ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

衝撃!子供の虫歯が減らないのは親が原因?

親 虫歯 子供

親が子供に与える影響は口腔ケアだけではなく口内細菌の共有、習慣付けが挙げられます。

子供の幸せを考えない親はいませんが、虫歯に悩むような未来を抱えさせてはいけないと、日々お子さんの口腔ケアについて考えている方が多いと思います。

日本は海外に比べとても歯科についての知識や習慣が遅れており、虫歯罹患率も高いのですがこれは一体何が原因なのでしょうか?

最近歯科の育児指導では
「食器を分ける」
「口移しをしない」
といった指導がされていると思いますが、海外では愛情表現としてのキスも日常的にされておりそれでも幼児の虫歯罹患率は日本よりも少ないのが現状です。

歯科の育児指導が間違っているわけではありませんが、根本的な原因を理解していきましょう。

親の口腔内細菌は子供へ感染する

食器を分ける理由は親の口内細菌の感染機会を減らすためです、日常生活を送っていく中で感染は決して免れるものではありませんが機会を減らすことにより総数や絶対数を増やさない目的があります。

完全に感染機会を持たない様にしたい、というのは子供と話すときも顔を合わせずマスクをして育児をする、なんてことになりますがこれでは愛情欠乏を経験した人生を歩ませてしまう可能性があります。

生後はなるべく赤ちゃんに甘えさせてあげることで正常な人格形成がされるというもの、寂しい想いをさせては本末転倒です。

従って機会を減らせる部分は減らすことである程度の効果を求めていく、というのが育児指導の目的ですが、親から子へ感染する菌が虫歯原因菌であるのが問題であり口内環境の整っている親から子への感染菌は非常に大人しいのです。

乳幼児の口内ケアに注力する前に自身の口内ケアを今一度見返してみましょう。

口内細菌との正しい付き合い方

口内細菌は殆どが無害なもので口内フローラとして私達の身体を守ってくれています。

少し病原性の強い細菌が入ってきても体内に入り込む前に細菌達が外部細菌を排除してくれているという考え方で良いのです。

虫歯菌は一定数を超えると口内phを酸性化させていきます、これは自分達が生きる上で糖を分解してエネルギーを使用するためであり、好酸性菌と言われる所以です。

口腔内は湿度100%で保たれている為、乳酸菌としては住みづらい場所なのですがミュータンス菌は環境適応している菌であり、これを完全に排除することは非常に困難であると言えます。

だから気を抜くと虫歯が出来てしまうのですが、虫歯を減らす為、子供へ感染させない為に必要な事はやはり適切な口腔ケアになります。

普段から虫歯リスクを抑えている両親から受け継ぐ虫歯菌は活性力が弱く、虫歯になりづらいと言えるのです。

それだけでは心配な方には虫歯菌を対象とした抑制物質を出してくれるBLIS菌、L8020菌といった口腔プロバイオティクス細菌を取り入れる事で心配を解消出来るでしょう。

口腔プロバイオティクスという考え方

口腔環境の改善に対するアプローチ方法は様々ありますが、近年海外でも注目を浴びているプロバイオティクスです。

これは善玉菌を保有し体内環境を整えるというものです。

日本でも馴染みの深いものではビフィズス菌入りのヨーグルトや納豆等が挙げられます、これらは腸内で活動してくれる腸内善玉菌です。

口腔善玉菌として発見されたBLIS M18やK12、そしてL8020といった細菌は虫歯菌の出す酸性物質への阻害や、糖を分解させないタンパク質の産生、そして虫歯菌の繁殖阻害といった役割を自身の繁殖の為にする菌です。

