ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

Q.赤ちゃんの歯磨きはどんな方法があるの?

赤ちゃんは最初こそ歯が生えていないものの、徐々に乳歯が顔を出してくるため、歯磨きをする必要が生じてきます。

しかし、大人のように歯磨き粉をつけて磨いても、うがいができないため逆に不衛生になったり、時として危険な状況にもなります。

そのため、赤ちゃんには専用の方法があります。

目安としては、赤ちゃんの口に中に2本ほど歯が生えてきたころからスタートします。

最初のうちは、授乳の後でお茶を飲むだけでも構いませんが、そろそろきちんと磨こうというタイミングになったら、専用の歯ブラシを探しましょう。

赤ちゃん用の歯ブラシは、毛先がギザギザしていないもの、柔らかく、痛みを感じないもの、サイズが小さい口にぴったり合うものを選びます。

また、歯磨き粉は大人用は刺激が強いので避け、ジェルタイプの乳幼児用のものを使いましょう。

フルーツ味のものもたくさんありますので、嫌がらずに磨かせてくれます。

上手に磨くコツは、赤ちゃんが嫌がらないように親が楽しい雰囲気づくりをすることです。

好きな音楽をかけたり、にこにこ笑いかけたり話しかけたりして、磨くことを焦らないようにしましょう。

機嫌が良さそうであれば、あごをやさしく固定して少しずつ磨いていきます。この時、あまり強く磨くと痛がって今後させてくれなくなりますので、固定はきちんとしたうえで軽くブラッシングするようにしましょう。

毎日同じ時間に磨くようにすることで、赤ちゃんにも生活のリズムができてきます。

授乳時間も徐々に決まっていきますが、まだ安定しない時期でも磨く時間はある程度そろえておきましょう。

また、上手に磨けるようになったら、仰向けで遊びをさせながら磨くと嫌がらずにさせてくれます。すべての歯を磨き終えたら、うがいをさせることはできませんので清潔なガーゼなどでそっと歯をぬぐいます。

ブリアンは、歯が生えたばかりの赤ちゃんにも使うことができる歯磨き粉です。

ガーゼや赤ちゃん用の歯ブラシにつけて磨くだけですので、通常とあまり変わりませんが、こちらはうがいをする必要がなく、そのままの状態にしておいても安全面の問題がありませんので、小さい子供におすすめです。

甘いイチゴ味で嫌がらずに磨かせてくれるうえ、これまで虫歯ができやすかった子供もきれいな歯を維持することができて評価の高い商品ですので、子供に歯のことでつらい思いをさせたくないという人は、早いうちから始めてみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です