ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

炭酸水、酸性の飲み物を摂取する注意点

炭酸飲料は虫歯の原因、その予防法をお伝えしてきましたが、実は子供だけでなく、大人も気を付けなければなりません。

炭酸はPH値を酸性に

世の中には、美容や健康にいいといわれている炭酸水、そしてお酒の席で飲むビールやワインなどのアルコールの中にも、微量なPH値の酸性成分が含まれています。

つまり普段から口にしているものでも、正しいケアを知らないと虫歯になる危険性は日常的にあるといえます。

炭酸は酸性。過剰摂取は注意が必要!

特にお子様の歯は、乳歯でまだまだ弱く、毎日炭酸飲料を飲み続けるのはよくありません。糖分も含まれているため、きちんとケアをしてあげないとあっという間に虫歯になってしまう危険性はあります。

大人でも毎日、ビールやワイン、お酒を炭酸水割り等、酸性成分を摂取し続けていれば、口内が酸性に浸される時間が増えてしまうため、生え変わらない永久歯が、酸によって溶かされてしまい、そのわずかに溶けた状態で、冷たいものなどを飲むと、知覚過敏という症状に陥ってしまうわけです。

これが身体にはいい炭酸水であっても、寝る前に飲んで健康な身体へと変えるつもりが、歯には少なからずダメージがあるので、適切なケアをしてあげる必要があります。

よくある無糖などのアルコールでも、糖質・糖分が含まれていないお酒も炭酸が入っているものは決して油断してはいけません。

出来るだけ炭酸系の飲み物を口にした後は、すぐに歯磨きできない状態である場合など、最後には水で必ず洗浄してあげるようにすれば、出来る限りの虫歯予防にもなり、虫歯になるリスクを避けることができます。

よくきく虫歯の原因の炭酸飲料の真実

水を使わない歯磨きでケアが一番

世の中に市販されている歯磨き粉でも、最近では水のいらない歯磨き粉というのが発売されていたりします。

水のいらない歯磨き粉を使うか、もしくはうがいが不要のブリアン歯磨き粉などが外出先でも気軽に使えるのでおすすめです。

もしくは少量の重曹(水素ナトリウム)は弱アルカリ性なので、持ち歩いていたり、自宅にあったり、普段から持ち歩いている人がいれば、こちらでうがいするというのも効果が高いです。

何より歯磨きをしてしまうのが、一番手軽といえるかもしれませんね。

まとめ

ここであげた炭酸水は歯のエナメル質を溶かす確率は、限りなく低いそうです。糖入りの清涼飲料に比べて確率を出すのであれば100分の1以下ぐらいなので、大きく心配する必要はありません。

口臭予防や風邪予防の効果もあるといわれているそうですが、満腹感が得られるため、食べ過ぎの抑制になり、ダイエットには良いそうです。

どんなことでも虫歯リスクを避ける。大切なことは何よりも、虫歯にならないためにきちんとしたケアをしてあげることが大事なことです。

虫歯のリスクを下げるにはブリアン歯磨き粉のような口内フローラを整えられる製品を使うのも一つの手です。

有効に使い虫歯リスクを下げたいものですね。

大人には大人用のブリアンをお試しくださいね。効果の実感が違いますよ!
ブリアン大人用を使使ってみた※画像あり※ブリアン歯磨き粉大人用使ってみたリアルな感想とは ブリアン歯磨き粉大人用大人用ブリアンVS子供用ブリアン ブリアン歯磨き粉に大人用発売ブリアン歯磨き粉に大人用が発売!子供用との違いをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です