ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

【3歳児の虫歯予防】気になる3歳児検診とおすすめの虫歯予防法

3歳検診 虫歯予防

たくさん言葉を覚えてしゃべるようになって、外で元気に走り回っている我が子の姿を見ると何とも言えない感慨深い気持ちになりますよね。

そしてそろそろ3歳検診の時期・・・。もうこのころになると、一度は歯科を受診したことがあるお子さんも多いのではないでしょうか。

3歳検診も1歳半検診と同様に歯科の検診があります。

そこで今回は、3歳検診と3歳児に適した虫歯予防法についてご紹介したいと思います!

3歳検診でチェックすること

3歳検診では乳歯がすべて生えそろっているかをチェックします。乳歯は上下左右5本ずつの計20本です。

そして虫歯があるか、歯並びに問題はないかなどをチェックしていきます。もし何かしらの異常があれば、すぐに最寄りの小児歯科を受診しましょう!

歯磨きのポイント

赤ちゃん歯磨き粉うがいなし

もうこのころには一人で歯磨きを始め、ぶくぶくうがいもできる子が多いと思います。ぶくぶくうがいを始めたら、子供用の歯磨き粉を用いて歯磨きするのもいいでしょう。いろいろな味があるので、お気に入りの物を使ってあげてください。

そして、お子さんが磨き終わった後に「仕上げ磨き」をしてあげましょう!歯と歯茎の境目、奥歯の裏側、奥歯の溝には汚れが残っていることが多いです。

見えにくい場合は、逆の手で唇をめくってあげると見えやすくなります。その時に、お子さんに小さい手鏡を持たせて口の中を見せながらブラッシングするのも効果的です。

虫歯になってしまう習慣

虫歯は虫歯菌が口の中で糖によって酸を産生し、歯を溶かすことでなるのですが、食生活の習慣が悪いと虫歯菌の酸産生量を増やしてしまうことになります。

例えば、食事やおやつの時間を決めずにだらだら食べる、口呼吸をしている、ジュースをたくさん飲むなどです。

虫歯 食べ物虫歯になりやすい子必見!虫歯予防にいい6つの食べ物と簡単レシピ!

寝る前に牛乳を飲むのも、虫歯予防の観点からすれば良くありません。

その都度歯磨きするのは大変なので、歯磨きができない場合は水やお茶を1杯飲むようにしましょう。お茶は着色の原因にもなりうるので、気になる方は水の方が良いかもしれません。

イヤイヤ期でどうしても歯を磨かせてくれない?

子どもが歯磨き嫌う理由

2歳ごろから始まったイヤイヤ期も絶頂期に差し掛かっていることだと思います。いくら目に入れてもかわいい我が子とは言え、なんでもイヤイヤ言われると気が滅入りますよね。歯磨きを嫌がる子もとても多いです。

「虫さん退治しようね。」などと言ってきいてくれると助かるのですが、どうしても歯磨きをしない、させてくれない場合には一旦諦めてみるのも手です。

そして、他の家族の方がお子さんの前で楽しい雰囲気で歯磨きをしてみると効果的です。

兄弟がいる場合は、兄弟の歯磨きを始めましょう。

楽しく歯磨きの歌を歌ったり、新しいかわいい歯ブラシ、歯磨き粉を使ってみたり。あくまでも「歯磨きは楽しい」という雰囲気づくりを心がけることが大切です。
仕上げ,磨き,歯ブラシ年齢別仕上げ磨き用歯ブラシおすすめ 歯磨き嫌い 絵本歯磨き嫌いの絵本選びのコツ! 歯磨きアプリで楽しくなる!仕上げ磨きを嫌がる!歯磨きのコツ

3歳検診と虫歯予防法まとめ

歯磨きを嫌がる子は多いですが、虫歯ができて歯医者さんで治療となるともっと大変な思いをします。

そのためにも、早いうちから歯磨きの習慣ができていると良いです。毎日朝夜2回(できればお昼も)、時間を決めて、親子一緒に楽しく歯磨きをしましょう!

歯磨き嫌いが積極的に歯磨きをするようになったと話題のブリアンを使ってみることもおすすめします♪

▼返金保証付きで買った公式サイト▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です