赤ちゃんの歯磨きで必ず知っておきたい5つのこと

赤ちゃんは生後六か月程度になると、下の前歯が生え始めます。

その後ゆっくりと歯が揃い始めるわけですが、歯磨きをするタイミングとしては、最初の歯が生えた時点から実施するのがベストです。

まず赤ちゃんの歯磨きで心がけたいことは習慣化です。

赤ちゃんの歯は生えたての乳歯なので、将来的に大人と同じ永久歯に生え替わります。

つまり乳歯の間に虫歯になっても永久歯になれば虫歯も消えるわけですが、乳歯の頃から歯を大切にする習慣が身についているのといないのとでは、永久歯に対するアプローチの仕方も随分と違ってきます。

赤ちゃんの頃から歯磨きに慣れ親しんでいる子のほうが、虫歯を含めた咥内トラブルに見舞われる危険性が低いのは言うまでもありません。

赤ちゃんの歯磨きで知っておきたいこと(1)

なので一つ目に知っておきたいポイントは、
どんなに忙しくても毎日寝る前の歯磨きを習慣づけることです。

赤ちゃんの歯磨きで知っておきたいこと(2)

次に知っておきたいポイントの2つ目は、
赤ちゃんに歯磨きで使うアイテムに慣れさせることです。

怖がって泣き出すこともあるので、安全に配慮しつつ歯ブラシが怖くないと教えてあげましょう。

そのためにも歯みがきの際に使う歯ブラシや歯磨き粉は、乳幼児用のものを選びます。

赤ちゃんの歯磨きで知っておきたいこと(3)

そして3つ目のポイントは親が必ず仕上げ磨きをするです。

赤ちゃんが歯ブラシに慣れてくると自分から歯を磨こうとしますが、最後は親がきちんとチェックします。

赤ちゃんの歯磨きで知っておきたいこと(4)

4つ目の大切なポイントは、
歯磨きを嫌がらないようにするために、常に楽しい雰囲気を作りながら歯磨きを行うこと。

赤ちゃんの歯磨きで知っておきたいこと(5)

最後の5つ目のポイントは、
歯みがきで気になることがあればクリニックに行くことです。

基本的には一歳半程度がクリニックデビューには最適ですが、物心つく前からクリニックに連れていくと歯医者に対する恐怖心を和らげることができますし、予防歯科の視点から見ても役立ちます。

大人になってからの虫歯は自己責任と言いますが、突き詰めると小さい頃の積み重ねが原因で虫歯になることもあるでしょう。

赤ちゃんの頃からの習慣が、将来的に子供の歯を健康に維持してくれるのです。

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA