妊娠中の歯科治療!麻酔が母体や胎児に与える影響は?

妊娠中の虫歯治療!麻酔の胎児の影響は?

妊娠中に虫歯による強い痛みがあったら、あなたはどうしますか?

実は、妊娠中のお口の中というのは、妊娠前に比べてとても虫歯になりやすく、歯肉の腫れに悩む方も多くいらっしゃいます。

中には麻酔が必要になるケースもあり、胎児への影響に不安を感じる方も少なくありません。

今回は、妊娠中の麻酔の影響とお口トラブルが起こる原因についても詳しくまとめました。

是非参考にして頂ければと思います。

妊娠中の歯科治療の危険性は?

麻酔やレントゲン撮影など、妊娠中はできる限り避けた方が良いとされる事柄は数多く存在します。

しかし、急な激痛が起こった場合はそれらを含めた対処が必要になることもあります。

特に歯科治療の緊急処置では、麻酔を使用する可能性は高いので、正しい知識をしっかりともっておきましょう。

  1. 虫歯の治療で行う局所麻酔
  2. 妊娠中の親知らずの抜歯はNG
  3. 炎症が起きている時は麻酔が効きにくい

虫歯の治療で行う局所麻酔

一般的に歯科治療で使用される麻酔は、キシロカインという無痛分娩でも使用されるものであり、過度な投与でなければ母体や胎児への影響は問題ないとされています。

しかし麻酔の効きは部位や体調、主訴の状態によっても変化するものであり、歯科医師との相談のもと慎重に判断しなくてはなりません。

妊娠中の親知らずの抜歯はNG

親知らずは、他の歯よりも頑丈であったり、難しいケースもあるため、麻酔の効きが強くなくてはなりません。

また、抜歯後の歯肉の回復も他の歯に比べて時間がかかる事から、多くの歯科医院が妊娠前の抜歯をオススメしています。

親知らず周辺の歯肉が腫れたり、中途半端な生え方をしている場合は、妊娠中のトラブルが非常に起こりやすいので事前にしっかり対処しておきましょう。

炎症が起きている時は麻酔が効きにくい

適量であれば問題ないとされる麻酔ですが、痛みを感じたときの対処はそうでない時に比べて時間がかかったり、麻酔の効きが悪くなることもあります。

麻酔の量を増やさなくてはならなくなりますので、違和感や異変を感じたらすぐに対処することをオススメ致します。

妊娠中は妊娠前に比べてお口のトラブルが起こりやすい

妊娠する事で起こるホルモンバランスの変化は、食事の好みをはじめ、匂いや体内の免疫力(アレルギーなど)など様々です。

特にお口の中の変化は現れやすいものとされており、代表的なものが歯肉に腫れがみられる歯肉炎です。

では、妊娠中のお口の中が妊娠前に比べてトラブルが多くなってしまう理由とは一体何なのでしょうか?

  1. 唾液の分泌量の低下
  2. つわりによるお手入れ不足
  3. 免疫力の低下
  4. 増加するホルモンを餌にしている菌が存在する

理由その1.唾液の分泌量の低下

ホルモンバランスの変化によって、妊娠中は唾液の分泌量が妊娠前に比べて少なくなります。

唾液内には虫歯菌や歯周病菌と戦う常在菌が存在しており、唾液成分であるカルシウムイオンとリン酸イオン歯は、歯の再石灰化を促す重要な働きをもっています。

唾液の分泌量が低下してしまうと、その分唾液の持つ力が発揮されなくなり、虫歯や歯周病の罹患率が高くなります。

また、乾燥することで汚れが歯の表面につきやすくもなります。

理由その2.つわりによるお手入れ不足

何気なく行っている歯磨きですが、妊娠中(特に妊娠初期)はつわりの影響で歯磨きそのものが難しくなります。

歯ブラシをお口の中で動かすという行為が嘔気を引き起こしてしまうため、歯の噛み合わせ面や前歯だけを軽く磨いて終わってしまうケースは実は珍しくありません。

奥歯を中心に歯の根元の磨き残しが多くみられ、それが原因で歯肉が腫れて歯肉炎となってしまいます。

理由その3.免疫力の低下

妊娠中は免疫寛容といわれる作用が働き、免疫反応が抑制されます。

これは、胎児を体内に長期間居させるために必要な作用ですが、同時に母体の感染症にかかるリスクが高くなります。

理由その4.増加するホルモンを餌にしている菌が存在する

エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの増加は、歯周病菌の増殖に関与しており、実に9割の妊婦さんが歯肉炎を含めた歯周病であることが報告されています。

歯周病にはレベルがあり、歯肉の軽い腫れや出血であればお手入れ方法の改善ですぐに治すことができますが、重度であれば治療が難しい他、早産のリスクを通常の約5倍も高めてしまいます。

これは、妊娠中の喫煙や飲酒よりもはるかに高い数字であることから、妊娠後だけでなく妊娠前からの対策が必要とされています。

歯科治療を受ける最適な時期は“安定期”である

妊婦の歯科治療は、母体の負担や胎児への影響も少ない妊娠5~7か月目の安定期が良いとされています。

妊娠初期の場合は虫歯があったとしてもできるだけ応急処置で済ませ、妊娠後期は母体への負担が増すので妊娠後に延期するやり方が一般的です。

しかしケースによっては緊急処置が必要なこともありますので、辛いときは我慢せずに歯科医師に相談しましょう。その際、体調や症状などはできるだけ詳しく伝えるようにしてください。

まとめ

いかがでしょうか?

妊娠中の歯科治療はけして出来ないわけではありません。

麻酔の量やレントゲン撮影など、適切なやり方であれば特に問題はないとされていますので、虫歯や歯肉の腫れ等で辛い思いをしている方は早めに歯科医院で診てもらうようにしましょう。

また、身体への影響の不安があって落ち着かない場合は、必ず治療前にその気持ちを伝えるようにしてください。

しっかりと相談して納得した上で治療をする方が、精神的にもプラスに働きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください