズが開発されるようになりました。

このような虫歯ケアグッズには医学的に有用かどうかよくわからない物が多く、小さなお子さんを持つ親御さんや、お口の健康を保とうと頑張っている消費者の方には何を選んだら良いのかよくわからないと思います

このようなお口のケアの最新手法のうち、BLIS M18(ブリス)などに代表されるプロビオティックスについて詳しく紹介したいと思います。

BLIS M18(ブリス)って何?

BLIS M18
BLIS M18(ブリス)乳酸菌には様々な種類の乳酸菌が知られていて、ほとんどの方に身近に感じる物はおそらくヨーグルトなどに含まれる乳酸菌ではないでしょうか。
じつはこのBLIS M18(ブリス)の働きはヨーグルトの乳酸菌と似たような働きをする細菌で、お口のなかに住み着いて乳酸を作ったり他の細菌の活動を抑える抗生物質を作ったりして虫歯の原因菌や歯周病の原因菌の働きを抑えることができるのです。

BLIS M18は、ニュージーランドにおいて虫歯にならない子供たちを研究していたところ発見された成分です。

BLIS M18はBacteriocin、Like、Inhibitory、Substancesの頭文字で、かんたんに言えば菌の抑制物質というような意味となります。

虫歯になってしまうのはご存じのとおり虫歯菌が悪さをしてしまうからですが、この虫歯菌のことをミュータンス菌といいます。

この菌は一度口の中に入ってしまえば殺菌作用があると書かれている歯磨きをしても、マウスウォッシュを使っても減らすことができません。

ところが、このBLIS M18という成分はミュータンス菌を減らすことができるので、虫歯もしっかり予防できるというものです。

BLIS M18は、この成分を含まないものと比較実験をしたところ、BLIS M18を使用していたほうの子供のほうがそうでない子供よりもお口の中の虫歯菌やプラークに100倍以上の差が出たという臨床結果もあります。

また、安全性についても、もともと私たちの口の中に存在している乳酸菌の一種に分類され、実際に欧米やフィンランド、アメリカなどでも認知されているので心配はいりません。

いつまでも健康な歯を保つためにと、BLIS M18のような高機能成分でわが子の歯を守ってあげたいという親御さんも多いでしょう。

この成分をわが子のオーラルケアに取り入れるなら歯磨き粉が使いやすいです。
虫歯菌の予防という意味では、フッ素も良く知られています。最近では歯磨き粉にも長くとどまる処方のフッ素が配合されていることもあります。

しかし、BLIS M18配合の歯磨き粉といっしょに使用するのは避けるようにしましょう。

なにしろBLIS M18は生きた乳酸菌なのでそれを殺してしまうことになるからです。
また、BLIS M18という成分はとてもこまかな粒子をしているので、歯と歯のあいだや歯周ポケット、そして奥歯のスペースにも入り込むことができます。

通常だとこういったスペースにはハブラシもなかなか届きにくく、それによってプラークが付着してしまいます。

そのままにしていれば、ミュータンス菌のエサとなって虫歯となってしまいます。

BLIS M18はここまで入り込むことができれば、その増殖を止めることができるので虫歯ができやすい部分も効果的に予防することが可能となります。

また口臭予防にも効果的なのでもちろん大人の方にもおすすめです。

このような細菌の力を借りて体の状態を整える食べ物や医薬品をプロビオティックスと言います

プロビオティックスの魅力は近年になり徐々に明らかになり、現在では虫歯の予防手段として非常に多くの方が注目するようになってきたので、今後さらなる発展が期待されている手法です。

プロビオティックスの魅力

プロビオティックスの魅力はなんといっても「薬に頼らない」という点にあります。

じつは薬を長期間にわたって服用することは体にとって大きな負担になり、肝臓だけでなく腎臓などにも負担を与えてしまうことがわかっています。

このため、お薬を使って虫歯の細菌を殺したり働きを抑制することは事実上不可能なのです。

また、抗生物質をあまりに長期間にわたって使用してしまうとどうしても耐性菌などの問題を引き起こしてしまいます

このような人工の抗生物質がもたらす弊害を避け、長期間にわたって使用できる予防手段としてプロビオティックスを用いることができるのです。

虫歯だけじゃないBLIS M18(ブリス)の役割とは

BLISの役割
BLIS M18(ブリス)は虫歯以外の病気を抑えることもできると言われています。お口の病気の中で最も恐ろしいのは歯周病です。

歯周病も細菌の働きによって引き起こされる病気で、お口のなかの歯石に住み着いた細菌や歯と歯茎の隙間に住み着いた細菌が慢性的な炎症を引き起こすことがあるのです。

この炎症が歯周病で、じつはこのような問題を解決するためにはお薬以外にもBLIS M18(ブリス)などのプロビオティックスによるお口のケアがどうしても必要になるのです。

長期間にわたってお口の状態を保つためには歯磨きやデンタルフロス以外の新たな手段としてBLIS M18(ブリス)を活用することが必要なのかもしれません。

新たなお口のケア手段であるBLIS M18(ブリス)の活用を皆さんも検討してみてください。配合されている歯磨き粉はブリアンだけ!

