ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

そこのあなた!虫歯が遺伝なのか気にるならこれだけは絶対読んどけ!

虫歯 遺伝

お父さん・お母さんから虫歯になりやすいお家の場合、子どもに遺伝しないかどうかとても不安になりますよね。

特にお母さんに虫歯があると、胎児の頃にも早産の原因となるなど決していいことはありません。

子どもの虫歯のなりやすさは親から遺伝するとも聞きますし、子どもにはできるだけ、歯に関する苦労はさせたくないはずです。

歯の治療は痛いですしお金もかかります。歯がキレイなだけで人間の第一印象だって格段に上がりますよね。

子どものことを大切に思うからこそ一所懸命歯磨きさせることや、虫歯の予防に励んでいることでしょう。

だからこそ気になる虫歯と遺伝との関係、その原因について調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

虫歯になりやすいのは本当に遺伝?

虫歯は本当に遺伝?

家族でも虫歯のなりやすさには違いがあります。

  • 毎日歯磨きを欠かさないのに虫歯になりやすく歯医者に通う父もいれば
  • 毎日歯磨きを欠かさず手入れをしていますが部分入れ歯の母
  • 兄弟でも歯に無頓着で意識して仕上げ磨きをしなかったのに虫歯が1本無い兄
  • 毎日気を付けてフッ素やキシリトールでケアしたのに虫歯だらけの妹

このように、ご家族の中でも口の中の環境は様々です。

確かにみんな家族といえども違う人間ですが、遺伝で虫歯のなりやすさが決まるのだとしたら、こんなに差があるのはおかしいと思いませんか?

手入れをしていない人は虫歯が少なくて、逆に手入れをしっかりとしているつもりの人が虫歯で歯医者に通っている…。

そもそも歯は本当に「遺伝」で決まるのでしょうか。

虫歯の要因は遺伝だけじゃない!

虫歯になってしまうのは確かに遺伝的な要因もあるかもしれませんが、それだけではなく他にも虫歯の原因には様々なものがあります。

虫歯は遺伝だけでない

もともとの「歯質」「口腔内の細菌数」「食事」「時間」などの要素が大きく関わっていると考えられています。

そもそも生まれたての赤ちゃんが虫歯だらけだったなんて話を聞いたことはありませんよね。虫歯は基本的には後天的な要因で発症するもの。

歯質に関しては親からの遺伝がおもな理由になるかもしれませんが、生まれた後の環境によって歯質は変えることができます。

子どもの虫歯は生後19ヶ月~生後31ヶ月の間が虫歯菌に感染しやすい時期だとされています。

引用:感染の窓

この時期の子どもの歯はとても不安定で菌が近くにあればすぐに感染してしまいます。その為お父さん・お母さんが子どもの歯に特に注意をしてあげる必要があるのです。

子どもが虫歯にならない為にできること

子どもの虫歯を防ぐためにはどんなことに注意したらいいのでしょうか。

これを知っているだけで大切な家族の歯を守ることに繋がります。

虫歯 遺伝 ジュース

虫歯 遺伝 対策 クッキー
虫歯遺伝 対策 

例えば

  • 子どものお父さん、お母さんの口腔環境を整え虫歯菌を減らすこと
  • 子どもに食べ物の「口移し」「噛み与え」はもちろんのことですが、箸・フォーク・スプーン・コップ・ペットボトル・ストローなどを大人と共有しないこと
  • 哺乳瓶では甘いジュース類は飲ませないこと
  • 食事の間隔が頻繁にならないように間食は控えて3食しっかりと食べること
  • お菓子をダラダラ食べる、飴を舐めるなどを習慣化させないこと
  • 歯磨きの正しい方法を身に付ける為にながら磨きは絶対に禁止
  • 就寝前の食事の習慣を禁止!寝ている間は唾液の分泌量が少なくなるので口腔内の細菌が繁殖しやすくなってしまいます
  • 子どものうちから柔らかいもばかりではなく硬いものも食べるようにする
  • 歯並びが虫歯の原因となることもあるので歯医者に相談して定期検診を受ける

など、子どもが成長していく過程で虫歯の原因となるものを減らしてあげることが大切なのです。

虫歯遺伝 3歳 虫歯になりにくくなる

子どもが3歳前後になるまでに虫歯菌をうつすことなく成長できれば生涯「虫歯になりにくく」なるといわれています。

多くの人はもともと口腔内に虫歯菌を持っていますがその数が少ない為、発症しないだけの可能性もあります。

その為、お父さん・お母さんに虫歯がなし人でも唾液が付着するような子どもへの愛情のコミュニケーションは控えたほうが安心です。

虫歯の原因となるミュータンス菌は誰でも持っている可能性があるのです。

因みに大人になってからは虫歯に感染しにくいといわれているのは、一度菌を口腔内に持っていると相手が虫歯のひどい人でも移りにくくなることが関係しています。

まとめ

だからといって、虫歯菌をうつさないことばかりに気を取られていては、本末転倒です。

虫歯 遺伝 コミュニケーション

子どもの成長を考える時に何よりも大切にしなければならないのは、子どもとの絆やコミュニケーションなど一緒に生活をする上で常に愛情を注ぎ続けるということ。

虫歯菌をうつさないよりも虫歯菌を増やさないことや、虫歯菌が活発にならないことを考えて行動するべきです。

子どもの歯を守れるのはお父さん・お母さんだけなのです。

当サイトではブリアンという歯磨き粉を実際に購入し使っている体験談もまとめています。子供用ブリアン大人用ブリアンあるので合わせて参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です