ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

それマジ!愛猫の健康に乳酸菌?健康を保つ秘訣とポイントは?

猫乳酸菌サプリ

あなたのご家庭では、犬や猫など家族の一員として暮らしていますか?

人にも免疫力アップや、アレルギーにいいと健康サポートの役割を担っている乳酸菌。

私たちも普段から乳酸菌を摂取して、健康管理を怠らない方も多いのでは。

今回は猫の健康を保つ秘訣乳酸菌について、得られるメリットや知っておきたい危険について調べてまとめました。

愛猫ちゃんの健康が気になっている方の参考になれば嬉しいです!

猫の死亡原因「腎不全」となる歯周病予防

筆者宅では、シンガプーラという猫と一緒に生活しています。Instagramで掲載しているので、猫好きでしたら一度ご覧ください。

歯茎から血がでている愛猫の姿を見て「ハッ」としました。猫の死亡原因で癌に次いで多い腎不全。その腎不全対策にもつながる歯周病対策ということをご存じだったでしょうか。

筆者は知りませんでした・・・。

猫の歯周病対策が腎不全予防になるワケ

腎不全は腎臓の活動が弱くなり、排泄がスムーズにいかず体の中に毒素がたまってしまう悪循環を招くんです。

MEMO
できるだけ毒素を多く出すため、水分を多く摂取することが推奨されています。

猫は口内トラブルを抱えやすいことでも知られており、痛みがあると見られたくないし嫌がることも多いですね。

猫がお口のトラブルで招く症状

お口の中にトラブルを抱えると、水やごはんも食べられず脱水症状と体力低下を招きます。

脱水の症状が現れるということは、唾液も少なくなりお口の環境が悪化。口内炎や歯肉炎などトラブルを多く抱えやすい状態。

口が痛く

水飲めない、ご飯食べられない

脱水症状悪化、体力の低下

おしっこがでない、唾液の減少

腎臓に負担増、口内トラブル悪化

このような悪のスパイラルが形成されてしまうんです!

免疫力アップするには猫にも乳酸菌がいい?

猫も人と同じように腸内細菌を整えることで、免疫力がアップが見込めるようです。

最近筆者も、
アレルギーやら花粉症で免疫アップを図りたいと画策中。

体験中:リフレクト乳酸菌(日清食品)体験談はこちら

次は、猫も人と同じような効果が期待できるのか、どのようなメリットがあるのか調べました。

猫が乳酸菌で得られる健康のメリット

猫も人と同じように口内と腸内に乳酸菌が確認できるそうです。善玉菌と悪玉菌がありバランスを保ち維持することで健康にも影響があるとされています。

もちろん人と同じように猫も加齢とともに、善玉菌は減り続け悪玉菌が増えてしまう。善玉菌を増やすことで多くの対策が講じることにも。

  1. 口臭、歯周病対策
  2. 免疫力対策
  3. アレルギー対策
  4. 口内炎対策
  5. 腎不全対策
  6. 下痢・便秘対策

1.口臭、歯周病対策

歯周病は日本国内でも成人の8割以上が罹患しているといわれている国民病。最近では子供でも歯周病になるんだとか・・・。

同じように知らず知らずの間に、猫の体を蝕んでしまう恐ろしい症状といえます。

痛みや出血から始まり歯が抜ける、骨まで犯してしまう。簡単に歯磨きができればよいのですが、お口の手入れは難しく習慣化できていませんよね。

口内フローラと聞くと腸内と連想しますが、お口の中の善玉菌と悪玉菌のバランスも重要!悪玉菌が増えることで出血した部位から歯周病菌が大きな病気の原因に。愛猫のお口の臭いが気になるときは、善玉菌が少なくなっていることも。

善玉菌を増やし、悪玉菌とのバランスを整える必要があります。

歯科医療でも利用されている、BLIS K12 「ストレプトコッカス・サリバリウスK12」が口内の悪玉菌に効果的。

注目:ラブリービー

2.免疫力対策

腸内で免疫力が整うように、腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが非常に大切だと言われています。そもそも免疫力が高い状態ならば問題ないことも、免疫力が低下することで些細なことも健康に甚大な影響を及ぼす可能性も。

