ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

プロバイオティクスによる口内環境の変化

プロバイオティクスとは、細菌の分布によって体質改善を測る事の総称で有名なものでは腸内細菌であるビフィズス菌等があります。
そもそもこの考え方は2000年以降多岐にわたる抗生物質の発明により発生した多剤耐性菌を発生させないためにも共生する事が良いのではないかという提言から発祥しており、現在では医学の場以外でも取り上げられる事が多いものです。

日本人とプロバイオティクス

実は日本人というのは先進国の中では昔からプロバイオティクス製品を好んで食している為、そこまで拒否反応を示す人が少ない人種だと言えます。

ぬか漬けや味噌、納豆などは酸に強い細菌を利用した製品であり腸まで届くことから整腸の為に食していた人もいるかもしれません。

こうした背景から口内環境を細菌の力を借りて整える事はそこまで嫌悪感のある人は少ないのではないでしょうか

口の中には歯周病菌や虫歯菌を始めとした菌が3000種類以上いると言われており、悪さをする細菌への対抗手段を持つという考え方は口腔細菌学で提唱されていましたが、実際に虫歯菌への繁殖抑制が出来る菌株が中々発見出来なかったのです。

口内環境の改善とプロバイオティクス

口内環境をより良い状態にする、というのはどういった事に気をつけるべきなのでしょうか虫歯リスクや歯周病リスクの原因となる菌株の繁殖を抑える事や唾液の持つpHを高めること等が虫歯リスクの軽減に繋がります。

その為、口内環境を整える一つの手段がプロバイオティクスとなりますがこれだけでは万全な環境であるとは言えません

しかしながら多くの細菌が口腔内に常在している反面、BLIS菌を保有する人々の虫歯リスクは低い実証データがあるため、口の環境に対しての意識が高い人からは注目を浴びている菌があります。

それがStreptcoccus SalivariusM18やK12というものになります。

一生涯虫歯にならない体づくりというのは歯磨きやメンテナンスが欠かせない物だと思いますが、それだけでも不十分な為こうした新たな試みが期待されているのです。

細菌の分布叢をコントロールする

細菌叢は文字通り細菌の生育する割合や総数を指しますが、これのコントロールは目視出来ない事や調べるのが困難な事から中々注視されてこなかった分野ですが、腸内善玉菌等の普及により口腔細菌にも善玉菌がいるという研究が進められました。

その結果、まだ全体像をコントロールするには至っていませんが虫歯菌であるstreptococcus mutansの増殖抑制物質を出す菌株が見つかると共にこれから広く普及していくだろうという分野として注目されています。

口腔細菌は身体に害を成す可能性のある菌株の多いので早急に研究が進められることが私たちにとっては望ましいのですが、実際に口腔細菌全てのコントロールが出来るようになるまでには20年以上はかかる見込みです

口腔細菌でコントロールしていきたい菌群を抑える

まだまだコントロール出来るレベルではないのですが、これからの医療の進歩によってコントロールしていく事が出来れば予防歯科の未来は明るい、という菌群をご紹介します。

第一に挙げられるのは歯周病菌であるグラム陰性嫌気性桿菌です。

実は歯周病に関わっているのではないかと言われている菌は300種類以上であり、偏にこの菌が悪いということが未だに出来ていません

しかしながら主犯格であるとされている菌は分かっているのが現状でA.a菌(Actinobacilus actinomycetemocomitans)、P.g菌(Porphyromonas gingivalis)、P.i菌(Prevotella intemedia)、B.f菌(Bacteroides forsythus)、T.d菌(Treponema denticola)の5種類です。最低限これらの対抗菌が見つかることで歯周病などのリスクも下げることが出来れば良いと思われます。

実は歯周病は成人した方の抜歯理由ではダントツの一位です、歯の周りの病気という意味ですが実際に羽が抜けてしまう原因としては歯茎の退縮や顎骨の減少等があり、とても怖い病気なのです。

そして全身に症状が及ぶ菌としては黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎原因菌、カンジダ等の真菌もあり、考えてみるととても怖い菌が生育されている場所なのです。

但しこれらの菌は殆どが人体に普段から影響を与えるものではなく健康体であれば問題を起こさない菌でもあるので新しい菌が入り込んできてもシャットアウトしてくれる免疫機構の一環も担っています。

そう考えると極端に菌を減らす事は実は免疫低下に繋がる危険性にもなるのです。

プロバイオティクス以外の簡単な解決法もある

腸内と違い手の届く範囲での事になるので「適切な歯磨き」がそのまま解決策にもなりますというのも航空細菌の数を最も減少させる簡易的な方法は歯磨きなのです

ただ、一回の歯磨きによる効果は実はそこまで高いものではなく、細菌数を20%まで減少させた所で元の98%まで戻るのにかかる時間は3時間程度です。

しかし2%減少していますよね、こうしたちょっとした減少量を継続させることで健康的な口腔内を維持するのが衛生学的な考え方です。

これに手助けをするために虫歯菌の抑制成分を出す菌を取り入れて共生する、というのは理に適っている物だと考えられます

口内プロバイオティクスに注目して販売されている歯磨き粉というのはまだまだ少なく、メディアやテレビでも話題になっているのがブリアン歯磨き粉です。

国内ではプロバイオティクスに趣を置いた歯磨き粉というのものはありません。

その点から考えるとブリアン歯磨き粉は先駆者的な位置づけにもなるものです。

数年後には、ブリアンのようなプロバイオティクス製品が国内にもあふれるのかもしれません。健康的な模索方法かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です