ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

酸蝕歯(さんしょくし)の原因は?

酸蝕歯(さんしょくし)という言葉をみなさんは聞いたことがあるでしょうか?
炭酸飲料を飲みすぎると、虫歯になる!とよくいわれていますが、正確には虫歯になるというよりは、酸蝕歯(さんしょくし)になるといった言葉が正解だそうです。

酸蝕歯というのは

通常口内は、中性に保たれているのですが、炭酸水、炭酸飲料、お酒(ビール、日本酒、焼酎、ワイン)など実は酸性の成分が含まれており、こういったものを口に含んだ後に、そのまま放置。歯磨きをせずに寝てしまったりすると、口内が酸性となった状態が長く続き、歯が溶けていってしまい、それが進行すると虫歯の原因になったりするのです。

酸蝕歯ってどんな症状?

歯のエナメル質が溶け出すことによって、歯の表面が薄くなり、主に知覚過敏の症状が起こってしまうのが酸蝕歯(さんしょくし)の最大の症状といえます。視覚的に歯歯の表面が丸く見えたり、黄ばんでいるように見えたりするのが、代表的な初期症状のサイン。

初期症状であれば、歯医者さんにいって専用の薬を塗ってもらうケアなどで治すこともできたり、治療にかかる費用も抑えることができます。
この症状が進行していくと、通常の虫歯治療と同様の治し方となり、歯に詰め物をしたり、歯にかぶせたりする治療が必然となってしまいますので、できれば適切なデンタルケアをしてあげることが重要です。

お酒や炭酸飲料を飲んだ後は、外出中であれば口を水ですすいで、酸性の状態の緩和をする。

ご自宅であれば帰宅後、エナメル質強化のシュミテクト、うがいの不要の手間のかからないブリアン歯磨き粉などを使用して、出来るだけ早く口内を中性状態へとしてあげるのが何よりも一番の虫歯予防となります。

放置しないことで、歯のホワイトニングにも繋がりますので、寝てしまう前に優先してあげると良いでしょう。

飲み物だけでなく食べ物も注意が必要です

レモンやオレンジといったフルーツも実は炭酸飲料と同じ酸性の成分が含まれています。

こういったものを摂取するときは、飲み物と同じように食べた後は適切なケアをしてあげる必要があります。

まとめ

醬油やマヨネーズ、ドレッシングといった一般的な調味料にも、酸蝕歯(さんしょくし)の原因となる酸性成分が含まれているので、飲み物だけでなく食べ物も注意が必要です。

といっても食品を食べたからといってすぐになるというわけではなく、長時間酸性の状態になるのが大きな原因となるので、過度に不安になる必要はありません。

食べたり、飲んだりしたら歯磨き!寝る前に歯磨き!を心がけていれば、リスクは回避できるので、適切なデンタルケアを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です