ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

【病気を引き起こす】口内フローラ(口腔細菌叢)が体の健康を守る!お口への効果

口内フローラ

お口の中には様々な細菌が住み着いていて、細菌たち独自の「生態系」が広がっています。このようなお口の中の最近の生態系を口内フローラ(または口腔フローラ)と言われていて、実はお口の健康を守るために非常に重要な働きをしているのです。

このような口腔フローラが破綻してしまうと虫歯や歯周病などのお口の病気につながってしまいます。

今回はこの口内フローラがどのように健康にかかわっていて整えることの重要度の高さと整える方法についてまとめました。

口内フローラの実際

口内フローラの状況

お口の内部の口内フローラは様々な微生物によってできていて、とくにミュータンス連鎖球菌・トレポネーマ・トリコモナスジンジバリスなどの様々な微生物が住み着いています。

の細菌がお互いに化学物質を出し合い手助けをしたり時には互いに拮抗しあったりしながらお口の内部の微生物の分布を変化させています。

このような微生物はほとんどの場合歯の汚れである歯垢や歯と歯の間の歯周ポケットの内部に入り込んでいます。歯垢は微生物が糖分を元に作り出した細菌の住処で、ネバネバした多糖類を主体に作られています。実は歯垢の内部には細菌が住みつきやすいように水分の通り道が作られたり、細菌にとって重要な栄養分を取り込みやすいような構造になっていると言われていて、細菌にとっては住処というよりは安全なお城のような働きをしています。

歯垢の内部には免疫に関わる細胞が入り込むことができないので、このような細菌の塊を放置しているとやがて虫歯や歯周病などの原因になってしまうのです。

歯周ポケットにも注意が必要です。歯周ポケットは嫌気性細菌という酸素を使わずに生活する細菌が住み着いていて、歯茎から滲み出てくる浸出液を栄養分にしながら独自の生活を送っています。

このため、歯周病などの病気を防ぐためにも細菌のバランスに十分に注意を払う必要があるのです。

口内フローラが病気を引き起こす

口内フローラが病気の原因

お口の中のフローラが崩れてしまうと歯周病のリスクや歯肉炎のリスクが上がると言われています。お口の内部のフローラを保つためにはまず細菌が増えにくいような環境を整えたり、歯についた歯垢を取り除く必要があります。このため、歯磨きをしたりデンタルフロスを使って歯と歯茎の間にまで掃除をする必要があるのです。

しかし、最も大切なのは汚れを取り除くことよりも汚れを防ぐということです。このためにはデキストリンやフルクトオリゴ糖などを含んだ汚れを防ぐための食生活が必要になります。

健康食品や歯磨き粉やガムなどに含まれるこれらの有効成分を活用してお口の内部で細菌が増えないような環境を整えると、医療費の削減に役立ちます。現在の日本で歯を失う主な原因は虫歯ではなく歯周病です。

痛みや苦痛を伴う治療を受ける前に予防を行うことでお口のトラブルを防げます。このような汚れを防ぐお口の環境は歯周病のような口腔トラブルを防ぐ最も重要な手段と考えることができません。フルクトオリゴ糖や難消化性デキストリンに加えてしっかりと歯磨きを行うことで、お口のトラブルと無縁な生活を送りましょう。

糖質制限をしているとどうしても炭水化物不足になり、実は体にとって思わぬトラブルが起こる可能性があると指摘されています。人体の内部には必ずバランスを取る仕組みがあり、糖分を控えた食生活を続けていると糖分を吸収しようとする体に変化することがあります。

このような体のバランスを考えた難消化性デキストリンが最近になり人気を集めているのです。しっかりと知識をつけて日常生活に役立ててみましょう!

口内フローラには、糖質コントロールが欠かせません。虫歯になりにくい糖類についてみてみましょう。

虫歯になりにくい糖質

虫歯になりにくい糖質
微生物と人間は切っても切れない密接な関係があります。人間の体の表面には多くの細菌が住みつきお肌を守るのに必要な脂肪酸を生み出したり、腸内には様々な細菌が入り込んで、お腹の状態を整えたり栄養の吸収に貢献しています。

実はこの細菌の働きはお口の中でも見られるのです。お口の中には口腔フローラや口内フローラと呼ばれる細菌の集まりができていて、独自の細菌の生態系が出来上がっています。このため、細菌のバランスが崩れてしまうとお口の中にまで悪影響が出てしまいます。

虫歯になりにくい甘味料【まとめ】

口内フローラの調整には糖質が重要!

口内フローラを構成する細菌には、歯周病の原因になる細菌や虫歯の原因になる細菌がいます。この虫歯の原因菌の活動を抑えるためには「虫歯になりにくい糖分」を摂取することが大切なのです。

糖分は細菌が栄養素とする主成分で、糖分を分解し、細菌がエネルギーを取り入れることで細菌が繁殖することができるのです。このため、あらかじめ細菌が取り込めないような糖分や細菌が分解できないような糖分を摂取すると細菌が栄養不足に陥ったり消化不良に陥ることで細菌の増殖を防ぐことができます。

このような細菌の増殖を防ぐ糖分にフルクトオリゴ糖と難消化性デキストリンがあります。フルクトオリゴ糖と難消化性デキストリンは細菌の体内に取り込まれても分解されにくく、細菌が栄養分として利用できない性質があります。

このため、難消化性デキストリンを使い続けていると細菌がやがて数を減少させ、お口の状態が改善すると言われています。また、難消化性デキストリンは人の体にとっても吸収しにくい性質があるので、糖質なのに太りにくいという性質があります。

糖質制限中でも摂取可能な難消化性デキストリンを摂取し、お口の状態を改善することが大切です。

糖質のコントロールで虫歯や歯周病も予防できる

口内フローラは糖質でコントロール

虫歯や歯周病の予防で大切なのは虫歯の原因菌の繁殖を防ぐということです。歯周病菌や虫歯の原因菌の栄養分は糖分で、糖分があるとものすごい勢いで繁殖を繰り返します。特に歯垢はバイオフィルムと呼ばれる構造で、お風呂の滑りなどと同じようなものでできていて、なかなか落とすことができません。

このような汚れを作らないためにも難消化性デキストリンを含んだ食品やマウスウォッシュを活用して細菌が繁殖できない生活を作ることが重要です。

病気にかかった後と病気にかかる前とでは治療にかかる費用や治療にかかる時間が大きく変わってきます。虫歯になる前であればフッ素の塗布や簡単なお口の清掃で治療が完結します。

また、何よりも自分の健康な歯で食事を続けられる事は非常に重要な意義があり、食べたいと思ったものを何も気にせず食べられたり、噛みごたえや歯触りなどのデリケートな感覚を通じて食事を楽しむ事が健康な歯の魅力です。

おいしいご飯を食べ続けるためにも、虫歯になりにくい糖分をうまく活用し続けましょう。

虫歯になりにくい糖分を紹介しましたが、具体的にデキストリンとエリスリトールの成分がどのように虫歯や口内トラブルへの効果をまとめました。

デキストリンで虫歯予防

デキストリンというのはデンプンを元に作られた糖分の鎖で、デンプンのように糖分が長い鎖のように繋がらず、短い鎖で構成された糖分の事で、一般的には多糖類と呼ばれているもののうち短い多糖類を総称してデキストリンと言っています。

デキストリンが多糖類、糖分由来であれば「ダイエットに大敵の炭水化物なのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、その心配は必要ありません。これまでのデキストリンは確かに体内で消化されてエネルギーに変換され、ダイエットの大敵である糖分に変換される事がありました。

しかし、現在広く販売されているデキストリンは難消化性デキストリンと言って、消化されにくいタイプのデキストリンが大半なのです。このようなデキストリンは体の中でエネルギーに分解される事が無いので、実はお口の中でも最近に分解される事がなく、多くのメリットを生み出しているのです。

デキストリンのメリット!

デキストリンがもたらす主なメリットは虫歯の予防と歯周病の予防です。虫歯は主にミュータンス連鎖球菌という種類の細菌が原因で、この菌が糖分を元に酸を作り出す事で歯が溶け虫歯になってしまいます。

また、歯と歯茎の間にある歯周ポケットにたまった汚れには歯周病の原因菌が住み着いていて、この細菌による刺激と、歯石による刺激が合わさる事で歯茎に長期にわたる悪い刺激が続いてしまいます。これにより、歯茎が長期間炎症を起こし歯周病に至ってしまいます。このような細菌の働きを抑制するのが難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンがうまく細菌に取り込まれると細菌は退社する事ができず、うまくエネルギーを作り出す事ができません。こうなると細菌が増殖する事はもちろん、酸を作り出す事もできないので虫歯や歯周病を防ぐことができるのです。

口臭も予防できる

デキストリンを過剰に取りすぎるとお腹を下してしまったり、時には体調を崩してしまう事もあると言われていますが、トラブルが起こる事はごく稀な事です。虫歯や歯周病が悪化すると口臭にも影響を与えてきます。

口臭のほとんどの原因は細菌が増えすぎる事で起こり、細菌が作り出した悪臭の元の化学物質をいかに抑えるかで口臭が変化します。細菌ではデキストリンを含んだ食品やデキストリンを活用した甘味料が増えていて、健康の維持のために役立てる機会が増えています。毎日の生活の中にうまくデキストリンを取り込む事で虫歯や口臭などのお口のトラブルを防ぎましょう。

