ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

3歳まで虫歯菌から守れば虫歯にならない?感染を防ぐことってできるの?

虫歯菌,3歳,感染

3歳までに虫歯にならなければ本当に虫歯にさせないで済むの?と思ったことありませんか?

感染の窓と言われる期間があるのは知っていますが、3歳までにリスクを下げられても虫歯になることもあるようです。

ではどうしたらいいの?と思ってしまいましたが安心してください!

決して無駄にはなりませんが、正しい理解が必要なことが見えてきました。ぜひ読んでください!

「子どもの虫歯の原因と乳歯」

子どもの乳歯は虫歯になりやすいですよね。
これはエナメル質と象牙質の厚みが薄いからといわれています。
ではいったい、どのようにしたら子どもの乳歯を守ることができるのでしょうか?
その答えは「正しい歯の知識を身につけ、間違った俗説に惑わされないこと」この一点に尽きるでしょう。

たとえば「3歳まで細菌の感染を防いでおけば虫歯にならない」というような話をきいたことのある人は多いでしょう。
しかし、じつはこれも正しい知識とは言い難い俗説なのです。

たしかに、虫歯という現象の一番最初の原因といえるのは、細菌への感染です。
人間は通常、3歳より以前、乳幼児のころに「虫歯菌」に感染します。
しかし、「3歳まで虫歯菌を感染させない」というのが非現実的であり、そもそもその必要性が皆無なのです。

なぜ非現実的であり、なぜ必要性が無いのか、その理由は、「そもそも虫歯菌は複数種の口腔常在菌であり、特定の細菌ではないこと」「口腔常在菌は人間が健康に生きるうえで欠かせない存在であること」です。

たとえば虫歯菌の代表格とされる「ミュータンス菌」は非常に有名ですが、ミュータンス菌も数多くの口腔常在菌の一種にすぎません。

不特定多数の細菌の感染を全て予防することなど、生まれた瞬間から無菌室で育たない限り不可能でしょう。

さらに、悪名高いこのミュータンス菌も、じつは健康食品などでももてはやされる「乳酸菌」の一種なのです。

乳酸菌はウイルスや細菌への感染を防いでくれる役割があり、人間の抵抗力の補助となっています。

そもそも常在菌は人体に有益な細菌でもあるので、感染を予防すること自体に意味がないのです。

ではなぜ、有益なはずの常在菌によって虫歯になってしまうのでしょうか?

それは細菌が引き起こす「脱灰」に対して、唾液の作用によって行われる「再石灰化」が間に合わなくなるからです。

脱灰とは、常在菌が食べ物に含まれる糖質などから生成した乳酸などの酸によって、歯の表面を覆っているエナメル質を溶かすことを指します。

しかし人間の唾液にはこのエナメル質を補修する作用があり、これが一般的に「再石灰化」と呼ばれているのです。
故に脱灰によって溶かされたエナメル質も、再石灰化によって数十分もすれば元通りになります。

この脱灰と再石灰化のサイクルは人間だれしもの口腔内で行われている健全な生理現象ですが、口腔内に食べ物のカスがいつまでも残っていると、細菌による脱灰がいつまでも終わらない状態になってしまいます。

脱灰が終わらなければ唾液による再石灰化も間に合いませんので、歯は溶かされ続けてしまいますよね。

乳歯はエナメル質も象牙質も薄いので、再石灰化が間に合わなくなるとすぐに深部まで脱灰が進んでしまいます。
だから子どもは虫歯になりやすいのです。
3歳を過ぎたからと言っても、乳歯のうちは大人よりも虫歯になりやすいということなのです。

「歯磨きだけで予防はできる?虫歯と食べ物はどういう関係があるの?」

虫歯予防に効果的とされる歯磨き粉やガムなどの商品は多数存在していますが、じつはそのような商品がなくても、歯磨きだけで簡単に、しかも十分な効果を得られる予防をすることが可能です。

その予防法とは、ずばり「食後から歯磨きまでの正しい手順を守ること」です。

ここからはその手順と、虫歯と食べ物との関係性からなるこの予防法の根拠について解説してゆきます。

まず食後すぐに行うこと、それは「うがい」です。

すぐに歯ブラシを当ててはなりません。

なぜまずは「うがい」なのか、それは「再石灰化を待つこと」が理由になります。前途の通り、人間の歯は食べ物が付着すると、細菌による脱灰が始まります。

しかし数十分ほどすると唾液による再石灰化が進み、元通りになるのです。
これを食事のたびにを繰り返しています。

つまり、食後間もない歯は脱灰が進んでおりエナメル質なども薄くなっている状態なのです。
この状態で歯ブラシを当てて本格的に磨いてしまうと、再石灰化が進まないどころか歯を弱くしてしまう可能性すらあります。
故にまずはうがいによって、大まかな食べかすを除去し脱灰を止めることが優先なのです。
しかし歯に挟まったポテトチップスのカスなど、うがいだけでは除去できないような食べ物のカスが残ることもありますよね。
そういった食べカスがあった場合には、歯ブラシを軽くあてて落としましょう。

そして30分程度待ったら、いよいよ本格的な歯ブラシです。

再石灰化が終わるまで数十分ほどかかるので、30分は待ってから歯ブラシをした方が良いでしょう。

そして歯ブラシの際は、基本的に歯磨き粉は不要です。

正しく磨けていれば、歯磨き粉がなくても十分に美しく健康な歯が維持できます。

歯磨き粉は爽快感が強いので、十分に磨けていなくても磨けたつもりになってしまうことがあります。

洗浄力が強すぎてエナメル質を剥がしてしまったり、すすぎ残しがあるとそれ自体が脱灰を進めてしまったりすることもあります。

基本的には歯磨き粉を付けずに、優しくマッサージするように磨くようにしましょう。

ただし歯医者さんでフッ素が添加された歯磨き粉を使用することを勧められることがありますので、そのときは例外です。
歯医者さんはエナメル質が薄くなってしまっている人にフッ素配合の歯磨き粉を勧めることはありますので、そのときは指示に従いましょう。
もちろんその際は、すすぎ残しに十分な注意が必要になります。

「大人が知っておきたい歯医者での子どもの虫歯治療」

子どもを歯医者さんに診てもらう前に、大人はある程度、歯医者さんではどのような治療が行われるのかを知っておくことが望ましいでしょう。

素人には難しいことですが、その治療法が本当に適切なのか、ある程度の判断をすることはやはり必要だからです。
ここからは一般的な子どもの虫歯治療について解説してゆきます。

虫歯の治療は程度によって方法が異なりますが、基本的には「進行を止める治療」です。

病巣を除去したり消毒したりして状態を改善させることが一般的ですが、歯は欠損するとその部位を元に戻すことはできません。

故にある程度進行してしまった虫歯を完全に治癒することは不可能なのです。

しかし元に戻らないことを承知の上で、歯を部分的に切削する必要があります。

切削しなければ病巣に到達できないからです。

レントゲンだけでは判断できないことも多いので、掘ってみなければどのような治療が適切なのか判断できないことも多々あります。

そして基本的には、切削して病巣の部位に消毒剤をつめ、数日したら症状が軽くなっているか確認し、消毒剤を取り換える、という治療を数回繰り返します。

消毒が完了したと判断されたとき、最終的な歯科修復材料、いわゆる「つめもの」をして治療が完了となるのです。

神経が炎症していたり、腐敗していたり、重症化が進んでいた場合には、治療がさらに長引くこともあります。

歯髄を抜髄する根管治療、つまり神経を抜く治療が必要になることも多いからです。

歯髄を抜髄した場合、歯への栄養や酸素の供給が絶たれてしまいます。

故に歯の強度は弱くなってしまうのです。

虫歯は同じ個所に繰り返し発症することも多いですが、抜髄をした場合、痛みを感じなくなるので非常に重症化するまで気が付かなくなってしまうこともあります。

乳歯であればそこまで気にしなくても良いですが、本来「神経を抜く」というのは、かなりリスキーな行為なのです。

にもかかわらず、そこまでしなければ治らないのが、重症化した虫歯なのです。

もしも歯医者さんに「神経を抜く」と言われた場合は、どのような状態で、なぜその必要があるのか、詳しく確認しましょう。

>>>具体的な治療方法はこちらが大変参考になりました

まとめ

いかがでしたか?
3歳までに虫歯にさせないことは全く無駄ではありません!が、3歳過ぎて安心してしまい好き放題させては虫歯になってしまうのです。正しい理解をして続けたいですね。

私の家ではブリアンを使っています。ブリアンの口コミサイトには3歳まで使えば大丈夫!とありますが、私は信じていません。だって3歳過ぎたらもっと甘くて美味しいもの知ってしまいますよね。

それに毎日使っていても体に良い菌を定着させるって難しいんです。ですから継続して使い続けています。

これから、ブリアンを検討していたら他の体験談サイトを見てもいいですが、当サイトをご覧いただければ正しい理解をしてもらえると思います。

>>>ブリアン歯磨き粉体験レビューの「落とし穴」

損しない情報ばかりだと思うので参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です