ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

ノンシュガーは本当に砂糖が入っていない?

ノンシュガー食品、製品は多く見かけますがこれらには砂糖が本当に入っていないのでしょうか?。
でも、確かに甘みを感じるという方は大勢いらっしゃるかと思います。
ノンシュガー製品にはショ糖(砂糖)は使われていないのですがなぜ甘く感じるのでしょうか?

それには糖という分類以外にもいくつかの甘味料が使われているケースがあるのでご紹介します。

近年オリゴ糖が流行りになっています

ダイエットや虫歯予防の面で糖の中でもオリゴ糖が着目されています。虫歯菌が分解しづらく、ショ糖よりも軽い甘み、そして太りにくいという点で女性のみならず多くの方からオリゴ糖が好まれています。

オリゴ糖は歯科医院でも推奨しているところが多く、虫歯予防の面で大いに期待されている物になりますが、ショ糖に比べると若干甘みが弱いので物足りなく感じる方もいらっしゃるようです。

オリゴ糖は幾つかの分類がありますがその中でもグルコオリゴ糖が多く使われている製品が多いため聞いた事がある方も多いのではないでしょうか

合成甘味料を含有している食品も多い

あまり良い印象を持たれない合成甘味料が多いのですがその費用対効果は絶大で、虫歯になる要素がなく甘みはショ糖の200倍以上です。
天然成分ではないので化学合成することになるのですが、人体にも影響がなく希釈することで適切な甘みを作り出す事が出来ます。
身体に悪いと言われるコーラ等にも含有されていますが、そもそも合成甘味料はショ糖などに比べると殆ど人体への影響がありません

しかしながら合成甘味料というだけで合成品でありあまり良い印象を持たない方が多いのが現状です

ノンシュガー製品の主役はキシリトール?

キシリトール含有の食品は非常に多く発売されていますが甘みを感じるレベルがショ糖に限りなく近く、また虫歯菌が酸を作るものでもなく非常に口腔環境を良くするために活用されています。

これは糖アルコールと呼ばれるもので、どちらかといえば油に近い成分になります。

人間は口の中にある味蕾という器官で味を感じるのですが、舌等に多くある器官で甘みを感じる部分は舌の中心付近が最も強くなります。
キシリトールは味蕾を刺激しますが、実際の糖類の様な虫歯菌に分解されるものではなく、虫歯対策と肥満等に効果があると期待されています。

白米は分解すると糖になる?

よく噛んだ白米は甘い、というのは分解されるとブドウ糖になる為ですがこれは虫歯菌が分解する材料となるものです。

日本人の主食は白米になるので、糖質制限だけでは虫歯になりづらいわけではありません。
果物などに含まれる果糖等も立派な糖分になります。従ってノンシュガー製品だけでは虫歯予防が万全であるとは言えず、日頃のブラッシングや洗口などが大事になってきます

ノンシュガー製品を選ぶのも大事ですが、基礎的な事も抑えていきましょう。

正しいブラッシング方法を知る

歯面清掃としてのブラッシングも大事ですが食べ残しを取るためのブラッシングも抑えておきましょう

歯面清掃は基本的に90度の角度でするものになりますが、歯に対して45度の角度でブラッシングすることで、歯茎の間に入り込んだ食物残渣などを取り除く事が出来ます。

また圧力は50g程度と言われており、殆ど力は必要ないのですが一つの歯に対して20回回ほど動かす事が適切と言われています。

中々時間がかかってしまうのですが、時間がある時にはなるべく慣れさせていきましょう。

そもそもノンシュガー製品が流行った理由

日本は先進国の中では虫歯罹患率が非常に高い国だと言われています。

国を挙げての虫歯予防推進が8020運動等の模範となり進められていく中で着目された物質がキシリトールや合成甘味料といったものになりました。日本国内での予防歯科はまだまだ不完全な点が多いのですが、一人一人の意識が高まっているのが現状で、食品メーカーもそれに合わせて変化しています。

高度成長期、日本は駄菓子等の安価で糖分の多い物を摂る機会が多かったのですが教育的な家庭が増え現在では制限されている子供も多く意識が高い状態です。
大人でも虫歯に悩む人は多くなるべく当分の入っていないものを摂ろうとする方が増え続けています。

ノンシュガー製品には本当に砂糖やショ糖は含まれていません

それでも甘く感じるのは代替品としての甘味料が虫歯などの原因にならない、なりづらい物質に代わっているからであり、心配する必要はありません。
オリゴ糖への関心は現在歯科医院等でも勧められている事から注目されており、一般のご家庭でも使用度が高くなっています。

まとめ

果糖、ブドウ糖というのは殆ど肥満以外では摂取制限がされていない糖類となるので制限をするよりも正しいブラッシングや洗口等で対策することが望ましいものとされています

虫歯菌に分解されにくい甘味料を使う事で虫歯リスクを下げることは推奨されるものなので是非活用していきましょう。

ブリアン歯磨き粉にも天然甘味料エリスリトール配合です。
虫歯菌が産生する酸の元となる等を作らず、体内への吸収や消化もない天然の甘味料で危険や副作用もないものです。

苺味以外に、
赤ちゃんや子どもたちは甘いものや濃い味を好むのでブリアン歯磨き粉は好かれる理由になるのかもしれません。ブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です