ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

歯石

歯石とは、プラークという細胞の塊が、唾液に含まれているカルシウムなどのミネラルと結びつく事によって出来てしまう小さな石です。

しっかりと歯磨きを行っているつもりであっても、少しの磨き残しがあるだけで、口内にいくつもの歯石が出来てしまう可能性はあります。

食べ物の残りカスを放置していると、あっという間に口内にプラークが増えてくるので、歯の磨き忘れには特に注意をしてください。

 

特にお子さんは歯茎の隙間など、細かいところまで磨かない事が珍しくありませんので、親御さんが子供の口内を定期的にチェックしなければいけません。

もし歯周ポケットなどに磨き残しがあるようであれば、その部分を心地良く洗う方法を親御さんが教えてあげる必要があります。

 

すでに歯石が出来上がってしまっているようであれば、歯医者で歯のクリーニングを行わなければ、付着した石を取り除けない場合もあるので注意をしてください。

歯石には小さな穴が空いており、その穴に細菌が入り込む事によって菌が繁殖を繰り返し、虫歯や口臭の原因になってしまいます。

しっかりと歯磨きをしていても、その小さな穴にいる細菌まで綺麗にする事は難しいので、定期的に歯をクリーニングしておかなければいけません。

 

 

歯が生え変わっている最中のお子さんは、歯茎の状態も安定していないために、歯周ポケットに細菌が溜まりやすいです。

食べ物の残りカスなども詰まりやすくて、汚れが残っているせいで短期間のうちに歯石が何個も出来上がってしまう事も珍しくありません。

お子さんの口内を親御さんがチェックしてあげなければ、子供は自分自身で歯石の発生に気付けない事も多いです。

 

もし小さな石が増えてきているようであれば、親御さんの手で石を取り除こうとするのではなく、歯科医に任せるようにしてください。

そうしなければ歯茎に傷が付いてしまったり、歯茎の形が大きく変化してしまって、お子さんの歯の見た目が悪くなる場合もあります。

 

歯周ポケットの汚れも落としやすい歯磨き粉を選んで、普段から歯石が作られないような清潔な口内を目指しておく事が重要です。

お子さんが歯ブラシを動かす際に、歯に合わせてブラシの角度を変えるといった工夫が凝らせるように、しっかりと歯磨きの指導を行いましょう。

歯ブラシの先端を歯周ポケットに潜り込ませて、なるべく力を込めないように歯磨きを続ける事を教えるだけでも、歯石が発生する可能性を大きく減らす事ができます。

虫歯を予防するだけでなく、口臭予防の効果もある事をお子さんに教えてあげると、丁寧に口内を磨いてくれるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です