噂のうがい不要の人気歯磨き粉で目指せ歯磨き習慣化!

赤ちゃんの時から虫歯予防に気を付けたい。

親として何より子供の将来を考えてしまうものですよね?

  • 何歳からはじめたら?
  • 始めるタイミングは?
  • 口の濯ぎやすすぎできないよ。
  • 飲み込んじゃうよ。

ジェルとか色々あるけど…どれがいいのかわからない。

今回は特にご質問が多い、
赤ちゃんの歯磨き粉後のうがいはどうしたらいいの?

という疑問にスポットライトを当ててご紹介させていただきます。

赤ちゃんの歯磨き後のうがい

赤ちゃんは口の濯ぎやすすぎができない。というのはよく聞く話。

赤ちゃんが口で「ぐちゅぐちゅぺっ」をできるようになる年齢は赤ちゃんによってさまざまです。

早い子は1歳からできる子も。

赤ちゃんは飲み込んでしまうから、体に害のない安全な歯磨き粉やうがい不要の歯磨き粉を探して歩いてしまうものですよね。

赤ちゃんのうがいを練習させる方法はあるの?

赤ちゃんにうがいの練習をさせたいと考えらえる方も多いですよね。

うがいは風邪の予防にもなるので、ぜひ身に着けたい習慣の一つ。

NHKなどテレビを見て真似を始める子も多くいます。お子さんのその気持ち大切にしたいですね!

お薦めはお風呂場!
プラスチックのコップに水を汲んで始めてみましょう。

では、適切なうがいの回数ってあるんでしょうか。

うがいの適切な回数と、うがいが不要な歯磨き粉

一般的に歯磨き粉のうがいについては、定められた回数の情報がバラバラでした。

一回でも大丈夫。5回ぐらいしないといけない、とさまざまな定説があって、医学的根拠も大変わかりにく、困惑してしまいます。

もちろん、歯磨き粉のうがいは重要ではありますが、過度にうがいをしすぎてしまうと歯磨き粉に含まれているフッ素などの虫歯予防に必要な主要成分まで、口をすすぐことで洗い流されてしまいます。

虫歯予防の観点からすると、しすぎはよくありません。

うがい薬、マウスウォッシュでケアされる方も増えていますが、なるべくなら回数は抑えた方が良いということがとても大切。

うがい不要の歯磨き粉を使うのがお薦め。

うがい不要の人気の歯磨き粉とは

うがい不要の歯磨き粉を使うなら、大切な虫歯予防成分がきちんと口内に残り、保ったまま残る歯磨き粉がおすすめ。

大事な乳歯を守っていきたいと考えてしまうのは親としては当然のことです。

そんな大切な歯を守るために、BLIS M18という配合されたうがい不要のブリアン歯磨き粉が人気です。

ブリアン歯磨き粉配合BLISの3つの作用とは?

BLIS M18は虫歯になっていない子供が保有している特殊な菌で、乳酸菌です。

フリーズドライ化することで粉の歯磨き粉することで、唾液に反応し息を吹き返しお口の環境を整えてくれます。

さらにBLIS M18は3つの作用があるそうです。

  1. 虫歯菌を減らす
  2. 歯垢を分解する酵素
  3. 酸で歯が溶けるのを防ぐ酵素

お口の環境から虫歯予防対策ができると人気です。

口のすすぎをする必要がないため、有益な成分がお口に残る続けるというわけですね。

うがい不要で安全性も高い

ブリアン歯磨き粉は、子供の歯を守るための歯磨き粉といってもいいほどとにかく優しく作られており、強すぎる殺菌剤(歯に白い斑点が残る原因になることもある成分)や歯を柔らかくしてしまう界面活性剤などの成分が一切含まれていません。

もちろん、通常の歯磨き粉もきちんと成分がバランスよく配合されています。

心配はあまりないのですが、
口のゆすぎが必要となるものがほとんどです。

万が一のリスクも抑えることもできるブリアン歯磨き粉です。

子供にとっては嬉しいイチゴ味、歯磨きが嫌いなお子様でも喜んで使ってくれて、親としては虫歯予防にもなりますし、何より積極的に歯磨きをしてくれるので安心して歯磨きの習慣化を毎日みていてあげられます。

まとめ

うがいが不要のブリアン歯磨き粉は、小さなお子様に有害な効果を与える成分が含まれていないということもあり、まだうがいが苦手やまだできない子でも使えるのは嬉しいですよね。

お口の中の環境から少しずつ虫歯リスクの低下と歯磨き嫌いや習慣化にもぜひ活用してほしいうがい不要の歯磨き粉です。

こういったところが人気の理由の一つで、我が家でも大活躍!手放せない大事なアイテムとなっています。

合わせてブリアンの体験談も掲載しておりましたので合わせてチェックしてみてくださいね。

まなごん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください