ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

Q.赤ちゃんの歯の歯垢が磨いてもとれない…どうしたらいい?

歯磨きをしようとすると大泣きする赤ちゃんや、そもそも歯垢が付きやすい体質の赤ちゃんがいます。

お母さんにとっては歯磨きは大仕事。

ろくにできずに虫歯になってしまわないか、しっかりやっているのに汚れやすい、など、心配する人も多いことでしょう。

汚れが磨いてもとれない場合、それは歯垢がもっと石灰化した歯石の状態になっているかもしれません。

歯石は唾液中のミネラルが歯垢とくっついて硬くなったものです。

歯石自体はあまり問題ありませんが、この歯石の隙間に細菌が入り込み、繁殖することで虫歯や歯周病へと発展していきます。

 赤ちゃんの場合には、虫歯を引き起こす原因となる細菌がそもそも少なく、歯石がすぐに虫歯に発展する恐れはそこまでありません。

しかし歯石をくっつけたままで成長すれば口内環境はだんだん悪くなってしまいます。

 赤ちゃんの口内に歯石がついた時のアプローチとしては、家庭で対処する方法と歯科医を受診し治療してもらう方法があります。

 歯医者さんなどで購入できる、家庭用のスケーラーを使うと、家の人でも簡単に歯石を削り取ることができます。

ただしもともと歯磨き嫌いの赤ちゃんの場合、ますます歯磨きの時間が嫌いになってしまうことも考えられますので、嫌がりすぎるようであれば無理をせずに歯科医を受診しましょう。

また、スケーラーよりももっと柔らかい爪楊枝などでカリカリと削ってあげるだけでも、歯石が取れてくれる場合もあります。

 歯科医を受診した場合には、症状をみて、必要があれば歯石除去処置をし、そこまででもないと判断されればフッ素を塗ったり、専用の器具でブラッシングをしてくれることもあります。

歯石除去は病気でなければ保険適用はされませんが、口内を綺麗な状態にしっかりと戻してもらえ、適切なブラッシングの方法もレクチャーしてもらえるという利点があります。

 一度歯石を取り除いても、同じ生活を繰り返していては再び歯垢や歯石がついたり、虫歯になりやすくなってしまいます。

口内を綺麗にしたら、次は予防にも力をいれてあげることが大切です。

 口内環境を保つポイントは2つあります。

とくに子どもの頃に大切なのは、甘いものを与えすぎないことです。糖分は虫歯菌の好物で、糖分が分解され酸がつくられると、これが虫歯の原因になります。

赤ちゃんはもともと虫歯菌が少ないですから、小さい頃から甘いものを取らないことで菌は増殖しにくくなり、大きくなっても虫歯になりにくい環境づくりをすることができます。

 そしてもう一つは、歯磨きを好きになってもらい、習慣化させることです。

 嫌がれば最初はガーゼで拭くだけ、歯に触れることになれることから始め、美味しい歯磨き粉、かわいい歯ブラシ、歌や会話を取り入れるなどして歯磨きの時間が楽しいと感じてもらいましょう。

 毎日の習慣が母子ともに楽しい時間となることで、赤ちゃんの健康に良い影響を与えてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です