ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

【朗報】虫歯にならないチョコとは?チョコ3大間違いと真実の効果とは

虫歯にならないチョコレート

チョコレートは虫歯になるから、子供には食べさせていない!っていう方も多いのでは。

うんうん。わかります。

「虫歯にならないチョコレート」と言われる、チョコレートを食べて虫歯予防できるとママ友の間もで話題です。

女性なら誰しも、
「グサッ!」とくぎ付けになるチョコレートの素敵な効果と合わせ、虫歯にならないチョコレートの選び方や食べ方お薦めの虫歯にならないチョコも比較しまとめました。

虫歯にならないチョコレートとは

虫歯にならないチョコレートとは、キシリトール100%配合したチョコレートのこと。

歯科医が開発したチョコということで、チョコレートの概念が大きく変わってきています。安心して食べさせられるっていうのは嬉しいですね!

虫歯の原因となるのが糖分。この糖分が入っていなので虫歯にならない!というワケ。

虫歯にならないチョコレートはこちら

チョコを食べると・・・と敬遠していたら是非続きもよんでください。

チョコレートの3大間違いって?

虫歯にならない?3大要因

チョコレートにドシっとついて回るのが、この3大要因

  1. 虫歯
  2. 太る
  3. ニキビ

チョコと聞くと敬遠したくなる内容ですよね(汗)

ですがチョコレートは選び方や食べ方さえ間違えなければ、どんなダイエット食品や美容サプリよりも高性能食品になりそうです。

実は虫歯予防以外にもときめく効果があったんです!

チョコレートが心ときめく5つの効果とは

虫歯以外のときめく効果

チョコレートには5つの心が「ときめく」ような効果があることがわかりました!

注意
ホワイトチョコレートにはカカオマス=ポリフェノールが含まれていません。
  1. ダイエットにいいらしい
  2. エイジングケアにもなるらしい
  3. 整腸作用があるらしい
  4. 抗菌作用(虫歯予防)があるらしい
  5. 疲労回復効果があるらしい

いかがですか?

チョコ食べてこんな効果が得られるなら食べたい!と今すぐ飛びつきたくなる効果!

正しいチョコレートの選び方

カカオ含有量:70%以上

糖分少なめ:ブラックチョコレート

虫歯にならない:キシリトール配合

専門家ではないので語尾を「らしい」にしています。

1.ダイエットにいいらしい

ダイエットに効く

チョコレートはダイエットの仇として見られることが多いですね。それは市販のチョコレートに脂質・砂糖がたっぷり入っているのが要因

本来チョコレートのメイン原料となるカカオ。カカオ豆にはポリフェノールやカフェインが含まれ甘くなく苦いのが特徴だったり。

カカオ豆に含まれる脂肪成分は、体に吸収されにくく脂肪につきにくいのもポイント!

ごはんを食べるよりもズーッとダイエットに効果的なのだそう。どちらにしても食べすぎはダメ。

2.エイジングケアになるらしい

エイジングケア

チョコレートは紀元前までさかのぼり様々な用途に利用されてきたそうです。

その中でカカオ豆に含まれるポリフェノール。

肌老化の原因の一つ「活性酸素」のトラブルを防ぎ、美肌効果に期待が高まっているそう。

シミの原因となる活性酵素の取り除き、肌への影響をやダメージ軽減。

3.整腸作用があるらしい

整腸作用

なんとチョコには整腸作用にいいと言われている食物繊維が豊富だけでなく、カカオプロテインと呼ばれる難消化性の物質が腸内で吸収されることなく行きわたり、腸内フローラを改善に導いてくれるそうです。

結果便秘の改善に期待も。

繊維質の野菜をたくさん食べるの苦手、生野菜は体冷えるという方にも嬉しいですね。

4.抗菌作用があるらしい

抗菌作用

多くの研究を経てチョコのカカオポリフェノール効果に注目が集まっています。その一つがこの抗菌作用。

チョコの主原料となるカカオパウダーには、ウーロン茶や緑茶に含まれる虫歯予防成分「カテキン」が含まれています。カカオパウダーは虫歯菌への抗菌作用、歯垢をできにくくする効果も。

参考 チョコレートの抗菌作用GODIVA

5.疲労回復効果があるらしい

疲労回復効果

19世紀ではすでにヨーロッパ各地で健康に利用されていたカカオ。薬局で販売されていたそうです。

別名:神様の食べ物。

チョコレートにはアルギニンが多く含まれていることが考えられてるそうです。

アルギニンは滋養強壮や疲れに効くといわれており、アルギニンは20種のアミノ酸から形成されており、成長ホルモン、免疫力アップ、疲労回復、生活習慣予防など生活に欠かせない成分。

参考記事のタイトルとURLを入力してください

このようにチョコレートは神様の食べ物と比喩され、薬局で扱われるなどした経緯や効果があることがわかりました。

チョコレートの概念少しずつ変わってきましたよね!

次はチョコレートの食べ方についてまとめました。食べ方一つで虫歯にならない、ダイエット、美容と一度に美味しい効果を取り入れましょう!

虫歯にならない、美容にいいチョコレートの食べ方

チョコレートの効果について書いてきました。選び方の違いでチョコレートは虫歯にならないこと、美容や健康にもいいことがわかってきましたね。

どんな食べ方をすれば、より効果を感じやすくなるんでしょうね?

  1. 時間を決める
  2. 寝る前に食べない
  3. 噛まない(虫歯にならない)

どんなにチョコレートの効果が優れていても、食べすぎはやっぱりダメ。

非常食としても活用されるだけあり、高カロリー、高脂肪というのは間違いありません。

筆者が気になったのが、
虫歯になりにくい食べ方。

噛まないでお口の中で溶かす方法。噛むことで歯の隙間に入りこみコーティングされてしまうのを防ぎ、口の中でゆっくり溶かして食べ満足感も倍増するんだとか。

ここまでしなきゃダメかなw

虫歯にならない、美容にもいいとなればキシリトール100%配合チョコなんてどうでしょう?

お薦めチョコレート

虫歯にならないチョコーレート、ブラックチョコレートをいくつかまとめました。

虫歯にならないチョコレート

歯医者さんが開発しているキシリトール100%チョコレート!

甘味料にキシリトールを配合し、虫歯菌の繁殖や歯垢の発生が防ぐことが認められています。

頻繁に食べたい大人の方から、お子様まで幅広く活用できる歯科医院専売チョコ※楽天やAmazonで購入できるのでご安心を。

歯医者さんが作ったチョコレート2週間お試し用

歯医者さんが作ったチョコレート

歯医者さんが作ったデンタルボールチョコ 手塚治虫

歯医者さんが作ったチョコレート チョコ玉

歯医者さんが作ったカテキン抹茶チョコ

歯医者さんからのリカルチョコ

まとめ

虫歯にならないチョコレートというタイトルでまとめましたが、虫歯以外にも目がキラキラする効果がたくさんありました。

ぜひお子様と一緒に楽しいひと時を「虫歯にならないチョコレート」で作ってみませんか?

何度もいいますが、ホワイトチョコレートにはポリフェノールが含まれるカカオマスが含まれていません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です