虫歯菌も乳酸菌、知っておきたい虫歯菌のこと

虫歯菌は乳酸や蟻酸といった強酸を産生する菌として知られていますが、これは腸内細菌であるビフィズス菌等と似た性質であると言えます。

私達の身体を整える腸内善玉菌と似ているのに虫歯の原因菌となってしまう訳ですが、虫歯菌というのはそもそもどういった性質を持った菌なのでしょうか。

最も有名な虫歯菌はStreptococcus mutans

ミュータンス菌と呼ばれるこの菌は虫歯に関わる菌として最も有名なのではないでしょうか。

この菌の特徴は特に酸性環境を好み、私達が普段食べている食物から糖質を分解して強酸を作り出すというものです。

歯の表面はとても硬く化学的にも安定した物質なのですが酸には弱い為に溶け出してしまうのです。

こうした酸を作り出す理由は歯を溶かす為ではなく酸性環境での繁殖がしやすいからであり、歯にばかり乳酸や蟻酸を出しているのは歯の表層に付着しているプラークが原因となっています。

良くプラークコントロール等と聞きますが、プラークとは一体どういうものなのでしょうか。

歯の表層に付着するプラーク

歯の表層は実は細菌が付着しにくい組成となっており、歯磨き直後の歯には虫歯菌が殆ど居ない状態になります。

プラークは日本語で書くと歯の垢となりますが、唾液などが歯を包み込んだ所へ細菌や食物残渣が溜まり、寄り添って歯にくっつくような状態となります。

細菌にとって食物残渣はご飯、環境を整える為の大事な材料となるため歯の隙間等に入り込んだ食べかす等を求めて歯の付近に集まる事になります。

こうしてプラークが形成されるのですが、これが長期に渡り除去されず酸性物質、食物残渣がが固形化したものを歯石と呼びますが、その間にバイオフィルムと呼ばれる変化を及ぼしますが、この状態では洗口液などでは除去が不可能となります。

歯石やバイオフィルムは細菌にとってとても住みやすい場所となっているため、バイオフィルム・歯石をまず除去しなければどんなオーラルケアも効果が薄くなってしまいます。

虫歯に関わる菌はミュータンス菌だけではない

虫歯の主犯格と呼ばれるミュータンス菌は確かに原因菌として第一に考えられる菌ではありますが、歯を溶かすだけなので人体に悪影響は殆ど及ぼしません。

虫歯の表層のみを溶かしている虫歯であればミュータンス菌だけが対象になりますが沁みてきたり、痛みを伴う虫歯は違った菌も密接に関係しています。

虫歯を拡大しているのは基本的にLactobacillus菌だと言われていますがmutans菌と基本的には同じ働きをするのですが歯面への付着能が低いことや、既に大きくなってきている虫歯の所から多く検出される為、ミュータンス菌が溶かした歯の表面に入り込み、Lactobacillus菌が内部侵食として溶かしていると考えられています。

こうした虫歯菌と向き合うためには

虫歯菌の繁殖を抑える、酸を出させない、歯に付着させない、というのは全て歯磨きが日頃のメインになります。

習慣付いた歯磨きによって細菌の繁殖や付着を抑えていけば殆どの方々は虫歯リスクが低いものになると言われていますが中には体質や口内環境の問題で虫歯になりやすい状態の人もいます。
例えば口内環境の面で言えば虫歯関連菌が通常の人よりも多くの比率で検出できる為、歯磨きをしても一定数までまた戻ってくる為虫歯リスクの高い状態が継続しているという人や、唾液の分泌量が少ない為に洗い流される事が少ない人、唾液の酸性度が高いせいで虫歯菌が活発的に活動している人などが挙げられます。

こうした虫歯リスクの高い人は日頃の口腔ケアに加えて対策が必要になってくる事もあるでしょう。

口内細菌の分布は幼少期に決定する

大人になってからも虫歯リスクに悩まされている人は自身の子供にまで悩みが伝播してしまうのを防ごうとしますが、基本的に1歳~2歳の間に虫歯菌の少ない口内環境が維持できればその後の人生で大きな細菌分布の変化はないと言われています。

従って近年新生児の育成において口移しを避けること、食器の成人と赤子用を共通にしないこと等を指導されるご両親が多く、予防歯科という観点では非常に感心の高いのがプロバイオティクスの考え方となっています。

口腔細菌学において口腔善玉菌の存在は検証されてきていましたが、実際に使用できるレベルになってきたのが近年なのです。

虫歯菌との付き合い方は人それぞれ

虫歯リスクは良くも悪くも個人差がありますが遺伝性なのは歯の厚さが薄い厚い、くらいでその他の物は殆どが後天性のものになります。

昔はお母さんが食物を噛み砕いて赤子に食べさせていましたが今ではそのような風景を見ることは殆どありません。

これは、虫歯が感染症であるという考え方が周知されてきた証拠なのです。

まとめ

大人になっても細菌の共有をしたくない、という事でキスを避ける傾向が認められているそうです。

しかしながら、大事なのは幼少期であり体質として細菌の分布が決定しているのであれば余り意味の無いものだと思います。

こうした口腔細菌の分布を改善する為にかかる日数は成人の場合乳幼児の比ではありませんが努力することで改善する事は出来る為、そうした商品へ着目している人が増えているようです。

国内で口内細菌に着目し人気を博しているのがブリアン歯磨き粉です。毎日継続することで改善することできそうです。大人はブリアン大人用を使うのがおすすめです。

ブリアン歯磨き粉に大人用発売 ブリアン歯磨き粉に大人用が発売!子供用との違いをチェック ブリアン歯磨き粉大人用 非公開: 大人用ブリアンVS子供用ブリアン ,443

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください