ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

かわいい赤ちゃんの歯を守るためにできることは?虫歯から守るために家族ができること

赤ちゃん,虫歯

大人は少なくとも朝昼2回は歯磨きする習慣が身についていることでしょう。それはきっと子どもの頃に習慣として学習したからと考えられます。いつからその習慣が身についたのでしょうか。

ひとりで歯磨きするようになる前は親に磨いてもらったり、自分で磨けるようになってもしばらくは仕上げの歯磨きをしてもらったりしたかもしれません。特に歯が生え始めた頃は自分でも記憶がないくらい遠い過去のことです。

特に自分で歯を磨くことができない赤ちゃんの場合は歯の健康を守ることが家族の仕事といえます。

ここでは「赤ちゃんの歯の健康を守るにはどのような点に注意したほうがよいのか?」について解説していきます。

やわらかい赤ちゃんの歯… 虫歯になるとどんどん進行しちゃう

乳歯と呼ばれる赤ちゃんの歯の特徴はそのやわらかさにあります。永久歯と比べて、エナメル質や象牙質が薄いのが乳歯のやわらかさの理由です。

では歯がやわらかいとどんなことが起こりやすいのでしょうか。赤ちゃんの歯はやわらかいため虫歯の進行が速いのです。虫歯とは食べ物を食べることなどによって生じる酸が歯を溶かしてしまうことで起こります。もし歯がやわらかいとしたらその溶け方はどうなるでしょうか。

そう、溶けだしたらあっという間に進行してしまうということになります。それを防ぐためには食事の後の適切な歯磨きが重要です。丁寧な歯磨きで酸が歯を溶かすのを防ぐことができます。歯の表面ならよく見えるから問題なく対処できそうですよね。

しかし実は歯と歯の間が要注意ポイントなのです。特に乳歯の虫歯は奥歯の歯と歯の間で起こりやすいといわれています。歯と歯の間もきちんと磨かなければ、そこから虫歯になってしまうこともあります。そこからじわじわと進行してしまうと、表面などの目に見えるところに虫歯の兆候が見られた頃には、子どもがかなり痛がっているという可能性もあるでしょう。

虫歯が進行してしまうと歯の根っこにも影響をおよぼし膿んでしまうこともあります。乳歯は生えかわり永久歯になるからと油断してはいけません。虫歯が根っこにまで達してしまえば、そこに控えている永久歯も虫歯になりやすくなるのです。赤ちゃんは痛みをうまく伝えられないことが多いので、親できちんと赤ちゃんの歯を見て歯磨きしてあげたいものですね。

勝負は3歳頃まで!家族から感染しないように気をつけて

乳歯が生え始めると、だいたい3歳頃までには生えそろうことになります。最初は1本ずつ磨いていた歯もだんだん生えそろうと歯の間を磨かないといけなかったり、お手入れも徐々に手間がかかってきますね。

しかし、この3歳頃までの期間がこの先虫歯になるかどうかの分かれ道になるのです。虫歯は食べ物を摂取することで発生する酸が歯を溶かすことでできてしまいます。虫歯菌自体が口内になければ虫歯になることはありません。

実はこの虫歯菌は赤ちゃんはもともと持っていないのです。ではどこから虫歯菌が口内に住みついてしまうのでしょう。それは身近な大人と食器を共有したり、大人が噛んだものを与えたりすることが主な原因となっています。つまり大人と食器などを共有したりしなければ感染は防げるのです。

食べ物を積極的に食べるようになり、歯がだんだん生えそろう19カ月~31カ月の頃を「感染の窓」と呼びます。この時期は特に箸やスプーンを大人と共有したり、大人がフーフーと食べ物を冷ましたりするのを避けるようにしましょう。

また愛情表現として口にキスをするのも虫歯菌がうつる可能性がありますので気をつけましょう。この時期をクリアすれば、赤ちゃんが虫歯で苦しむのを避けることができるかもしれませんよ。

きちんと守りたいから… 赤ちゃんの歯の生え方を知ろう!

少しずつ生えてくる赤ちゃんの歯。どういった順番で歯が生えそろうのでしょうか。その順番を知ることで、磨き方も工夫でき、虫歯を防ぐ手段になります。

まず3~9カ月に最初の歯が生えてきます。生え始めは個人差があるので、ゆっくりと見守りましょう。

また、最初に生えてくるのは下の前歯になります。この頃はまだ母乳やミルクだけですので、それほど汚れも気にならないかもしれませんね。次に離乳・断乳の時期となる9~16カ月には上下の前歯が生えそろうでしょう。離乳や断乳でやわらかい食べ物を口にし始める時期ですから、この頃から少しずつ歯ブラシに慣れさせておくとよいでしょう。

それから22カ月頃には奥歯と犬歯が生えそろってやわらかめの乳児食をモリモリと食べている頃ではないでしょうか。この時期には口内の奥の方もよく見て、奥歯などが生え始めていないか常に注意を払っておくとよいですね。

そして24カ月~30カ月頃にはすべての乳歯が生えそろうことになります。気をつけることで予防できることですから赤ちゃんのためにチェックは忘れずにしたいものですね。

ママもパパもがんばって!赤ちゃんの歯磨き

歯が生えても母乳やミルクだけなら汚れは少ないし、磨かなくてもいいのでは?と感じるママとパパもいるかもしれません。

しかし、ちょっとした汚れは気になるものですし、特にミルクを使っている場合にはその糖分に要注意といえます。

そのため、母乳・ミルクの時期の赤ちゃんの歯は授乳後にガーゼなどで汚れを軽くふき取るようにしてください。

そして徐々に歯磨きへ慣れさせることが大切です。大人の中にはかためのブラシでゴシゴシと磨くのが好きな人や、その方が汚れを落としやすいと感じている人もいるかもしれません。

