ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

ここがかみ合わせの基準!知っておきたい6歳臼歯の大切さ

6歳臼歯 大切さ

6歳は初めて大人の歯が生え始める時期として知られているのですが、そんな時期に注目されているのが臼歯の存在です。

臼歯は大人になっても生え変わらないところから、かみ合わせの基準として非常に重要な存在だと言われています。

そこで今回は、そんな6歳の臼歯の重要性や大切なポイントについて紹介します。

永久歯の中で最も大きい6歳臼歯は噛む力の要

乳歯から永久歯に生え変わる段階で、最初に生えてくるのが6歳臼歯です。

第一大臼歯とも呼ばれていて、最初に生えてくる永久歯である点やそこから生え変わらない点などから最も大きい永久歯だと言われています。

そんな6歳臼歯の重要な役割として言われているのが、「咀嚼」です。

食べ物をかみ砕いたり食べ物を擦り切る力であり、食事をする際の重要な要として活躍します。

この役割は11歳から12歳頃に生えてくる第二大臼歯が出てくるとそちらと役割を分担するようになるのですが、それまでは6歳臼歯だけで噛む力を支えるのです。

そのため6歳臼歯は子供が食べ物を咀嚼するための重要な要として、その大切さが訴えられています。

6歳臼歯にはトラブルもたくさん!特に虫歯に注意

そんな6歳臼歯は最初に生えてくるからこその注意点として、トラブルが多く発生する点が指摘されています。

特に6歳臼歯が虫歯になる子供は非常に多く、この時期は特に口腔内のケアをしっかり行っておく必要があると指導されているのです。

そもそもなぜ6歳臼歯は虫歯などの口腔内のトラブルが多いのかというと、乳歯と比較すると歯の溝が深いために磨き残しが発生しやすい点が挙げられています。

歯の生え変わりの時期は特に磨き残しが発生しやすいですし、定期的な歯科検診を受けていないと子供自身や親が見逃しやすいのです。

その結果、知らない間に6歳臼歯が生えていたり虫歯になってしまうという状態がみられると考えられています。

6歳臼歯が虫歯になったら今後の歯並びへの影響は?

ではもしも6歳臼歯が虫歯になってしまった場合はどうなってしまうのかというと、初期の段階であれば6歳臼歯を維持したままの治療である保存療法が可能です。

ただ6歳臼歯は柔らかい永久歯である点やケアが行き届きにくい点などから初期の段階で虫歯を発見するのが難しく、発見した時にはすでに深刻な状態だったケースも少なくありません。

このような段階に至った6歳臼歯の虫歯は最悪神経を抜いたり抜歯をしなければいけなくなるので、すでに永久歯が生えそろっている段階であれば歯並びに影響を与える可能性は少ないです。

もしもまだ生えそろっていない段階だった場合は、6歳臼歯周辺の歯並びに影響を与える可能性はあると考えられています。

ダメージを受けやすい6歳臼歯の大切さ!歯磨きで徹底的にケア

このように6歳臼歯はその大切さと裏腹に虫歯などのトラブルやダメージを受けやすいところが特徴なので、正しい歯磨きを子供だけではなく親も身に着ける必要があります。

その上でフッ素入りの歯磨き粉の使用や仕上げ磨きなど、徹底したケアを実践していくのも大切です。

MEMO
当サイトでは子供用歯磨き粉「ブリアン」を実際使っている効果をまとめています。6歳臼歯の虫歯予防のために継続中です。合わせてチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.