歯が生えてきた!赤ちゃんの正しい歯磨きの方法とは?

赤ちゃんの歯が生えてくると、いつから歯磨きを始めていいか、どうやって磨いたらいいかわからないという声をよく耳にします。磨かなきゃと思っていても、嫌がって泣いている赤ちゃんの口に無理やり手を突っ込んで…となると、なんとなく躊躇してしまいがちですよね。

そこで今回は、「赤ちゃんの歯が生えてきたらどのように歯磨きをしていけばいいのか」についてご紹介します!

赤ちゃんの初めに生えてくる歯は…

赤ちゃん初めて生える歯
赤ちゃんの口の中で最初に生えてくる歯は下の前歯で、生後6か月ごろから。歯が生えてくるムズムズする感じが嫌で、無意識に歯茎を舐めだす子も多いようです。

歯の生え方には個人差があるので、初めの歯が下の前歯でなくても異常なことではありません。

歯磨きをしてみましょう!

赤ちゃん歯磨き
生えかけの歯は非常に小さいので、無理に歯ブラシで磨く必要はありません。

口の中に手を入れられるのに慣れるまでは、見えている部分を清潔なガーゼ、綿棒等で優しくふいてあげましょう。まだ母乳のみの場合はそれほど汚れも付かないので、神経質にふかなくてもOKです。

ティッシュは破れて口の中に残りやすく、飲み込んでしまう可能性があるので避けた方がベター。

回数は、一日朝晩の二回行うのが理想ですが、初めのうちは慣れることを目標に一日一回から始めてみましょう。

赤ちゃんの歯が増えてきたら…

赤ちゃんの歯磨き歯が増えたら
次に生えてくる歯は、上の前歯であることが多いです。

そして離乳食の回数、質も変わってきたころではないでしょうか。

そうするとどうしても歯に汚れが付くようになってきます。

そのころにはガーゼ等ではなく、歯ブラシを用いて歯を磨いてあげましょう。

まだうがいが一人でできないので歯磨き粉は使用する必要はありません。歯ブラシは鉛筆と同じ握り方で、優しい力で磨いてあげましょう。

この時に注意したいのが歯ブラシの向きです。歯ブラシのヘッドを口の奥に突っ込む方向ではなく、歯に対して平行になるように歯ブラシを当ててあげてください。歯茎との境目を磨くのも忘れずに!

赤ちゃんの歯ブラシ選び方

赤ちゃん歯磨き歯ブラシ
ドラックストア等で適応年齢が書いてある歯ブラシを購入しましょう。

ヘッドが小さく柔らかいタイプのものがほとんどです。

先にも述べたように、始めは歯を磨くことに慣れさせるのが目標ですから、かわいらしいデザインでお子さんが興味を持ったものにしてあげるとなお良いです。

汚れが目立ってきたり、毛先が開いてくる頃が交換時期です。

まとめ

子供の歯はいずれ生えかわるからと放置していると、そのうち虫歯にもなりますし、最悪の場合次に生えてくる大人の歯にも影響することがあるのです。

口の中に虫歯菌がたくさんいる環境は、さらなる虫歯を増やしてしまいます。

泣き叫んでいる赤ちゃんに抑えつけてまで無理に歯磨きをする必要はありませんが、小さいころから歯磨きの習慣ができていると、大きくなってきたころに歯磨きを嫌がらなくなります。そのためにも、楽しい雰囲気を心がけて、一緒に歯磨きをしてあげることが大切です。

子どもや赤ちゃんが好むフレーバーの歯磨き粉を用意してみるのも一つの手法です。たとえば、ブリアン歯磨き粉のように赤ちゃんのうがいやすすぎの必要ないもので、味も苺と嫌いな子どもが少ないものです。

できるだけ負担やストレスなく歯磨き習慣を身につけたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください