ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

歯医者に行くべき?6歳臼歯が生えない原因と対策

6歳臼歯 生えない

個人差はあるものの、6歳ごろに生え変わります。ただし、その際にさまざまなトラブルが起こることがあり、歯医者に行くべきか迷ってしまう場合も多いです。

その時になって戸惑わないためにも、正しい知識を身につけておきましょう!

6歳臼歯が生えない原因とは

6歳臼歯が生えない原因はどのようなことが考えられるの調べてみました。

  1. 先天性欠如のによるもの
  2. 埋伏歯にによるもの
  3. 隣の歯が引っかかっているもの

などが6歳臼歯が生えない原因となることが分かりました。

一つずつ詳しくまとめたので参考にしてみてくださいね!

6歳臼歯の先天性欠如のため生えないケース

6歳臼歯の先天性欠如により、乳歯が抜けてもその後に歯が生えないケースがあるのです。

顎が小さいことや栄養障害、炎症、または遺伝など原因はさまざまあると言われています。ただし、これは決して珍しいことではなく、およそ一割程度の人に見られる症状です。

中には大人になっても乳歯が抜けずにそのまま残ることも珍しくありません。

しかし多くの場合、乳歯は抜けてしまいますから、その時は差し歯やインプラント、ブリッジなどといった治療を行います。

6歳臼歯が歯茎の中で埋伏歯になり生えないケース

隣の歯につかえているケースがあって、これも埋伏歯です。こちらも歯がないわけではなく、真横に倒れていて見えなくなっているのです。このような状態を、水平埋伏智歯と呼ばれています。

人によってはある程度生えてきた時点で止まり、特に他の歯に影響を及ぼしません。ところが徐々に生えてくる途中で、隣の歯を圧迫することも少なくないです。その場合は虫歯や歯周病になることがありますし、症状が進むと周りの歯を溶かすこともあるため、抜歯を勧められるケースが一般的です。

まずは歯科医で6歳臼歯のレントゲンを撮ってみよう

少しでもおかしいと感じるのであれば、歯科医にレントゲンを撮ってもらいましょう。

単に乳歯の抜ける時期が早かった、反対に次の歯が生えるのが遅れているのかがわかります。加えて先天性欠如なのか、もしも埋伏歯ならその状態もすぐに診断してもらえます。

それから歯並びに影響するのかも診てもらえますから、いずれにしても早期に治療が受けられます。

もっとも避けたいのは、痛みがないからという理由で放置することです。それによって顎の骨を溶かすなどといった重症になるケースもあるからです。

抜歯なら保険が適用されますから、薬やその他の治療を加えても数千円程度で行えることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です