ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

赤ちゃんには歯磨きジェルが最適なの?歯磨きを開始する最適なタイミングとアイテムの選び方をご紹介

歯磨きジェル 赤ちゃん

口内を清潔に維持することは、健康な体であり続けるために欠かせないことです。これは大人だけではありません。

これから大切な成長を控えた子供にとっても赤ちゃんのときから口内のケアを行い、健康に歯を保つことは必要不可欠となります。

しかし、歯磨きをいつから始め、歯ブラシや歯磨き粉はどのようなものを使ったらいいのかと迷ってしまう人もいることでしょう。

そこで、赤ちゃんの歯のケアを行うために知っておきたい、歯磨き粉を使い始めるタイミングと適切なケアを行うために必要な歯磨きのアイテム選びについてご紹介します。

10ヶ月ではまだ早い?赤ちゃんに歯磨き粉を使うのはいつ頃からがベスト?

歯磨き粉のタイミングはいつ?
赤ちゃんが歯磨き粉を使用して歯磨きを始めるタイミングは1歳前後、あるいは歯が6本くらい生えそろった頃が適しています。ただし、歯のお手入れ自体は前歯が2本生えた時点で始めておくことが必要です。

ガーゼを湿らして優しく拭くといった方法などでケアを行いましょう。

一般的には、まだ上下2本ずつくらいしか生えていない生後10ヶ月頃の時期までは歯磨きなしのケアでも十分となります。

歯がまだ生えていきていない間でも、離乳食を始めると口腔内の汚れが気になるということもあるかもしれません。

そのような時には、湯冷ましを飲ませるなどして清潔にしてあげると良いでしょう。

また、離乳食を始める前までの時期も口周りや口腔内に触れるなどして歯磨き慣れの準備をしておくと、歯磨きをスムーズに始められるようになります。

歯ブラシ選びが重要!磨きやすい歯ブラシの特徴は?

赤ちゃんの歯を磨くための歯ブラシ選びはとても重要です。

歯ブラシ選びをする際には4つのポイントに気を付けて選びます。

ポイント1.毛質

1つ目は、毛質です。
ブラシの毛は、柔らかめのものを選ぶことが必要となります。赤ちゃんの歯は柔らかくデリケートです。このため、硬い毛のブラシでこすってしまうと歯の表面や歯茎に傷がついてしまう可能性があります。また、柔らかいブラシを使用すると毛が歯茎に触れた時に赤ちゃんが違和感を覚えにくいものです。口腔内に異物が入ったという感覚が強く感じさせる硬い毛で歯磨きへの苦手意識を覚えさせないためにも柔らかいブラシが適しています。

ポイント2.毛の密集度

2つ目は、毛が密集しているタイプであるということです。
同じ範囲に当たる毛の数が多ければ多いほど、歯垢をしっかりと落とすことが可能となります。

ポイント3.フラット型

3つ目のポイントは、歯を1本1本しっかりと効率よく磨くために毛のカットがフラットなものを選ぶことです。
ギザギザしているタイプのものを選ぶことは避けましょう。

ポイント4.握りやすさ

最後は、赤ちゃんにとって柄が握りやすいものを選ぶことです。
初めのうちは自分で磨くことはできません。しかし、いずれ自分自身で歯磨きができるように習慣づけておくことは必要なことです。赤ちゃんが握りやすいグリップの形で、扱いやすい短めの柄のものを選ぶと良いでしょう。

歯磨き粉の選び方は?歯磨きジェルにすべき?

赤ちゃんの場合、歯ブラシだけではなく、歯磨き粉にも選ぶ際にポイントがあります。

まずは、うがいが不要であるタイプのものを使用することが必要です。

まだ、うがいを上手にすることができない赤ちゃんにとって必須の条件となります。

研磨剤が多く入っているものを避けることも重要です。

赤ちゃんの柔らかい乳歯に研磨剤を使用すると表面がすり減って傷つきやすくなってしまいます。また、フッ素入りで虫歯予防ができるタイプは赤ちゃんには適しています。

フッ素には歯垢を作る原因となる細菌の活動を抑え、歯質を強くする働きがあるからです。

柔らかい赤ちゃんの歯を強くし、歯垢の付着による虫歯を防ぐためにもフッ素入りのものは適した歯磨き粉となります。

歯磨きは毎日行うことで初めて歯を健康に保つことができます。

赤ちゃんが歯磨き嫌いにならないためにも、子供が好む味を使用するようにしましょう。

赤ちゃんのことを考えるなら磨き方も大切!嫌がられない歯磨きの方法

赤ちゃんの歯を磨く際には赤ちゃんが不快に感じないように注意しながら行うことが大切です。

赤ちゃんに嫌がられないように磨くためには、力加減に気を付けることがポイントとなります。

デリケートな歯茎に当たったときに痛みを感じさせないよう、優し過ぎると思うくらいの力で磨くようにすると良いでしょう。

弱い力でもきちんと歯を磨くためには、歯の面に対して歯ブラシの毛が直角になるように当てることがコツです。

直角に歯に当たることで毛の弾力が活かされて、優しく磨いても汚れをしっかりと落とすことができるようになります。

適した角度で力加減も調整しながら歯ブラシを上手に動かすためには鉛筆を持つようにグリップを握ることがポイントです。

過剰に力を入れずに細かな動きもしやすくなります。

仕上げ,磨き,歯ブラシ年齢別仕上げ磨き用歯ブラシおすすめ

赤ちゃんの歯磨きにはタブー!絶対に注意すべきポイント

赤ちゃんにはダメ!