エリスリトールで虫歯予防

エリスリトールという成分を耳にしたことはあるでしょうか?エリスリトールは天然の果物や発酵食品に含まれている「糖アルコール」の一種で、じつは虫歯や歯周病の予防だけでなく全身の健康の維持にも欠かせない成分として現在注目を集めているのです。エリスリトールの有効性は医学的にも非常に重要なものと考えられていて、今後の医療において知識をつけておいて損が無い重要な成分です。エリスリトールについての知識を身につけ、生活に役立ててみましょう。

エリスリトールの役割

エリスリトールは砂糖の約70〜80%ほどの甘さを示す糖アルコールで、体内で分解されたり代謝されることが無いためダイエットや虫歯の予防に有効な成分として知られています。人体や細菌は糖分を主成分とした食事を摂ると糖分からエネルギーを作り出し、その過程で様々な酸を作り出したり細菌であれば繁殖を繰り返してその数を増やしたりします。

このような細菌の活動を抑えるためには「甘いけれども分解されない」物質が必要になります。これがエリスリトールです。エリスリトールは細菌の内部に入り込んだとしても全く分解されず、エネルギーに変換されることがありません。

このため、甘味を感じたとしても全く歯垢などの歯の汚れに変換されず、かえって細菌の働きを抑える働きがあります。このため、エリスリトールを配合した成分を歯磨き粉や食品に混ぜることで虫歯や歯周病を防ぐことができるのです。

エリスリトールのメリット

エリスリトールの一番のメリットは何と言っても「甘いのに虫歯にならない」という点にあります。食品やお菓子に混ぜることで、砂糖を減らしながら甘味を楽しむことができます。このため、糖尿病の治療やダイエットにも効果があり、生活の中にうまく取り込むとカロリーカットも同時に行うことができるので、現代の食生活に積極的に取り込みたい食品です。

虫歯や歯周病は自力では治療をすることが難しく、悪化を防ぐことは非常に難しいのでまずは予防することが大切です。歯周病は特に厄介で、一度観戦してしまうと全身の病気に悪影響を与えることがあると言われているので、予防によって歯周病を防ぐことは非常に大きな魅力があるのです。

エリスリトールに副作用はあるの?

エリスリトールには大きなメリットがあるのですが、実は一つだけ気をつけなくてはならない問題もあります。エリスリトールは大量に摂取しすぎてしまうと小腸の内部で水分を蓄えすぎてしまい、お腹を下してしまう原因になります。

また、大量摂取を繰り返してしまうと、かえって体が糖分を吸収しやすい体に変化してしまうのでエリスリトールの頼り過ぎは禁物です。適度に砂糖を活用し、両方のメリットを生かしながら生活に活かすと副作用を避けながら健康な生活を送ることができます。

エリスリトールを含んだ食品やガムを活用して歯周病や虫歯と縁の無い生活を送りましょう。

乳酸菌LS1

お菓子のコイケヤが販売しており、歯磨き後に舐めるタブレットタイプの乳酸菌LS1。赤ちゃんのお口の中にも多く存在します。手軽で簡単に食べられるのが大変評判がよく、歯磨き後に簡単に乳酸菌をプラスできます。

乳酸菌LS1乳酸菌LS1はタブレット!歯磨き後に乳酸菌プラスするだけでお口を整える!

オーラバリア

森永乳業が特許を取得しており登録商標されています。唾液の持つ殺菌力をサポートして口の中をよりよい環境に整え、歯周病原菌にも効果があることが公表されています。人の母乳由来のタンパク質であるラクトフェリンをラクトパーオキシダーゼで包み込むことで整えられたのがオーラバリア®です。オーラバリアを含む商品は森永乳業だけでなく、京都やまちやのオーラルデントの2つだけ。

悪玉菌だけを取り除く

歯ブラシや、歯科医で取り除けなかった細菌類を専用の薬をマウスピースに入れて除菌し短期でリスクを取り除くが、3DS除菌と呼ばれる方法です。

優れているのが虫歯菌や歯周病菌だけじゃなく、歯垢の定着も抑えられる点です。

お口の健康を守る、3DSセラピーという最先端予防医療が全身の健康向上や体全体の健康を管理していくのが目的となっています。

口内フローラまとめ

口内フローラが乱れたりバランスが崩れることで口腔内トラブルを起こし、健康にも影響があることがわかりました。そして、口内フローラには糖質の調整が重要なポイントにもなります。

糖質をコントロールすることは虫歯や歯周病の原因となる細菌の繁殖を防ぐこともできます。

口内フローラのバランスを保つには糖質だけではなくブラッシングによる細菌(汚れ)の除去も欠かせません。歯磨きにも力を入れていきたいですね。

健常者の2%が持っている成分を配合している善玉菌配合の歯磨き粉で細菌を効果的に整えることもできるので有効に活用して口内フローラのバランスを保ち健康を維持したいものですね。

 

▼子ども用善玉菌配合歯磨き粉▼

186

▼大人用善玉菌配合歯磨き粉▼

164

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です