遺伝子組み換え等で作り出された菌ではなく、元々虫歯になりづらい人々から見つかった菌であり人体への適応もしやすい菌として注目されています。

両親が虫歯になりづらいから子供も虫歯になりづらい、これらは保有している細菌の分布率やこうした虫歯リスク抑制菌を保有しているかどうかでも決まってきます。

子供の為に自分の口内環境を整えるという考え方

親の細菌叢が虫歯リスクの高いものであればその子供の細菌叢も虫歯リスクが高いものになりやすいのは明白です。

特に現在進行形で虫歯を保有している場合は虫歯菌が非常に活発なので元気な菌を子供に感染させてしまう恐れがあります。

面と向かってお話しするだけでも、手を口に入れられてしまうだけでも感染するので四六時中一緒にいる限り感染は必ずどこかでする事になります。

しかし、感染する時期にも親が良質な細菌叢を保有している場合では感染自体は問題になりません。

むしろその後の人生で良い状態である細菌叢を保有している場合の方が虫歯リスクは下がるでしょう。

従って、子供への口腔ケアだけではなく自身の口腔ケアも見直す必要があるのです。

海外ではマウストゥーマウスのキスも愛情表現で行われますが、口腔に対する意識が高いため、子供のDMFT(虫歯罹患指数)が低いのです。

BLIS K12配合製品は海外でも非常に好評なもの

大人用ブリアンに含まれているBLIS K12の口コミはBLIS Technology社で確認する事が出来ます。

主に口臭や虫歯に対する心配を持った人が購入しているようです。

すでに海外では
「虫歯リスクや口臭リスクは親族から感染するもの」
として周知されているため、
口コミの内容も
「親がとても口臭がきついので私も口臭がきつくなった」
という冒頭文から
「使用して6か月で口臭が軽減しているのを友人にも指摘されて嬉しい」
といったものでした。

他にも
「歯科医院へ通院して虫歯を発見されてから4か月でメンテナンス通院をした時にも歯科医師に歯垢の付着があったと言われてとても辛かった」
という使用者が
「BLIS K12を使用しながら半年口腔ケアを続けていたら歯科医師に歯垢が無く綺麗な口腔内だと言われた!」
というレビューがありました。

虫歯は歯垢の付着から起きやすいもので歯垢の主成分は食物残渣、および糖分、そして細菌です。

細菌は基本的に歯面への付着が困難で歯垢として目に見える程の塊となって密集するのですが、これが無くなる事が直接虫歯リスクが下がる事だと使用者は知っていたようです。

勿論使用感には個人差があるとは思いますが、海外での口腔ケア方法は日本に比べて進んでおり、ある程度の歴史があるBLIS菌の口コミは海外の方が参考になりました。

ブリアンを使う意味

ブリアンは歯磨き粉としては非常に高価だと思います。

率直に言って毎日適切な口腔ケアを続けてきた人にとっては気休め程度のものになると思いますが、お子様への影響を考えている方へはおすすめ出来るかもしれません。

というのもBLIS K12配合の製品は海外では3歳未満には投与しないように注意書きがあります。

これは細菌の濃度もさることながらBLIS K12の他細菌株に与える影響が口内フローラの形成に悪影響がある可能性を懸念されたものです。

多くのBLIS K12が入り込んでしまう事で幼児の口内フローラがバランスの悪いものになってしまってはいけません。

従ってBLIS K12を親が保持者となりその感染を日常下で促す程度に留める方法が良いでしょう。

また、BLIS K12は虫歯・口臭抑制に長けた菌であり口臭菌もまた感染しやすいものです。

祖父母に口臭が気になる方がいる場合はこうした感染経路を懸念して普段からブリアンを使用して貰えないかお願いしてみてはいかがでしょうか。

子供への影響が良いものである、という理由で口臭改善が出来ればとても円満に解決出来ると思います。

食器を分けたり口移しで食べ物を赤ちゃんにあげないように見張るよりも、親族総出で子供の口腔環境を整えるためのプロバイオティクス製品を使う方が余程平和的かもしれません。

大人の虫歯を減らすのにおすすめはこれ!

体験談はこちらで詳しくまとめています!
ブリアン大人用を使使ってみた※画像あり※ブリアン歯磨き粉大人用使ってみたリアルな感想とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です