BLIS配合ブリアン歯磨き粉を買って使ってみました。

大人の口臭予防に効果あり!「BLIS M18」配合タブレットってなに?

BLIS M18配合のタブレットは世界でも数多く販売されています。

海外のamazonを見るとわかるのですが、タブレットとして健康補助食品扱いで販売されているのが分かります。国内ではBLIS製品の販売はブリアンだけなので身近に感じることはないかもしれません。

BLIS M18タブレットは海外の主流

海外ではタブレット状のBLIS製品がメインとなりますが、主成分はBLIS菌で、その他成分はキシリトール、マンニトール、マルトデキストリン、微晶質セルロース等の細菌が分解しづらい多糖類。

 

Phを調整し、歯面保護等の効果があるステアリン酸。

そして香料として天然スペアミント、チェリーフレーバー。

 

成分が菌や人体に効果のある物質は殆ど使っていません。

それだけBLIS菌に自信がある事が伺えます、ブリス菌はM18とK12で細菌侵襲性の違いはありますが基本的に期待出来る効果は同じ為、BLIS M18及びK12含有製品も存在します。

含有している成分は安全性が確認できているものになり、効果としては最近の繁殖抑制補助と味やph調整といったものがメインになっているようです。

BLIS M18とは

従来の口腔内のケアは、特定の菌だけを殺菌するということが困難できませんでした。

ここ最近、乳酸菌を用いて口腔内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてバランスを保ちながら、口腔ケアをするプロバイオティクスというものが増えています。

乳酸菌を用いた口腔ケアというと「BLIS M18」を配合している子供用はみがき粉ブリアンもその一つなんですよね。

「BLIS M18」は、虫歯菌(ミュータンス菌)に対する抑制作用が臨床的エピデンスで紹介されています。
URL:http://www.tradepia.co.jp/commodities/05_02.html

「BLIS M18」を塗布、プラセボとの比較です。

プラセボというのは、
偽薬(ぎやく)とは、本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬の事である。成分としては、少量ではヒトに対してほとんど薬理的影響のないブドウ糖や乳糖が使われる事が多い。

結果、プラセボよりも原因菌減少しリスクが少なくなっています。

BLIS K12とは

「BLIS K12」が乳酸菌の一種が口臭予防に最適だとか。

「BLIS M18」と同じく菌の名は、「ストレプトコッカス・サリバリウス」

K12も、サリバシンA・サリバシンBと言われるタンパク質を生成します。

悪玉菌を抑制し、歯周病菌抑制、咽喉炎、口臭、耳感染などを及ぼすバクテリアから感染を防ぎ、善玉菌とのバランスを整え口内環境を整えます。

M18は特に虫歯菌(ミュータンス菌)に対し強い抗酸化作用を持ち、虫歯の原因となる歯垢を分解します。

腸内でも、悪玉菌が増えると口臭が臭くなったり、「おなら」や便が臭いといわれます。

その原因は、悪玉菌は毒性の強いアンモニアなどを発生させ粘膜や組織に甚大なダメージを与えさらに環境を悪化させてしまいます。

口内でも悪玉菌が増えて同じことが起きていると考えるとなんだか怖くなりますね。

口臭がキツくなるのもわかる気がします。

BLIS K12のエピデンスでは、口臭を予防する結果が表れています。

BLIS K12 エピデンス

引用元:http://www.tradepia.co.jp/commodities/05_01.html

 

「ストレプトコッカス・サリバリウス」は、日本では製品化されているものが少なく海外ではチューイングガムやトローチなどでも販売されています。

個人輸入で購入されている方が多いですが、口の中には入れるものは不安も残りますね。
楽天で調べるとこんな口臭予防タブレットでてきますね。

BLISケア2

BLISケア2

出典:楽天
BLIS K12だけではなく、BLIS M18も配合されているタブレット^^;

興味が湧きますね・・・

 

エチケット対策としてタブレットを噛む女性も多いと思いますが、これを使っている人はいないかもですね。

この商品は知らない人がほとんどかもしれません、悪玉菌を善玉菌で防いで口臭を防ぐ、これって腸内環境と一緒と考えると納得できてしまいます。

現在は、ブリアン歯磨き粉にBLIS K12も配合された大人用が販売されました。

ブリアン歯磨き粉に大人用が発売!子供用との違いをチェック

2017.08.01

BLIS含有製品の特徴

ブリアンの有効成分として配合されているBLIS製品にはある特長が見られます。その特徴について見ていきましょう。

通常の製品の場合、相互作用で歯や口腔環境の改善を目指すものが多いのですが、BLIS製品は基本的にBLIS菌への補助がメインの製品が多いように見受けられます。

これは菌を定着させることで健康促進へ近づくという絶対的な自信があるからになると思いますが、プロバイオティクス製品は基本的に同じような製品が多い様です。

例えばブリアン歯磨き粉と市販の歯磨き粉の絶対的な違いは何か、と言われればBLIS菌含有か否かもありますが、それ以外に歯面清掃材、フッ化物添加の有無も挙げられることになります。

プロバイオティクス製品のゴールは歯の強度を上げることでも、清掃でもなく菌の定着になる為なのですが、使用期間中の虫歯などは主にブラッシングでカバーしていく、歯科医院でのメンテナンスを受けるといった対策を立てて臨む事になります。

BLI M18は大人に効果あり?

