ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

虫歯になりやすい乳歯、その原因と対処法はやはり口腔ケアがメイン!

乳児の虫歯、乳歯の虫歯は何故なりやすいのでしょうか?
気付かない内に虫歯になってしまった、ケアをしていたのに虫歯が出来てしまった…

乳歯の場合はこうしたお悩みをお持ちの方が多いかと思います。

正しい知識として永久歯(大人の歯)と乳歯の違いを先に把握していきましょう、大きな違いとして歯冠部分であるエナメル質が薄く、厚さは永久歯に比べて1/2程度しかありません。

また未成熟な部分が多く密度が粗い為、物理的にも化学的にも永久歯よりも脆い性質を持っていると言えます。

生活環境の中で虫歯要因となることもきっちりと押さえていきましょう。

どうしても防げない虫歯も存在する

どんなに気をつけていても虫歯になることはあります、お口の中に物理的な衝撃を受けそこから目視できない程のヒビが入ってしまい、細菌が虫歯として広げていく。

こうした「どうしても防げない虫歯」も存在する事も知っておいて下さい。

そして乳幼児の場合「母乳」から栄養を得ているお子様も多いものと思われます。

大体生後19ヶ月~31ヶ月の間を「感染の窓」といいミュータンス菌の感染しやすい時期がありこの時期まで授乳をされているお母さんもいるかと思います。

母乳には虫歯になりやすい糖質も含まれている為、むし歯菌が酸を出しやすい状態になることもありえます、しかしながらこれを懸念して断乳を促すのではなくご家庭で断乳、もしくは卒乳時期を決めておくことが良いかと思います。

一生涯の内、子供と寄り添える時期はそう多くありません。

精神学的にも断乳時期が遅ければ遅いほど精神的に成熟しやすいと言われています。

十分に甘えて育った子程自立心が強くなるので、現在では自然卒乳の考え方が強まっているのではないでしょうか。

従って母乳との付き合い方は「正しい口腔ケア」を施す事で解消するのが最も効果的です。

プロバイオティクス製品としてのブリアン等はその口腔ケアで残ってしまったリスクを軽減しているに過ぎません。

乳歯の虫歯予防の方法は?

歯科医院の予防方法としてはシーラント、フッ化物の塗布が一般的でこれによる予防効果はかなり高いものになります。

シーラントとは歯の表面にある溝へ菌が繁殖しないように不可侵な物質で埋めてしまうという方法になります、小窩裂溝封鎖材にはフッ素等も含有し、面している歯面を直接強化する働きもあり、保険適用が可能な為多くのご家庭で実施しているかと思います。

こうした十分な対処と口腔ケアが施されている上で生涯に渡って健康な口腔内でいさせてあげたいと願う方へプロバイオティクス製品が適切になるのです。

決して予防製品だけで虫歯を防ごうと思うのではなく兼用していくことによって予防率を上げていくという考え方を忘れずにいて欲しいと思います。

過度なブラッシングは逆効果になり得る

乳歯はエナメル質が永久歯に比べ不完全で物理的な研磨にも余り抵抗力がありません、従ってせっかく生えてきた歯を削り取ってしまうことになります。

どれくらいの力を入れてブラッシングするのが適切になるのでしょうか。

永久歯に対する圧力のかけ方ですら歯ブラシの毛先がほんのすこし折れ曲がるくらいで良いと言われており、乳歯の場合も同じくらいの圧力のかけ方になります

乳歯の生えているお子さんの歯茎は基本的に正常なものなので食べ残しやプラーク除去がメインとなる為、歯面に対して垂直にして輪を描くように動かす方法が良いでしょう。

大体一つの歯に対して20回以上のブラッシングが望ましいです。
習慣付ける事が最も重要なのでここでは痛みを感じさせないよう慎重に行う必要があります。

適切なブラッシングの場合、乳幼児も気持ちのよい感触となるのでそこまで暴れる事は無いでしょう、落ち着きがない場合でも極力何かをさせながらのブラッシングではなく歯磨きの時間というものに慣れさせておくことで習慣付くかと思います。

乳歯は永久歯の進む道標となる

乳歯の根っこは生え変わりの時期に永久歯の進む道標となっています。永久歯の歯冠部分が歯根を吸収しながら進み、結果として乳歯が抜ける頃には殆ど歯根が確認出来ない状態になったり、物理的に押されて抜けたけれど歯根がとても小さかった等という事になります。

極稀に乳歯の歯根吸収不全という現象が起きてしまう事がありますがこれは歯根を分解する破骨細胞という細胞が働かなかった為に起きる現象で乳歯の後ろ側等に出てきてしまう事になりますこうした場合は一刻も早い乳歯の抜歯が必要となり、永久歯が正しい位置に来るように調整する処置が必要となります。

まとめ

乳歯の虫歯は今後を左右するもので、生え変わるからといっておろそかにして良い事ではありません、虫歯により乳歯を抜いてしまっている所に生えてくる歯は通常よりもエナメル質が薄くなってしまう事もあります

そして何よりも幼児期のブラッシング習慣は一生の習慣となりやすく、きちんと習慣付けをしておきましょう、その為の補助としてのプロバイオティクス製品を検討中の方へは適切な商品がブリアン歯磨き粉になるかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です