注目:JIN動物用乳酸菌

加齢とともに免疫力は弱まるので、特に対策が必要になります。

3.アレルギー対策

こちらも腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが整っていることで、より強く免疫が働くことが知られています。アレルギーにも効果がある!と考えられる乳酸菌も多く見つかっています。

4.口内炎対策

口内に効果があるといわれる乳酸菌を毎日補うことで、善玉菌と悪玉菌のバランスが整えられ善玉菌>悪玉菌の状態に。結果口内炎や歯周病の予防にもつながるそうです。

5.腎不全対策

直接腎不全に乳酸菌が働くということではなく、腸内で増えた悪玉菌が産生する毒素や健康を害する有害物質を善玉菌を増やすことで少なくし、負担を軽減することでキッカケを防ぐことに期待がもてます。

注目:ネコジーン

6.下痢・便秘対策

悪玉菌が増えている腸内は、蠕動運動(ぜんどう)が鈍く便秘や下痢などの原因に。乳酸菌は常に補うことで善玉菌が多いバランスの取れた状態に。

猫にヨーグルトでもいいの?

もしも乳酸菌を猫が積極的に摂取してくれるのであれば、ヨーグルトでもいいのでは?と考えたのは私だけではないはず!

問題は、市販されているヨーグルトが腸内までしっかり届くのか。ここが焦点。

腸内まで有効となる乳酸菌を届けることを考えると、莫大なヨーグルトが必要だったりするって知っていましたか?

人でも食べるのが大変な量を1日に摂取が必要となり、コスト面がガチで悪いのが真相です(;´・ω・)

猫だから人並みとはいかなくても、まぁ・・・食べられないよねっていう結論。

乳酸菌サプリなら効果的かつコスト面でも折り合いが付きやすいかなって思いました。

猫に乳酸菌サプリにデメリットはないの?

愛猫の免疫力がアップするのは飼い主として、とっても嬉しいことですが、デメリットがあったら嫌ですよね(´;ω;`)

心配な飼い主様が多いと思います。筆者の私も同様です。

猫にも乳酸菌サプリは多く販売されています。水素水がいいとかなんて言われてますけど、人への効果もハッキリしておらずなんとも・・・。判断に悩みますよね。

猫用乳酸菌サプリのデメリットといえる点は、探すことができませんでした。

ペット雑誌への掲載や病院での販売、返金保証サービスがある製品が安心して利用できるのではと思いました。

ちゅ~るのような猫用ペーストタイプの製品は大変食べさせやすく、効果も実感しました。

おすすめ:ネコジーン

乳酸菌サプリは薬ではありません

乳酸菌サプリは、薬とは異なり効果に即効性があるものではありません。

口コミを見ても、効果なし、微妙、わからない。などや効果あり、効いた、改善されたと相反するものを見ることがあります。人と同じように個体差や継続期間の違いなどが現れてしまいます。

自然治癒力や免疫力が高ければって考えたことありませんか?そうならないように毎日補助食品として健康をサポートするものです。

猫ちゃんによって、体質に合ったサプリ、合わないサプリがあるものです。

体調が悪化しているなら、今すぐにでも掛かりつけの病院へ直行して大事にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?愛猫のため調べてみてよかったと感じました。

まだ大きな症状がないものの、加齢とともに心配なことは増えるもの。

「愛猫と1日でも長く一緒にいたい・・・・。」そう思うのが家族。

ポイント
猫も加齢とともに、免疫力が低下し皮膚や被毛にトラブルを起こしやすくなるのだそう。免疫力を高めるには普段から愛猫の体の不調とならないよう予防することが大事。

大切な家族を守るため、乳酸菌が有効なら毎日摂取して予防したい!歯周病の治療は歯を失ったり、猫の体へ負担も大きいんです!

まだ歯磨きやケアができていないなら今すぐ対応したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です