BLIS M18が産生する抗微生物タンパク質が虫歯の原因ミュータンス連鎖球菌を抑制する働きあることで先進国では特許を取得して商品化しています。

ブリス菌は、口腔内だけでなく扁桃、耳、喉に定着し感染症や副鼻腔炎などの炎症にも効果が見て取れます。

口は体内にはいる感染症の入り口といっても過言ではなく口内に定着させることで健康な状態を維持し自然と防衛力を高めることができるものです。

気になるのは大人への効果です。
BLIS M18は大人が使っても効果があります。その理由は先進国で特許を取得しサプリメントとして飲まれています。
もちろん、ミュータンス連鎖球菌を抑制する効果があることが研究結果でも出ています。

先進国で特許を取得していないのは日本くらいです。

虫歯が先進国でもダントツ多い理由も分かる気がしました・・・ね。

BLIS M18は国内では購入するのが限られており、amazonとiHerbで購入することができます。
他で購入するのは海外から直輸入するしかありません。

国内で簡単に入手するにはamazonとiHerbが妥当です。

BLIS M18の効果を読むことができるので参考にしてみください。

他にも口臭タブレットはあります!

口臭タブレットに配合されているのは乳酸菌で有名なラクトフェリンや、LS1とかL8020もありますね。

LS1は歯科医院専売で販売されています。

BLISと同じく、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて口内環境を改善してくれます。

ですが、BLIS M18のように直接的に虫歯菌や歯垢に働きかけるのではなく、悪玉菌の繁殖を抑え有害な物質を防ぎバランスを整えます。

これはK12に近いものかもしれません。

乳酸菌を取り入れて善玉菌と悪玉菌のバランスを整える口臭タブレットが主流になりつつあります。

BLIS K12、M18どちらも特殊なたんぱく質を生成し悪玉菌の発育や増殖を予防し、善玉菌のバランスを整えることができます。

さらに、わたしたちの体内に元々いる菌。世界最大の評価機関でも一番安全だというお墨付きというからこれは使わない手はありません。

これだけメリットだらけだと若干心配になってしまうのはわたしだけでしょうか。

一つ、こんな事例がありました。

ビフィズス菌です。

ビフィズス菌も今は認知されていますが、発見されたのは1899年です。

100年以上もかけて研究を重ねることで認知度あげたことは知られていますね。

BLISもビフィズス菌と同じように長い歳月をかけて認知されるようになるのかもしれません。

研究者というのは怖いもの知らずなのか、命知らずなのか、正直驚きです。

そんなおかげもあり、今のわたしたちの生活があったんですね。

上手に取り入れて悪玉菌を減らして健康な口内環境や体を手に入れたいものです。

↓子供用はこちら↓

日本版BLIS含有製品ブリアンの販売ページ

ブリアン歯磨き粉の販売ページを見てみるとブリアン歯磨き粉だけ使えばで良いようなイメージを受けがちです。

BLIS Technology社でも正しい口腔ケアとの併用が望ましいとしていますし、そもそも歯磨き粉としての販売ではない為、使用状況が違います。

ブリアンの販売ページを読むと「ブリアン歯磨き粉だけで」虫歯を防げるという謳い文句がありますが、これは信ぴょう性の薄い物であり、鵜呑みにしてはいけません。

 

口腔細菌叢(こうくうさいきんそう)の変化があったとしても適切なブラッシング等は不可欠な要素です。

こちら⇒ブリアンと一緒に使いたいおすすめ年齢別仕上げ用歯ブラシ

年齢別仕上げ磨き用歯ブラシおすすめ

2017.07.19

まとめ

このようにBLIS M18はタブレットとしても販売されています。
国内ではブリアンだけになりますが、輸入を行うことでもちろんBLISタブレットを使うことも可能です。

ですが、タブレットなので小さなお子様は避け、ブリアンを使うことをおすすめします。
理由は、BLISは輸入されているものになりますが、ブリアンは国内で製造され赤ちゃんや子供の身体をメインに考えらているからです。

もちろん、BLISは先進国でも安全性は確立されていますが、国内のものを使うのが親としては安心できるものではないかと考えるからです。

地域歯科医院へのメンテナンスもあった方が格段に予防面での心配は減ることになります。

もしブリアン歯磨き粉を万能薬のように使いたいのであれば、それは間違いであると言わなければなりません。

口腔清掃の代わりにブリアン歯磨き粉を検討しているのであれば、それは誤りとなりますので正しい虫歯予防の知識を得てほしいと思います。

ブリアンだけでは虫歯は防げないし、フッ素だけでも防げません。
最後に決断するのはあなたの判断です。

虫歯予防に最適な方法を選びたいものですね。

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA