乳酸菌歯磨き粉が虫歯、歯周病、口臭予防に効果的なワケとは

乳酸菌歯磨き粉

乳酸菌の効果が歯周病、虫歯、口臭と口内トラブルに効果が絶大と人気が高まっている乳酸菌歯磨き粉。乳酸菌は、古くから食品の保存性や、風味、栄養、健康の理由から活用されています。

口内は、腸内と同様善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在していて、細菌の量自体はほぼ一定です。

善玉菌が増えると悪玉菌が減る 善玉菌>悪玉菌
善玉菌が減ると悪玉菌が増える 悪玉菌>善玉菌

といった具合に変化しますが、日和見菌は変わらないのと?思われますよね。善玉菌が増えないときはおとなしい日和見菌なのですが、悪玉菌が増えると一緒に悪さをしてしまうのだそうです。

学校のクラスにも言えそうですね。いい子ばっかりになると中性的な子もいいこと一緒におとなしくなりますけど、ヤンキーみたいな子が増えると乗っかって一緒に悪乗りするみたいな。

細菌の量は一定です。善玉菌を増やすメリットは、悪玉菌が引き起こす悪さを抑える=日和見菌も悪さしない環境を作ることに有益になります。

乳酸菌歯磨き粉が注目されているのか、お口にどのように効いて虫歯、歯周病、口臭に効果があるのかまとめました。

乳酸菌歯磨き粉に虫歯、歯周病、口臭に期待が高まるワケ

乳酸菌歯磨き粉に期待が高まるわけ

乳酸菌が体に良いことはあなたもご存知ですね。腸内に乳酸菌がいいと聞くとついヨーグルト毎日食べてしまいます♪

実は腸内と同様以上に細菌が多く存在しているのが口です。

悪玉菌が増えると、日和見菌も一緒に悪さをしてしまいます。その結果虫歯になりやかったり、歯周病になりやすい環境が作られてしまうんです。

虫歯や歯周病になりやすくなるということは、口臭や口内トラブルも増える結果に繋がります。

善玉菌を増やすことで悪玉菌を抑えることでお口の健康を整え改善することで虫歯、歯周病、口内トラブルの改善に期待も高まるわけです。

口内環境が整えられる、口の細菌バランス=口内フローラを整えることが長寿秘訣ともいわれるようになってきています。

それほど、口内には細菌が多く存在しているんです。特に口内フローラはNHKでも特集が組まれるほど関心が高まっていますし、乳酸菌を口の中に届けることで口内の細菌叢(さいきんそう)を整える歯磨き粉に注目が集まっています。

しかし、異なる性質や効果で細かく分類されているので自分の目的にあう種類を見つけ根気よく続けるのが乳酸菌の特徴ともいます。

ですが、乳酸菌というと全てが善玉菌と考えられがちですが実際はそうともいえません。

ではどうして、乳酸菌がお口の健康を整えてくれるのか口の代表的なトラブルを元に見ていきましょう。

乳酸菌の虫歯への効果

乳酸菌は実は虫歯菌です(笑)あなたも驚いたんではないですか?

これを知ると乳酸菌が増えると虫歯増えるのでは・・・と恐ろしくなりますが実は違います。そもそも乳酸菌の分類は「属、種、株」で名前が付けられているそうです。出典:乳酸菌ラボ

お口の中の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れると虫歯菌が繁殖しやすい状態です。どういうことかというと、虫歯菌の巣窟であるプラーク。このプラークが蓄積してしまうことで地層のようにプラークが幾層にも重なりあいます。

口内の善玉菌を増やすことで口内に存在する善玉菌でバランスを優位にして虫歯菌を増やさない、付着しにくい環境づくりが可能となります。

乳酸菌の歯周病への効果

歯周病は、国民病ともいい国民全体20代~60代の約80%が罹患している病気です。そして歯を失う理由は歯周病です。

歯周病は感染症です。日本の飲み会のような大皿料理を大勢で食べる習慣が特に危険です。

善玉菌が多く整っている口内環境では悪玉菌はほどんと見つからないということがわかっています。

悪玉菌が増えることで免疫力が落ち、歯周病菌の活動が活発になります。

免疫力が落ち歯茎の上皮がはがれたり、腫れ、出血をすることでその間に歯周病菌が入り込み進行、悪化させます。

歯周病菌はヘモグロビンで増殖し、細菌自体はそれほど強力なものではないといいます。しかし、一度免疫力が落ち出血すると驚くほどのスピードでねずみ算式で増殖してしまうのだそうです。

出血を一度止めればもう大丈夫なのかというと、歯周病菌は残り続け歯肉炎をおこしやすい状態になるのだそうです。

そのため、プラークコントロールやブラッシング、口内フローラの改善による善玉菌を増やし口内の免疫力がアップが欠かせません。

乳酸菌の口臭への効果

口臭外来を受診する2割が生理的な口臭(舌苔)ですが、約5割は歯周病や虫歯などの口臭が原因と言われます。

善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることで口内環境が崩れ免疫力の低下がおきることを乳酸菌の歯周病への効果がで書きました。

口内バランスが崩れることで起きる症状は免疫力の低下だけでなく唾液の減少もあります。唾液が減ることでお口の中が乾燥し嫌な臭いが発生しやすくなります。唾液には自浄作用があるので細菌が留まりにくく繁殖しにくい状態になっています。

その自浄作用が弱くなることで細菌が留まり繁殖しやすい状態になります。食事をしたあとにその細菌が食べかすを分解する際に出す産生物がニオイの原因となり口臭を発生させる原因となります。

それだけにとどまらず、細菌が増えている状態では、虫歯菌や歯周病菌も繁殖しやすい状態といえるのでさらに歯肉炎、虫歯で口臭をはっせさせる原因をつくります。

そのため、口内細菌叢(こうないさいきんそう)のバランスを整える、善玉菌を増やし悪玉菌、日和見菌の暗躍をさせないことが大切なんです。

善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を減らすことで得られるメリットはお口全体の健康を取り戻す有益な方法だという事がおわかりいただけたのではないでしょうか。

乳酸菌=善玉菌を増やすには?

善玉菌を増やすには

乳酸菌(善玉菌)を増やすにはどうしたらよいのでしょうか。この数年で乳酸菌にまつわる商品が多く販売されています。

  • クチュッペL
  • オーラルヘルスタブレット
  • チュチュベビー
  • 8020ヨーグルト
  • 乳酸菌LS1
  • バイオガイア

などがあります。

どれも有益な商品ばかりで悩んでしまいますが、まずは毎日必ずするところから見直してみるのがおすすめです。

お口の中の乳酸菌(善玉菌)を増やすには、歯磨きの時に使う歯磨き粉を見直してみるのがポイントになります。

使っている歯磨き粉が乳酸菌(善玉菌)を弱らせているかも

せっかく乳酸菌(善玉菌)を増やす商品をとっているとしても歯磨き粉が乳酸菌(善玉菌)を弱体化させてしまっている可能性があるからです。

市販されている歯磨き粉は手軽な価格で爽快感や使い心地がいいのでついつい薬局、ドラッグストアで手に取りがちです。ですが、わたしたちが歯磨きする際の使用感や爽快感ばかり重視されていて「殺菌剤」「発泡剤」「界面活性剤」など合成物質が多く含まれています!

手軽で身近な歯磨き粉で安価なのでつい使いたくなってしまいますが、お口にいる常在菌(善玉菌)も殺菌してしまい乳酸菌(善玉菌)を減らしてしまったり弱らせてしまっているかもしれません。

毎日する歯磨きですから歯磨き粉で毎日少しずつお口にいる乳酸菌(善玉菌)を弱らせ減らしてお口の環境を悪化させていきます。

乳酸菌(善玉菌)を増やすにはどんな歯磨き粉がおすすめ?

善玉菌を増やすおすすめの歯磨き粉は?

乳酸菌(善玉菌)を増やす歯磨き粉はどんな歯磨き粉を選べば良いのでしょうか。「殺菌剤」「界面活性剤」「発泡剤」などの合成物質を避けることはもちろん乳酸菌(善玉菌)が配合されている歯磨き粉を選ぶことです。

善玉菌を増やすおすすめ乳酸菌歯磨き粉!ブリアン

ブリアン歯磨き粉は、殺菌剤や界面活性剤、発泡剤、研磨剤など含まず、健常者のたった2%しか持ち合わせない善玉菌BLIS M18を採用した歯磨き粉です。

乳酸菌歯磨き粉ブリアン子供
乳酸菌歯磨き粉ブリアン大人

善玉菌BLISは、有害となる悪玉菌の増殖を抑える酵素を産生し増殖を防ぎます。

直接お口に入れることで生きた善玉菌BLIS M18が活動しやすく加工されています。

善玉菌BLIS M18は500㎚と非常に細かく歯ブラシでは入りにくい歯茎の間や歯と歯の間届きにくい箇所の歯垢をブラッシングで除去しやすくしてくれます!

開発には、歯科医師の斎藤鉄也先生とBLIS菌発見者のオタゴ大学ジョンタグ博士が関われています。

ブリアンには子供用と大人用があり子供用はいちご味、大人用はミント味となっており、市販の歯磨き粉では絶対に得られない「スッキリ感」を体感できます。特に子供用は歯磨きが不慣れだったり、歯磨きをしてくれないお子さんの親御さんにも好評で、SNSでママタレや有名子役も毎日使って満足した歯磨きライフを送っているそうです。

ブリアン大人用には口臭外来でも利用させれているBLIS K12が追加配合されており口臭対策にも万全で、喉や鼻、耳などの病原菌にも抑制する効果が報告されているそうです。出典:BLIS K12の実力

いつも使っている歯磨き粉をブリアンに変えるだけで乳酸菌を増やしお口の健康を取り戻すことができるはずです!
ブリアン子供用公式サイトはこちら

ブリアン大人用公式サイトはこちら

善玉菌を増やすおすすめ乳酸菌歯磨き粉!乳酸菌エル・エス・ワン

乳酸菌エル・エス・ワンは、ポテトチップスで有名な湖池屋が特許技術を用いて完成した歯磨き後に錠剤をお口に入れ舐めるタイプの商品です。

乳酸菌LS1

乳酸菌LS1は、ラクトバシルス・サリバリウスという善玉菌(Lactobacillus salivarius TI2711)。ラクトバシルス=乳酸菌、サリバリウス=唾液

東海大学医学部の古賀教授によって健常者の口から発見された乳酸菌です。

乳酸菌LS1の虫歯への効果は大きく取り上げられていませんが、歯周病の元ととなる歯周病原菌(悪玉菌)へ抑制効果があり1日程度で殺菌したという研究結果があるそうです。

ブリアンのBLISと同じように生きたままお口の中に乳酸菌を届けます。

口臭にも効果あり?

乳酸菌LS1は明らかに口臭を感じた被験者のうち66%が2カ月弱の服用で口臭を無くすことにも成功しているそうです。口臭の8割以上が口の中に原因があると考えられているので乳酸菌LS1が有効なことが伝わってきます。

乳酸菌LS1は歯科専売で販売されているオーラルヘルスタブレット(ライオン)からも販売されており楽天市場で口臭カテゴリランキング1位も獲得しているのでかなり有効な対策としても期待できそうです。

気になる虫歯への効果は?

乳酸菌LS1は直接的に虫歯菌を少なくしたなどの効果があるわけではないのですが、歯に付着することができなくなるということがわかってきています。

そもそも、虫歯菌が歯に付着して長時間とどまらなければ虫歯になることはないので乳酸菌LS1の効果で虫歯菌が歯に付着しにくくなれば虫歯のリスクを抑えられると判断できそうです。

追記

臨床試験の結果、う蝕の発生や進行がおこらないことを確認

出典:wikipedia

 

これは、期待虫歯にも期待が高まります♪

 

乳酸菌LS1はわたしたちの口の中に存在する乳酸菌なので副作用はもっとも安全なセーフティレベル1と指定されています。

日本細菌学会バイオセイフティ-レベルでレベル1、「ヒトに疾病を起こし、或は動物に獣医学的に重要な疾病を起こす可能性のないもの」でかつ「日和見感染の可能性のない菌」に分類されている。

出典:wikipedia

 

錠剤タイプで歯磨き後噛まずに溶かして乳酸菌LS1を口内に届けます。1歳くらいのお子様だと歯磨きを頑張るとお菓子をもらえる!と歯磨きを嫌がらずに頑張れるようになったという逸話もありました♪

歯磨き嫌いにも有効な対策になるかもしれませんね!

▼類似品が多く心配なので公式サイトから買いました▼

乳酸菌歯磨き粉【まとめ】

ブリアンもそうですが、LS1も口内細菌叢(こうないさいきんそう)を整えるバクテリアセラピーと呼ばれるスウェーデン生まれの歯周病や虫歯への有効な手法として注目を集めています。

どちらも乳酸菌をお口の中に増やすために欠かせない歯磨き粉です。便秘気味な方は乳酸菌LS1が減る傾向もあるそうなので、子どもだけでなく大人も積極的に取り入れ家族でお口から健康のケアしていきたいですね。

ブリアンのリアルな効果はこちらで紹介しています。合わせてごらんください