※ヤクルト好きは閲覧注意!ヤクルトと虫歯の驚愕な関係性とは

ヤクルトは子どもの虫歯の原因!

今回のこのヤクルト、CMなどで宣伝されていてカラダには良さそうですが子どもの歯には良くなそう、虫歯を増やす原因となりそうです。小さい頃から虫歯にならないと大人になっても虫歯になりにくいので気になります!

ヤクルト、知っていますよね。ヤクルトレディーが毎朝会社、家庭訪問して販売している乳酸菌配合飲料です。

生きたまま腸内に乳酸菌が届き、腸内環境を改善するシロタ株の働きで腸内環境を整えてくれるので子どもにも安心して飲ませられているご家庭も多いかもしれませんね。

ジュースはダメだけどヤクルトならと買ってあげることも多いのがヤクルトです。免疫細胞を活性化させて免疫力アップの期待できるので話題にもなっています。

ヤクルトが子どもの虫歯になる理由や体にあまりよくない理由、飲ませ方など具体的に書くのでぜひ参考にしてみてください。

ヤクルトは子どもに飲ませても大丈夫?

ヤクルトにはシロタ株が配合されていて腸内環境が整うのだから子どもにも飲ませて整えておくべき!と考えてしまいますが、実際はどうなのでしょう。

子どもに飲ませてはいけないヤクルト

ヤクルトには種類があり子どもにはすすめられないヤクルトがあります。

子どもに飲ませてはいけないヤクルト
  • ヤクルトゴールド

ヤクルトゴールドは大人向け特にシニア層の健康を考えて開発されているので子供や乳幼児にはおすすめされません。

子どもの腸内環境は、母親から8割程度を引き継ぎ生まれてきます。ですから、母体であるお母さんの腸内環境で生まれてくる腸内環境が決定づけられるといっても過言ではありません。

腸内環境は、赤ちゃんが一番整っており善玉菌が多く優れた腸内フローラを形成しています。しかし、年齢ととともにこの腸内フローラは徐々に変化して善玉菌よりも悪玉菌が多い腸内環境へと移りかわると言われています。

極端に腸内フローラが崩れてくるのは高たんぱく高脂質な食生活もあるので、乳幼児期にあえてヤクルトを飲ませる必要性はあまり感じられません。

子どもにとっては甘いジュースのようなものになるので小さい時期に甘いものに慣れさせるのは今後のわたし個人としてはあまりおすすめしたくないなと感じています。

ヤクルトは糖分の塊!虫歯の原因はコレ!

ヤクルトはシロタ株にばかり注目が集まりがちですで、子どもにはジュースは良くないけれどヤクルトなら体にもいいから大丈夫とお思いでしょうけれど、よくよく成分を見てみると驚愕なことがわります。

ほとんどが砂糖です。

ヤクルトは、1本あたり65mlです。子どもの手に持ちやすく体にも良いと思うと親心としてはついつい気軽に飲ませがちです。ですが、成分をみてみるととんでもないことが分かります。

ヤクルト成分

参考データ:ヤクルト内容成分・アレルギー

実際にヤクルト裏面の成分配合票を見ると、

種類別:乳製品乳酸菌飲料
無視乳固形分3.1%
乳脂肪分0.1%
原材料名 ぶどう糖果糖液糖、砂糖、脱脂粉乳、香料

の順番です。

原材料は、食品表示法により使用している重要の割合が多い高い順に表示されています。

合わせてこちらも読んでみてください⇒明治 現在表示の順番にはどのような取り決めがありますか?

ヤクルトに配合されている砂糖の量は11.5gです。65ml中に11.5gもの糖分が配合されています。

ちなみに、11.5gの砂糖の量は角砂糖1個(約5g)なので2.3個分となります。

65mlの中に角砂糖が11.5gも配合されています。そして、ヤクルト65mlあたりのカロリーはなんと50kcalです。

おかゆが100g相当で70kcalと考えると糖分の高さも伝わってきますね・・・

ヤクルトに入っているのがほとんどが砂糖ということが分かります。

ヤクルトのぶどう糖果糖液糖が危険!?

 

ヤクルトにはぶどう糖果糖液糖と言われるものが入っています。上でも書きましたが、成分配合の一番割合が大きい配合成分です。

ぶどう糖果糖液糖で検索すると体に危険と言われる結果が多くでるので不安になります。

ぶどう糖果糖液糖とは

ぶどう糖果糖液糖は、異性化糖と言われトウモロコシやさつまいも、じゃがいもなどを酸や酵素により分解し生成したものです。天然甘味料と言われるものですが、食品に本来含まれる甘味成分とは異なり人工的に作られ、テレビでも話題にのぼり遺伝子組み換えの原料が用いられていることもあるものだそうです。

ぶどう糖果糖液糖の特徴

砂糖を100の甘さとするとぶどう糖果糖液糖は90程度と若干砂糖よりも甘みが強くないこと、温度で甘みが変化し、ソフトドリンクやアイスなどに多く使われているそうです。市販ではガムシロップがこれにあたる。

そもそもこの異性化糖には種類があり「ぶどう糖果糖液糖」以外に

  • 果糖ブドウ液糖液
  • 高果糖液糖
  • 砂糖混合成果液糖

など様々ある糖の含有率にともない日本農林規格で制定されています。

ぶどう糖果糖液糖は虫歯以外の危険性

ヤクルトに配合されているぶどう糖果糖は虫歯以外の副作用的な危険はどのようなものがあるのでしょうか。

そもそも糖は、脳が機能する上でカラダ上一番エネルギーが必要となります。そのエネルギー消費の源となるのが糖です。

しかし、糖そのものを脳内や体に蓄積したりためておくことができないというデメリットもあります。

ぶどう糖果糖液糖は糖分なので取りすぎることでカラダに蓄積し脂肪となります。過剰摂取はリスクも多くあるので小さいお子さんがいるご家庭は特に注意をしなければいけません。

ちなみに・・・

子ども2歳~6歳は15gの糖分が妥当と言われています。

糖分の過剰摂取による危険

  • 肥満
  • 肌荒れ
  • 味覚障害

当たり前ですが、生活習慣病だけでなく、集中力が欠け気味だったりすぐ切れる怒りっぽい性格になることも。

虫歯以外にも健康を害することが多くあるのはお分かりになるはずです。2歳未満でヤクルトに含まれる砂糖11.5gを飲む習慣があると6歳児以降で肥満、高血圧などのリスクが大幅にあがるということがわかっています。

 

ぶどう糖果糖液糖以外の危険性もある

ヤクルトに含まれるぶどう糖果糖液糖以外にもう一つ気を付けなければならない点があります。それは乳です。

アレルギーの原因となる乳。20歳未満のアレルギーの原因として上位にくるのが牛乳です。

ヤクルトには、アレルギー特定原材料に「乳」とあるので動物性のものが使われている可能性があります。

アレルギーにも気を配る必要があります。

どうしてもヤクルトは子どもに飲ませたいなら

どうしてもヤクルトを飲ませたい場合は、お茶やお水を飲ませる習慣や時間をきにせずヤクルトを飲ませるということは避けておやつとして飲ませるなど工夫も考えるのも大切なことですね。

ヤクルトを上手な飲ませ方をまとめると、

  • ストローを使う、もしくはスプーン
  • 飲んだ後はお茶やお水を飲む
  • 時間を決める

このように飲み方を工夫すると虫歯の予防はできそうです。

おやつをヤクルトだけにするといいった方法もありますが、ヤクルトとではお腹が満たされることはありません。

子どものおやつは足りない栄養を補うべきものという考えなのでヤクルトではなく、別のおやつを検討してみることも必要です。

関連記事:虫歯になりやすい子必見!虫歯予防にいい6つの食べ物と予防したい習慣

虫歯になりやすい子必見!虫歯予防にいい6つの食べ物と簡単レシピ!

2017.11.15

ヤクルトと子どもの虫歯まとめ

ヤクルトは、厚生労働省に認可されちている特定保健用食品と言われる科学的に認められた食品です。腸内まで生きたまま届きお腹の中をキレイにしてくれることは証明されています。

ヤクルトの飲みすぎは子どもを虫歯の元だけでなく肥満や食生活にも弊害にもなります、甘みは砂糖ではなく食品の甘みを感じてもらう事で味覚の発達などにも欠かせません。

1本65mlで角砂糖2個ですよ!1日1本お子さんに飲ませているならば一度おやつや間食、飲ませる時間など見直してみる必要もあるのではないでしょうか。

小さい頃から甘いもの漬けでは肥満への特急便です。

そして、気になるぶどう糖果糖液糖。
9割近くが輸入の遺伝子組み換えを利用しているという記述もあり子どもに取らせたくないものだと改めて感じました。

お子さんのカラダを考えるならヤクルトを飲ませることよりも違う方法を探してみませんか?

虫歯菌がいなければ、甘いものをとっても虫歯になることはありません。

これだけの砂糖が配合されていれば乳酸菌云々の前にきちんと歯のケアをしていても甘いものが大好きになり虫歯へまっしぐらになりそうです。

虫歯菌を全くもっていない子供は少ないと思いますが、虫歯菌が多く口の中にいる限り虫歯にはなりやすくもなります。そんな子供たちがもっている虫歯になりにくい乳酸菌を配合した歯磨き粉を使ってしっかりケアして虫歯を防ぐのが大事だと思います。

▼わたしが選んだヤクルトとは違う方法▼

ブリアンの販売サイトを見る

ヤクルトは子どもの虫歯の原因!

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA