酸蝕歯(さんしょくし)は虫歯、歯周病に次ぐ疾患!意識して予防する

酸蝕歯(さんしょくし)は酸性の食べ物や飲み物を摂取することで、通常、中性に保たれている口内が、フルーツや炭酸飲料などを摂取することで酸性へと変わり、歯のエナメル質が溶けてしまうことで、起きる症状の一つです。

酸蝕歯について調べた内容をまとめたので、参考ください。

酸蝕歯とは

虫歯と酸蝕歯(さんしょくし)は、実は性質が異なり、虫歯などは細菌が糖質を分解、そこから虫歯酸を出すことによることが主なる原因なのですが、酸蝕歯(さんしょくし)は、口内が酸性になっていると、それが原因となり歯が溶けることにより起きてしまう症状といえます。

炭酸水などを飲んでいてもなりにくい人も、もちろんいます。通常は唾液に含まれているのがアルカリ性なので、酸性の成分を摂取してたとしてもある程度は中和してくれる人体の仕組みと一つです。

参考:酸蝕歯の原因とは

どういったことをすると虫歯予防になるのか対策をとることが必要です。

炭酸飲料を飲むときの工夫、飲んだ後のケア

酸性の成分が含まれている代表的な飲み物は、炭酸飲料などですね。実は紅茶やコーヒー、スポーツドリンクなども炭酸飲料ほど強くはないのですが、少なからず酸性の飲み物であったりします。

酸蝕歯(さんしょくし)を避けたいからといって、我慢してストレスをためてしまうのも精神的にはよくありません。

基本的にこれらの飲み物は、毎日飲み続けなければずっと酸性になり続けるわけではないので、過度な心配は必要ないのですが、飲みたいけどなるべく避けたいといった人は下記を実践すると良いでしょう。

ストローで飲む

ストローで水を飲む赤ちゃん(1歳児)

極力歯に酸性成分を触れさせないことでリスクを避けることができます。
着色汚れなども避けられるので、おすすめの飲み方でもありますね。

飲んだ後は水やお茶で口をすすぐ

酸蝕歯は水やお茶でケア
長時間口の中を酸性成分にしておくと良くないので、こういったケアも大事です。

水道水やお茶(濃いお茶)は中性寄りなので飲む分にも安心して飲めるというのもいいですね。

キシリトールガムを噛む

酸蝕歯はキシリトールガムをかむ
普通のガムでは糖分が含まれているので、あくまでもキシリトールなど歯にいいといわれている製品がおすすめです。ガムを噛むことにより唾液が大量に分泌されるので、口の中を中和してくれます。

まとめ

理想は飲んだ後にフッ素入り歯磨き粉、ブリアン歯磨き粉などできちんとケアをしてあげることが一番のホワイトニングやデンタルケアの方法ではあります。

早めに対応できることで、食習慣だけで解決もできることも。

特に小さい子から酸性の飲食は歯の融解を促進するのでダラダラ食べは控えるようにしたいですね。

酸蝕歯(さんしょくし)になると、治療などで治すのも大変になってしまうので、地道な予防策を日常でとることもとても大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください