ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

乳歯外傷とは

環境の変化にともない、乳歯外傷が増えています。昔のように家の中が畳なら、転んで歯を打っても大したことはなかったです。
今は家の中がフローリングです。
さらに物がいっぱい置いてあります。
これらのため、ちょっと転んだだけでも、前歯が欠けたりしてしまうことが増えました。

乳歯外傷とは?

乳歯外傷とは何か説明していきます。小さい頃は転びやすいです。
転んだ際、とっさに手をつけないことが多いです。

このために前歯を打ってしまうのです。

乳歯外傷の発生率は2割ほどにもなります。

乳歯外傷が増える年齢

1歳~3歳の頃に生じやすいです。

歯が周囲の骨から外れてしまう完全脱臼、脱臼の一歩手前で、歯が周囲の骨から完全には外れていないものの、グラグラしている亜脱臼、歯を打った衝撃によって、歯が動いて別の場所に移動してしまう転位、また歯の一部、もしくは全部が骨の中にめり込んでしまう陥入などが乳歯外傷の症状です。

さらに歯を打った衝撃にともない歯が飛び出てしまう挺出もあります。

歯を打った衝撃で、上の部分が折れてしまう歯冠破折、根っこの部分が折れてしまう歯根破折もあります。

また歯を支えている周囲の骨が折れてしまうこともあるでしょう。

唇や頬などを傷付けてしてしまうこともあるでしょう。

箸や筆記用具などを持っていて、喉を傷付けてしまうこともあるでしょう。

乳歯外傷で起こす症状

乳歯外傷は歯を打つことによって、歯の神経が死んでしまったり、血管が切れてしまったりして、歯の色が変わってしまう変色もあります。

最も多い症状は亜脱臼になります。

亜脱臼の大抵の場合は経過観察です。そのうち収まることが多いです。

陥入については軽度の場合なら歯がまた生えてくることが多いです。

挺出については抜歯をする必要があります。

それから負担がかからないように元の位置に戻します。

歯が欠けてしまった場合に関しては、少し欠けただけなら経過観察です。

神経が見えるほど大きく欠けていれば歯の根っこの治療が必要になります。

変色に関しては経過観察となることも多いです。

まとめ

乳歯外傷は軽微の場合はほとんどが経過観察となります。その際の歯磨きもしっかりとしておきたいところですが、痛い思いをした後ではなかなかうまくいかないこともあると思います。

親としては見ていても痛々しいく変わってあげたい気持ちも出てきますが、どうしても歯ブラシをお口に入れるのが難しい時はブリアン歯磨き粉のようなお口の環境を整える製品をお試しいただいてはいかがでしょうか。

ブラッシングができないので効果がどこまであるか分かりませんが、善玉菌をお口の中に届け虫歯菌の活動鈍くすることも期待できます。ブリアン歯磨き粉を食事の後にお口に含むだけでよいので歯磨きを嫌がってもできるかもしれません。マウスウォッシュという方法もあるのでムリがない方法を選びたいものですね。

本来はブラッシングで汚れを落とすという方法が良いのですが、お口に届けてあげるだけでも全く何もしないよりも良いものと考えます。

毎日使うことで口内フローラを整えお口の環境が良くなることで虫歯菌の活動を制限し、虫歯になりにくいお口にすることにも期待が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です