ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

6歳頃の歯の生え変わり虫歯予防方法は?保護者が気を付けてあげたいこと!

この間まで赤ちゃんだったのに、気付けばもう小学校入学。本当に子供の成長は早いですよね。

一人で遊べるようになってだんだん手もかからなくなっていく…。とは言ってもまだまだ子供です。「歯磨きして寝なさい。」と言っても、していなかったり、していても不十分だったり。乳歯は一つも虫歯なんてなかったのに、大人の歯が生えてきたらいきなり虫歯に…なんてこともよくある話です。そこで今回は、6歳ごろのお子さんの虫歯予防方法をご紹介したいと思います!

6歳臼歯が生えてきた!

乳歯は真ん中から数えて上下左右5本ずつ。そしてその奥に生えてくる6番目の歯を一般的に「6歳臼歯」と呼びます。これは大人の歯(永久歯)で、生え変わることなく一生本人の物です。この歯は今までの歯よりも大きく、完全に生えてくるのにも少々時間がかかるためとても磨きにくいです。6歳臼歯は歯の溝も深いため、食べかすが残らないように丁寧に磨きましょう。歯の裏側は特に磨きにくいので、歯ブラシをやや突っ込み気味に押し込むと磨きやすくなります。フロスや糸ようじを使って、歯と歯の間の汚れもきちんと掃除してあげるとさらに良いです。

前歯がグラグラしてきたら?

下の前歯からグラグラしてくることが多いですが、揺れが大きくなるほど子供は不快感を訴えます。必ずしも歯医者さんで抜く必要はありませんが、下から永久歯が生えてきているのにまだ抜けない場合は歯医者さんで抜いてもらった方が良いでしょう。このグラグラしている歯は非常に磨きにくく、本人も動いて気持ち悪いのか汚れがたまりやすくなります。すると生えてきている歯に悪影響を及ぼしかねないので、保護者が気をつけて上げた方が良いです。逆の手で動かないように支えながら磨くと磨きやすいです。また、グラグラしている歯をお子さんが舌で遊んで、勝手に抜けて誤って飲み込んでしまうこともあるので気を付けましょう。

シーラントについて

歯医者さんに行くと「シーラント(予防填塞)」を勧められることがあると思います。これは、歯の表面の溝をレジン(プラスチック)やセメント系の材料で人工的に塞いで、虫歯にならないようにする処置です。物理的に細菌の侵入を遮断してくれるので、歯の溝部分に食べかす等残らないようにしてくれます。もしかかりつけの歯医者さんでその処置をしてくれるのであればおすすめです!

歯並びについて

大人の歯が生えてくると、歯並びが気になってくると思います。通常歯の交換により乳歯の根っこが吸収されながら永久歯が生えてくるのですが、うまく吸収されない場合は元の位置より少しずれて生えてくることがあります。だからといって必ずしも歯並びがガタガタになるとはこの時点ではまだわからないことが大半なので、気長に様子を見ましょう。ある程度生えそろったら、歯並びの診断ができます。

6歳ごろの虫歯予防方法は【まとめ】

もうこの年になると自分でお菓子を買って食べたり、お友達の家でごちそうになったり、子供の食生活を完璧に把握するのは難しいでしょう。虫歯にならないよう、定期的に磨き残しのチェックをしてあげて、歯医者さんに定期検診に行くことをお勧めします!

虫歯菌の居心地を悪くして口内環境を改善するブリアン歯磨き粉でプラスαしてみるのもいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です