フッ素入りのものであるなど、赤ちゃんに適している歯磨き粉の条件と同じ条件を持っているものでも大人用を使用することは避けなければいけません。

同じフッ素入りでも歯磨き粉に入っている濃度が異なっていることが一般的だからです。

うがいをすることができない赤ちゃんが多量のフッ素を飲み込んでしまうと中毒症状が出るなど危険なケースもあります。

また、大人用の歯磨き粉は磨き上がりの後味が爽快になるようなテイストのものが多いものです。赤ちゃんの味覚では刺激が強すぎると感じられることが多いため、歯磨き嫌いの原因となってしまう恐れがあります。

年齢に適した歯磨き粉を使用して、歯を磨く際には歯や歯茎を傷めないように力強く磨くことは避けるように注意しましょう。

うがい不要のいちご味!虫歯予防の期待も高めなブリアン

フッ素、発泡剤、界面活性剤、殺菌剤が配合されていない無添加の歯磨き粉で安心して使用することができる歯磨き粉が「ブリアン」です。

うがいが不要なので、赤ちゃんでも使いやすくなっています。さらに、子供が好きないちごの味が付いているため、無理なく虫歯予防の習慣を付けることも可能です。ブリアンは赤ちゃんの歯を磨きやすい魅力を持ち、親子にとって嬉しい面が多いため、おすすめの歯磨き粉となっています。

赤ちゃんが嫌がらず、しっかりと歯の汚れを落とすことができる適切な歯磨きアイテムを上手に選び、健康な歯を維持してあげましょう。

公式サイト:子ども用歯磨き粉ブリアン

磨きやすさ抜群!赤ちゃんを嫌がらせない歯磨き粉

アパガードアパキッズ

赤ちゃんが歯磨きに不快感を覚えない歯磨き粉としておすすめなのが、「アパガードアパキッズ」です。無発泡タイプであるため、歯磨きをする際に出る泡が苦手という赤ちゃんでも磨きやすくなっています。

アパガードアパキッズの販売サイト

ヴェレダ歯磨き子供用

歯科医の協力のもと作られた「ヴェレダ歯磨き子供用」も赤ちゃんの歯磨き粉として使用しやすい商品です。植物エキスをベースに作られているので安心して使えるほか、泡立ちが控えめであるため嫌がられにくい歯磨き粉となっています。

ヴェレダ歯磨き子供用の販売サイト

パックスこどもジェルはみがき

「パックスこどもジェルはみがき」も赤ちゃんにおすすめの歯磨き粉です。研磨剤や発泡剤を使用していないため、赤ちゃんの歯に優しく、口に入っても違和感が覚えにくくなっています。

パックスこどもジェルはみがきの販売サイト

フルーツ味で歯磨きが楽しくなる!おすすめの歯磨き粉

歯磨きの習慣を付けさせるためには、子供が好きなフルーツの風味が付いた歯磨き粉を使用するのも良い方法です。

ロゴナ キッズ・ストロベリー・ハミガキジェル

「ロゴナ キッズ・ストロベリー・ハミガキジェル」は、イチゴの甘い香りがする歯磨き粉ですが、化学合成の色素や香料は一切使用していないため安心して使うことができます。

ロゴナ キッズ・ストロベリー・ハミガキジェルの販売サイト

ライオン チェックアップこども

「ライオン チェックアップこども」は、かわいい動物のキャラクターが描かれたパッケージとナチュラルに香る低香味である点が魅力です。味はストロベリー、アップル、グレープの3つの種類があり、好みのものを選ぶことができます。

ライオン チェックアップこどもの販売サイト

アラウベビーはみがきジェル

無添加せっけんで知られるアラウの「アラウベビーはみがきジェル」は、みかん風味の歯磨き粉です。合成香料ではなく、天然製油100パーセントのみかん味なので、安心して使うことができます。

アラウベビーはみがきジェルの販売サイト

うがい不要で安心!おすすめ歯磨きジェル

赤ちゃんには、うがいができなくても使用することができるタイプの歯磨きジェルが安心です。

オーラルケア ホームジェル

キシリトールによる自然な甘さで使いやすい「オーラルケア ホームジェル」は、発泡剤が配合されていません。このため、泡が立ちにくく、吐き出しが少なくても使用できる歯磨きジェルとなっています。

オーラルケア ホームジェルの販売サイト

「ライオン チェックアップジェル」

「ライオン チェックアップジェル」は、歯磨き時の泡立ちが少なく、赤ちゃんでも嫌がらずに使うことが可能です。研磨剤が配合されていないため、飲み込んでもリスクが低いという特徴があります。

販売サイトはこちら

ピジョン 親子で乳歯ケアぷちキッズ

「ピジョン 親子で乳歯ケアぷちキッズ」は、発泡剤が入っていないため泡立たず赤ちゃんに使いやすくなっています。ミントタイプの香料が使用されておらず、自然な甘さを持っている点も魅力です。

販売サイトはこちら

赤ちゃんに最適なおすすめな歯磨きジェルをまとめて紹介しました。

お子様の大好きな味覚を選ぶのも一つの選択肢になると思います。

参考になれば幸いです。

子供用の歯磨き粉選びはこちらで詳しくまとめています。
子供,歯磨き粉子供用歯磨き粉はどれがいい?選び方の注意点とコツ特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です