ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

キシリトールガムの効果って?

よくテレビのCMできくことがあるキシリトールガムは虫歯予防にいいって耳にすることはありませんか? 普通のガムと一体何が違うんだろうって…って正直気になりますよね?

キシリトールってつまりなんだろう?という疑問をひも解いていきたいと思います。

普通のガムとキシリトールガムの違いって?

実際、甘いガムを噛んでいると、含まれている甘味料により、虫歯を引き起こしてしまいます。

一方、ロッテなどメーカーから出ているキシリトール入りガムは、樫の木などに含まれているキシラン・ヘミセルロースという成分を原材料にした天然の甘味料なのです。

WHO (日本語名 世界保健機関)からも公式に安全性の非常に高い食品添加物として認められており、日本でもきちんと認可を受けた安全性の高い甘味料といえます。

一般的な甘味料との違い

普通の一般的な甘味料と違い、普通のガムと比べて、カロリーもおおよそ4分の3程度しかないのでこの点も安心して食べることがでいるといえます。

ただ、キシリトールはあまり摂取しすぎると下痢を引き起こしてしまうので、お腹が弱い人は注意が必要です。

キシリトールガムで虫歯が治る?治すことができるの?気になる噂

結論から先にいってしまうと虫歯を治す場合は歯医者さんに行きましょう。

予防効果はあるのですが、治す力はありません。ただ虫歯予防には効果的といえおすすめです。

虫歯菌(ミュータンス菌)が糖類を通常は虫歯酸にして虫歯を引き起こすのですが、キシリトールからは、この酸を作り出すことができず、死滅してしまうのです。

そしてガムという性質上、これを嚙んでいると自然と唾液が出るのもみなさんも感じると思いますが、この効果が非常に虫歯予防には良い方向に働きます。

酸蝕歯(さんしょくし)と呼ばれる口内が酸性になって起きる症状も、この唾液がうまれることで、未然に防ぐこともできるのが最大のメリットとも言えるでしょう。

酸蝕歯(さんしょくし)は虫歯、歯周病に次ぐ疾患!意識して予防する 酸蝕歯(さんしょくし)の原因は? 寝る前に酸性(PH値に注意)飲料を避ける虫歯予防 よくきく虫歯の原因の炭酸飲料の真実

まとめ

虫歯菌を抑えながら、唾液による洗浄成分で口内が中性に保たれることで、自然治癒力が高まり、初期の虫歯に関しては再石灰化も効率よく働きます。

あくまでも見えない虫歯の再石灰化なので、大きく治療が必要な虫歯に関しては歯医者さんに行くことは絶対に必要なので、ここは勘違いしてはいけません。ガムも噛み方もよく噛むのが何よりも大事です。

よく色々なメーカーの歯磨き粉の口コミで効果がない!と言われていることは過度に糖質をとっていたり、炭酸飲料をがぶ飲みしているのかもしれませんね。こういったケアをきちんとしてあげることで、虫歯予防にもなりますし、ブリアン歯磨き粉の使用も最大限に効果が発揮されるので、ぜひ気を付けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です