しかし赤ちゃんは歯磨きが痛いものだと覚えてしまうと、毎日嫌がってしまう可能性があります。

さらに赤ちゃんの歯はやわらかいので傷つきやすくもあるのです。そのため、赤ちゃん用のやわらかい歯ブラシを使いましょう。また歯と歯の間の汚れ、特に上の前歯にも注意が必要です。

この箇所は赤ちゃん用のデンタルフロスというやわらかいものがあるのでそれを使いましょう。この時期の初期虫歯は、白い歯の色と大差なく気づきにくいものです。そのため歯の表面や間、そして歯の裏側に汚れや食べカスがついたままになっていないかママやパパがよく注意してあげてくださいね。うまく自分で判断できないときは定期的に歯医者へ通って点検してあげるのもひとつの手です。

赤ちゃんが虫歯にならないための生活習慣は?

虫歯になる原因は、食べたり飲んだりした後に酸が発生してしまうことにあります。

そのため食後に原因となる汚れや食べカスを丁寧に取り除いてあげることが重要ですね。

しかし「長時間のダラダラ食べ」や「酸を作り出しやすい食べ物ばかりを食べている」と、虫歯になるリスクは高くなります。

ではどうしたら虫歯になりにくくなるのでしょうか。

大人にも共通することですが、ダラダラ食べを避けることが重要なポイントです。食事に時間をかけすぎるというよりも、間をおかずに何度も食事をするという行為は、口の中に汚れをためる原因となります。その都度歯磨きをすることも大切ですが、そもそも口内を汚す回数をむやみに増やさないことが重要ですね。朝昼晩の3食とおやつ以外にダラダラと食べる習慣をつけないように気をつけましょう。

また、おやつ選びも重要です。砂糖をたっぷりと使ったものは避け、歯の健康に良いカルシウムを含んだヨーグルトやチーズなどをおやつにしてみると一石二鳥ですね。もちろん、おやつの後も歯に汚れが残っていないかチェックして、歯磨きを習慣づけましょう。

どうしたらいい?赤ちゃんが歯磨きを嫌がる…

生まれたときから歯磨きが大好き!という赤ちゃんはいないと思っておいた方が良いでしょう。特に歯がまだ生えそろっていない時期は、ブラシが歯茎にあたるのを痛かったり、長い時間口を開けていないといけなかったりと我慢ができない赤ちゃんにとっては歯磨きを嫌がって当然です。「虫歯になったらもっと痛いのよ」なんていう話も通じません。だからといって無理やり口を開けさせて磨くのは余計に歯磨き嫌いにしてしまいます。

そうならないためにも、赤ちゃんにはなるべくやわらかいブラシを使って徐々に慣れさせてあげることが大切です。

それと水だけで磨くことに不安を覚えるママやパパもいるかもしれません。

しかし歯磨き粉の独特な味は余計に歯磨き嫌いにしてしまう恐れもあります。そこでおすすめなのが粉状歯磨き粉の「ブリアン」です。子どもが大好きないちご味のする「ブリアン」は、なんと歯磨き後のうがいも不要!歯磨きでたまった唾液をペッと出すだけでOKなのでとっても楽チンといえます。うがいができない赤ちゃんにも、うがいが苦手な子どもたちにとってもうれしいですね。

仮にごっくんと飲み込んでしまったとしても無添加なので体にも安心です。

赤ちゃんの歯を守るのはみんなの仕事!家族全員歯磨きガンバレ!

このように、赤ちゃんの頃から虫歯にならないように健康な歯を保つには、家族間で食器を共有しないことや適切な歯磨きや習慣が大切だということがわかりました。

それでも、どうしても大人の使っていた食器を子どもがうっかり使ってしまったりすることがあるかもしれません。そんなときに備えて、家族全員で虫歯にならないように気を付けましょう。

そのためにも、「みんなで歯磨きをしよう!」という雰囲気づくりも大切です。子どもにおすすめの「ブリアン」はもちろん大人も使うことができます。大人だって、しっかりと歯磨きをして歯の健康を保ちたいならきちんとした成分の入った安全な歯磨き粉を使いたいですよね。「ブリアン」は虫歯を予防するBLIS M18という善玉菌が含まれています。BLIS M18は細かい粒子であるために細かい歯のすき間や奥にまで到達して磨きにくい所までしっかりと虫歯を防いでくれるのです。
親子で同じ歯磨き粉を使って、楽しく歯のケアをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

赤ちゃんの健康な歯を守るためには、赤ちゃんの頃からママやパパが虫歯にならないようにさまざまなことに気を配ることが大切になってきます。万が一虫歯になってしまって、痛い思いをするのは子どもなのです。

それだけでなく通院時間も費用もかかってしまいます。子どもと親の負担を少しでも減らすには、常日頃の歯のケアが重要ですね。

また赤ちゃんの頃から歯のケアに気を配るということは、将来的にも役に立ってきます。

1つ目は、一生使うことになる永久歯への影響。生えかわるから大丈夫!といった考えで赤ちゃんの歯のケアをおろそかにしていると、乳歯を使っている時期に歯茎の奥の方に控えている永久歯にも悪影響を与えかねません。

そのため赤ちゃんの頃からの歯磨きの習慣が大切なのです。

そして2つ目は歯磨きの習慣づけです。赤ちゃんの頃からしっかりと歯磨きをする習慣を身につけて歯の健康を保っていれば、大人になってからも虫歯や歯のトラブルを回避できると考えられます。

歯はとても小さな体の器官ですが、ちょっと痛みが出ただけでも体全体の不調につながってきます。全身の健康を保つためにも赤ちゃんの小さな歯のケアを家族全体で守ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です