赤ちゃんにぴったりの歯磨き粉はコレで決まり!うがいなしで安全な歯磨き粉の選び方と人気アイテム

赤ちゃん歯磨き粉うがいなし

赤ちゃんや小さなお子さんの歯磨きをスムーズにできる歯磨き粉や体に負担がないものをと探している方も多いのではないでしょうか。

大切な歯や口腔内のケアは、赤ちゃんやお子さんに負担にならないようにスムーズに済ませたいものです。

さまざまな歯磨き粉が販売されている中で、どの商品が安全で利用しやすいのか知ることができれば、虫歯予防に適した商品選びがしやすくなります。

そこで今回は、役立つ歯磨きグッズ選びのポイントや商品の魅力についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

お急ぎの方はこちらから役立つ歯磨きグッズをご覧ください。

 

赤ちゃんにぴったりの人気歯磨き粉

そもそも歯磨き粉の意味って?必要性は?

赤ちゃん 歯磨き粉 うがいなし

赤ちゃんも生後7~8カ月頃になると、少しずつ乳歯が生え始めます。

大切な歯を守るためには、虫歯にならないように歯磨きや口腔内ケアをスタートさせましょう。

大きくなると歯磨き粉を使用してケアするのが当たり前にようになりますが、赤ちゃんの歯磨きはどのようにするのがベストなのか悩んでいる人も多いことでしょう。

ミルクや母乳で栄養を補っている離乳前の赤ちゃんの場合、水や綿棒で汚れは簡単に落とすことができます。

そのため、歯磨き粉を必ず使わなければいけないというわけではありません

離乳食をスタートしてからは、少しずつカーゼや乳幼児用の歯ブラシでブラッシングを始めましょう。

うがいができるようになれば、歯磨き粉を使ってケアするのも1つの方法です。
また、食後のお茶や水で口をすすぐことでも虫歯予防に役立ちます。

2歳ぐらいになると歯も生えそろいうがいができる子も増えてくるので、虫歯予防を徹底するためにも歯磨き粉を使って歯磨きの練習を始めるのもおすすめです。赤ちゃん用の歯磨き粉も販売されているので、必要に応じて使ってみてはいかがでしょうか。

子供のための歯磨き!おすすめのポイントは?

赤ちゃん歯磨きのポイント

赤ちゃんや子供の歯磨きをするためには、安全性や使いやすさにも注目することがポイントです。歯磨きが苦手な子も多く、歯ブラシや歯磨き粉を嫌がってしまうケースも少なくありません。

子供も親も歯磨きの時間が負担にならないように、小さな頃から歯磨きを身近で楽しいものであると感じてもらうことを心がけましょう。飲んでも大丈夫な歯磨き粉を選ぶことで、安心して毎日のケアを続けられます。

子供でも安心して使える歯磨き粉を探している人には、ブリアンという商品がおすすめです。身体への負担となる成分が配合されていないので、うがいができなくても安心して使うことができます。

歯磨き粉が苦手な場合は、歯磨きシートや歯磨きタブレットを利用すると、ストレスなく虫歯予防をすることができるのでとても便利です。

また、プッシュ式のフッ素スプレーなら忙しい朝や夜のケアにも役立ちます。生えている歯が多くなれば、その分、虫歯になるリスクも高まるので、歯磨き粉やフッ素スプレーなどを上手に活用しながら子供のための歯磨きを心がけましょう。

要チェック!子供用の歯磨き粉選びで知っておくべきこと

赤ちゃん歯磨き粉必要性

歯磨き粉を家族で一緒に使っているという家庭も多いのではないでしょうか。しかし、配合されている成分によっては、赤ちゃんや小さなお子さんの身体に負担になる可能性もあるため、十分に注意しましょう。

原材料に発泡剤・研磨剤・香料・保存料が含まれている歯磨き粉は、アレルギーを起こしたり、刺激となったりすることもあります。大人の身体よりも小さな赤ちゃんや子供は、少量の添加物でもお腹が緩くなるなどの体調の変化を引き起こすことがあるのです。

赤ちゃんや子供でも使用できるブリアンには、少量の香料以外は余分な成分が配合されていません。だからこそ、うがいができずに飲み込んでしまっても身体への影響がありません。

虫歯予防効果があるフッ素は、歯磨きに使う程度の量であれば人体に問題はないと言われているので、フッ素フリーにこだわらなくても大丈夫です。ただし、配合成分濃度が高い大人用歯磨き粉は避けた方が良いでしょう。

大人用歯磨き粉への移行は少しずつ様子を見ながら進めていくことが大切です。お子さんが小さなうちは、ブリアンのように子供向けに開発された商品の方が安心して使うことができます。

 

