ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

よくきく虫歯の原因の炭酸飲料の真実

虫歯にならないためには炭酸飲料を飲まない方がいいの?酸性のフルーツは食べさせていいの?親として心配なことがたくさんあります。適切なケア。虫歯予防法を知っていれば問題はありません。

炭酸飲料と虫歯の関係

炭酸飲料を飲むと歯が溶けるという噂を耳にしたことはないででしょうか?

たしかに炭酸飲料・炭酸ジュース、炭酸水の酸性の成分が溶かすのではないかと子供に与えていても不安になってしまうのは、親であればついつい心配してしまいます(私自身も正直最初はビクビクしてました)

かんきつ系のフルーツなども似た弱酸性の作用があるので、食べすぎると虫歯になってしまうといわれていて、やっぱりあげすぎるのは、良くないのかなと?考えてしまいます。

特にフルーツはテレビのニュースや特番でもとりあげあれている栄養素が豊富に含まれている食べ物といわれているので子供の成長促進には、摂取させたいですよね。

歯を溶かす原因は?

炭酸飲料、柑橘系は、たしかに酸性成分が、歯の表面のエナメル質が溶けてしまい、酸蝕歯(さんしょくし)の原因と言われています。

酸蝕歯(さんしょくし)は、わかりやすい表現でいうと、口の中が酸性になることで、歯の成分が溶けてしまい、よく知覚過敏の原因といわれている症状の一つです。

炭酸飲料に含まれているPHの値によって、異なるので明確にどれが安心して飲める飲み物なのかなど、正直普通に生活している分にはまったくわかりません。

でも、実はそれほど過度に怖がる必要はありません。

怖いように見えてもきちんとした予防法を知っていれば大丈夫!

飲ませるか飲ませないかでいうと、炭酸飲料は飲ませない方がいいとは歯医者さんにも言われると思います。糖分と酸性成分が含まれている飲み物なので。ただそこまで過度に心配する必要はありません。

日常的に頻繁に摂取していたりしなければ、大丈夫というのも歯医者さんがおっしゃっていました。
大事なのは、弱酸性の食べ物や飲み物を含んだ後のケアです。

重曹のような水素ナトリウムなどの弱アルカリ性成分で軽くうがいをする!

というのも良いのですが、出先などで普段から持ち歩いている人は普通はいません。

簡単なケアの一つとしては炭酸飲料を飲んだ後は、水を含んで口内から炭酸成分を落としてあげるのが一番気軽に実践できる方法です。
酸性成分が長時間付着しているといけないので、これを洗い流し、歯に付着させないというのが何より大事なことといえます。

きちんと虫歯予防、予防法を実行していくかがとても重要です。

まとめ

うがいの不要の歯磨き粉なども世の中では市販されていて、我が家では出先でも使えるブリアン歯磨き粉を愛用していて、虫歯予防におすすめです。
苺味なので我が家では大人気で、率先して自ら歯磨きをしてくれるので、手間がかからないのも何よりも助かっています。その名はブリアン歯磨き粉です!効果・体験談を掲載しています。時間がありましたらご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です