赤ちゃんにオススメ!ブリアンの公式サイトで詳しくみてみる

赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方!うがいなしやフッ素配合のものに

赤ちゃん歯磨き粉うがいなし

まだうがいが上手にできない赤ちゃんや歯磨きを嫌がるお子さんには、うがいの必要がない歯磨き粉や子供が好む味の商品を選んでみましょう。

うがいの必要がなく飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉であれば、無理にうがいをさせる必要がありません。

うがいができるようになってからほかの商品に切り替えることで、子供も親もストレスを感じることなく歯磨きケアを続けることができます。フルーツの味が楽しめる歯磨き粉など子供が喜ぶ味の歯磨き粉もあるので、成分を確認しながら利用してみましょう。

毎日使う物なので、歯磨き粉の値段が安いか高いかで選んでしまいがちですが、フッ素の有無やなど虫歯予防に役立つかどうかにも注目して選ぶことがポイントです。

MEMO
子役で人気の寺田心君やお子さんがいる山口もえさんも、ブリアンを使って虫歯ケアをしていることで知られています。赤ちゃん期からずっと使えるブリアンなら、歯磨きに苦手意識を持つことなく楽しみながら毎日のケアをすることができると好評です。乳幼児期なら、指に巻き付けたガーゼに少量のブリアンをつけて優しくマッサージすることで歯磨きをすることができます。

 

ブリアンの公式サイトで詳しくみてみる

うがいなしで大丈夫!おすすめの歯磨き粉は?

歯磨き粉には、ブリアンのように粉末のタイプもあればジェルタイプや液体タイプの商品もあります。

ジェルタイプの歯磨き粉は、歯のすみずみまで成分を行き渡らせることができるのがメリットです。

「アラウアラウベビーはみがきジェル」

アラウ はみがきジェル
「アラウアラウベビーはみがきジェル」は、赤ちゃん用洗剤やベビーローションなど赤ちゃんの身体に優しい商品を豊富に取り扱う企業で開発された歯磨き粉で、とても人気があります。

「ライオン チェックアップジェル」

チェックアップジェル
「ライオン チェックアップジェル」は、フッ素配合で虫歯予防に力を入れたいと考えている人におすすめです。年齢に合わせて味が異なるのが特徴で、乳幼児から大人まで使い続けることができます。

「オーラルケア ホームジェル」

ホームジェル
キシリトール配合の「オーラルケア ホームジェル」は、歯質の耐酸性を高める成分が魅力でお子さんから大人まで一緒に使える商品です。どの商品もうがいなしでも大丈夫な成分であるため、安心して使うことができます。

「丹平製薬 こどもハミガキ上手」

ハミガキ上手
液体タイプの歯磨き粉の「丹平製薬 こどもハミガキ上手」は、口に含んで吐き出すことで磨き残しや汚れに反応して赤く染めることができる商品です。歯磨きのチェックとして使えるのが魅力ですが、内服用ではないので飲み込まずに出すように声をかけてあげる必要があります。

「レノビーゴ レノビーゴ増量品フッ素配合」

レノビーゴ増量品
「レノビーゴ レノビーゴ増量品フッ素配合」は、乳幼児から使えるフッ素配合の虫歯予防に役立つプッシュタイプの歯磨き粉です。ガーゼに含ませて拭いてあげる方法でも虫歯予防をすることができます。.

 

▼赤ちゃんオススメ歯磨き粉はこちらで10選紹介しています。

赤ちゃん歯磨き粉選びで永久歯が決まる!賢い親の選択とは? 【決定版】赤ちゃんオススメ歯磨き粉10選!賢い親の正しい選択とは?

フッ素フリーが良いなら!安全性の高いうがいなし歯磨き粉はブリアン

赤ちゃんやお子さんの虫歯を予防したいと考えている人は、歯磨き粉の必要性や配合されている成分にも目を向けることが大切です。添加物が含まれていない歯磨き粉なら、うがいができない赤ちゃんや小さなお子さんでも安心して使うことができます。

粉末やジェルタイプなどさまざまな歯磨き粉があるので、それぞれのメリットを比較しながら使いやすく虫歯予防に役立つ商品を選びましょう。

また、歯磨きがストレスになったり苦手意識を抱いたりしないように、味や手軽さも重視しながらお気に入りの歯磨き粉を見つけることがポイントです。

子供はもちろん、親もストレスフリーで歯磨きケアができるような商品を選ぶ必要があります。

うがいの必要がなくフッ素フリーの安全性に優れた歯磨き粉を探している人には、粉末タイプで甘い味が人気のブリアンがおすすめです。

ブリアンの効果や子どもの反応もまとめています。合わせてご覧ください♪

歯磨きが苦手なお子さんでも喜んで使える工夫が施されています。デリケートな赤ちゃんにも安心して使えて虫歯予防ができる歯磨き粉に興味がある人は、ぜひブリアンを試してみてはいかがでしょうか。

 

ブリアンの公式サイトで詳しくみてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください