妊娠中は虫歯になりやすい!胎児の影響と悪阻がキツい時の予防法

妊娠,虫歯,胎児,影響

妊娠中は虫歯になりやすいことを知っていますか?

悪阻が酷くて虫歯になりやすくても対応できないこともあります。胎児への影響も気になるところです。

悪阻が酷いときの対応について紹介します。参考にしてください。

妊婦は虫歯になりやすい?

妊娠すると虫歯になりやすいという話を聞いたことがあるかもしれません。

ちなみに、妊娠中は虫歯だけでなく歯周病などのトラブルも起こしやすい時期ですし、きちんとケアしていくことが大切です。

また、口の中のトラブルをそのままにしておくと早産などの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

妊娠前から歯のトラブルががあったという人や虫歯になりやすかったという人もいるかもしれませんが、しばらくトラブルがなかったのに妊娠し似てから急にトラブルが発生してしまったという人も多いです。なぜ妊娠すると早口のトラブルが増えてしまうのか気になっている人もいるでしょう。

虫歯になったら歯医者で治療を受ける必要がありますが、その場合は麻酔を使うこともありますし、歯を抜いたり削ったりするので赤ちゃんに影響があるのではないかと考えてしまう人もいるかもしれません。妊婦が虫歯になりやすいとされていることにはいろいろな理由があります。まずは妊娠するとホルモンバランスが乱れてしまうため、それが歯のトラブルに繋がると言われています。細菌の中には女性ホルモンを栄養としているものがあるため、妊娠によって女性ホルモンが増えるとそのような細菌が増えやすくなるのです。

また、他にもいくつかの原因があるのでしっかりチェックしておきましょう。妊婦はつわりで気持ち悪いこともありますし、歯磨きがしっかりできなくなることがあります。つわりが酷い人だと歯磨き粉の匂いが気持ち悪いこともありますし、歯ブラシを口の中に入れることができなくなってしまうこともあるでしょう。歯磨きを怠るようになると細菌が増えやすい環境になりますし、歯のトラブルが起こりやすくなります。食事によって口の中は酸性に傾くのですが、唾液によってそれを中和することができます。

しかし、子宮が大きくなって胃が圧迫されてしまった場合、食事の間隔が短くなって唾液で十分に中和できなくなってしまいます。これも歯のトラブルが増える原因と言われています。ちなみに、赤ちゃんがいると歯医者で治療を受けても良いのか不安に感じている人も多いでしょう。基本的には治療を受けても問題ないですが、不安な場合はドクターに相談するのがおすすめです。

また、麻酔が切れた後に痛み止めの薬を服用する場合、妊婦であることを伝えれば赤ちゃんに影響のない薬を処方してもらえることもあります。レントゲン撮影なども行うことができますが、口の部分のみに照射しますし、お腹周りにはカバーなどをかけてもらえるので安心です。基本的には妊娠中のどのタイミングでも派の治療を受けることができます。しかし、妊娠前から虫歯がある場合は早めに治療をした方が良いでしょう。

妊婦の虫歯は胎児に影響がある?

妊婦の歯のトラブルは胎児に影響があるのではないかと心配している人も多いでしょう。

ちなみに、歯周病になると早産のリスクが7倍、低体重児を出産するリスクが5倍に増えてしまうとされています。喫煙やアルコール摂取による早産のリスクよりもかなり高いと言えるでしょう。歯のトラブルの原因となる細菌に感染すると、感染や炎症を抑えるために物質が体から分泌されます。

しかし、妊婦がそのような細菌に感染した場合、子宮収縮の作用があるプロスタグランジンという成分の分泌が活性化されてしまうと言われています。それによって子宮の収縮が強くなってしまいますし、早産のリスクが高まるということです。

また、出産後は母子感染によって乳幼児へ虫歯菌がうつってしまうこともありますし、虫歯の多い母親の子供は小さい頃から虫歯になりやすいと言われています。妊娠中からきちんと対策を行うことにより、赤ちゃんの歯のトラブルを予防することができるのです。妊娠中は普段よりも虫歯になりやすい時期だと認識することが大切であり、口の中を常に清潔に保っておくことが重要です。

生まれてくる赤ちゃんのためにもしっかりとしたケアを行っていきましょう。妊娠中に虫歯を悪化させないようにしたいという場合、おすすめのケア方法を知っておくことが大切です。つわりが酷い人は歯ブラシを口の中に入れるのが大変なこともありますし、しっかり歯磨きができないことも多いです。しっかり磨かないと歯のトラブルの原因になってしまうため、デンタルフロスを使った歯間磨きやうがい薬などを使うと良いでしょう。

また、健康な歯を保つためには歯の石灰化に必要なカルシウムやリンをしっかり摂取することが大切です。ビタミンAやビタミンC、ビタミンDなども歯の健康に大事な栄養素ですし、積極的に食べて摂取していくようにしましょう。また、飴を舐めることや糖分の多い飲み物などを避けることも重要です。糖分は虫歯菌のエネルギーになってしまいますし、口の中に糖分が長い時間あると菌にとって住みやすい環境になってしまうのです。キシリトールの含まれているガムなどを噛むことにより、口の中の健康を保てるようになるでしょう。

また、妊娠中でも口内をこまめにチェックし、歯医者でケアを受けるのがおすすめです。つわりが酷くて歯磨きが辛い場合でも最低限のケアをすることが大切です。つわりは時間帯によって症状が異なってくることも多いため、まずはつわりの軽い時間帯に歯磨きを行うと良いでしょう。他にもヘッドの小さい歯ブラシを使うことや匂いのついていない歯磨き粉を使うことなどがポイントです。

また、歯磨きを使わずに歯ブラシだけで磨いてもケアになりますし、歯磨きできない時でもマウスウォッシュでうがいをしましょう。

妊婦になって歯が痛くなったら・・・

妊婦だけど歯が痛くて寝れないこともあるでしょう。

また、妊娠中の歯の痛みは胎児に影響があるのか気になっている人もいるでしょう。妊婦の歯が痛いことの原因としては虫歯や歯周病などが挙げられますが、妊娠中は体質が変化してしまうのでそのようなトラブルが起こりやすいとされています。妊娠すると女性ホルモンの分泌が急激に増えるため、女性ホルモンを好む細菌が増えやすくなります。

そのような細菌が増えることで歯周病にかかりやすくなるということです。

また、妊婦はホルモンの関係で唾液の粘性が高まりますし、分泌量が低下することもポイントです。唾液が粘つくと口の中に食べカスが残りやすくなりますし、歯垢が溜まってしまいます。唾液には殺菌効果があるため、唾液が減少することで細菌が悪さをしやすい環境になってしまうのです。結果的に虫歯や歯周病のリスクが高まるので注意しましょう。

また、妊娠中は免疫力が下がってしまいますし、口の中の細菌が増殖しやすくなることにも注意が必要です。妊娠するとホルモンバランスが崩れることや、お腹の赤ちゃんを異物として排除しないようにするために免疫力が低下してしまうと言われています。つわりで嘔吐してしまうと胃酸が逆流してしまうのですが、胃酸によって歯が溶かされて虫歯ができやすくなることもあると言われています。

また、つわりによって気分が悪くなると歯磨きが面倒になってしまうこともあります。歯磨きをしっかり行わないことも虫歯や歯周病の原因になってしまうので注意しましょう。虫歯や歯周病だけでなくホルモンバランスの変化によって口の中に腫れ物ができてしまうこともあります。

これは出産後に小さくなったり、消えてしまうことも多いのですが、痛みが酷い場合は歯医者を受診しましょう。歯の痛みが激しくなったら基本的には歯科治療を受ける必要があります。しかし、妊娠初期は過度の緊張やストレスによって流産のリスクがありますし、歯の痛みが日常生活に支障をきたす場合などを除き、この時期に治療は控えた方が良いでしょう。妊娠中期は安定期に入りますし、妊娠中でも安心して治療を受けられるとされています。病院に行けない夜中に歯の痛みが強くなり、睡眠に支障をきたすこともあるかもしれません。

その場合は自宅でできる応急処置の方法を知っておくのがおすすめです。歯が痛む部分は氷を口の中に入れて直接冷やすという方法がありますし、冷却ジェルシートなどで外側から冷やすのも良いでしょう。

また、歯に挟まった食べカスが歯の神経を圧迫し、痛みを引き起こしてしまうこともあります。その場合は歯ブラシなどでしっかりと食べカスを取り除くようにしましょう。痛みのある部分に何か詰まっていないか鏡で確認することが大切です。

悪阻がキツくてもできる妊娠中の虫歯予防法

妊娠初期につわりのせいで日常生活に支障が出てくることがあるため、きちんとした対策方法を実践していくことが大切です。普段は問題なく歯磨きができていても、妊娠中は歯磨きだけで気持ち悪くなってしまうこともあります。つわりが酷くなると歯磨きもできなくなってしまうこともあるため、つわりで歯磨きができないときの対策についてしっておくと良いでしょう。妊娠初期のつわりで歯磨きができないことを悩んでいる人もいるでしょう。妊婦のほとんどはつわりの症状が出るとされていますが、吐き気があることだけでなく味覚の変化なども起こってしまうことがあります。人によっては歯ブラシを入れるだけで気持ち悪くなってしまうこともあるでしょう。歯磨きをするのが辛い場合、歯磨きをしなくても良いのではないかと考える人もいるかもしれません。

しかし、妊婦は歯のトラブルが起こりやすい時期ですし、きちんとケアすることが大切です。歯のトラブルの原因となる細菌は女性ホルモンを栄養として増殖します。妊娠中は唾液の性質が変化して粘り気が出るため、そのような細菌の活動が活発になってしまうのです。

また、妊婦は食事の回数が増えるため、口内環境が酸性になることも歯のトラブルの原因と考えられています。妊娠中に虫歯になると薬なども使いにくくなりますし、治療が難しいのできちんと歯磨きなどで対策していくことが大切です。

また、歯磨きをするのが辛い場合、どのような対策方法を実践すれば良いのか知っておくと良いでしょう。

ちなみに、歯磨きは決まった時間にしないと効果がないというわけではありませんし、吐き気がない時に行う方が綺麗に磨けます。吐き気がある時は無理に歯磨きを行うこともありませんし、体調の良いタイミングでケアするようにしましょう。妊婦は歯磨き粉の味や匂いによって吐き気を引き起こすこともあるため、そのような場合は味や匂いの強くなうものを使うのがおすすめです。

また、歯磨き粉を変えてみても吐き気がある場合は歯ブラシだけで磨くようにしましょう。歯ブラシだけでもしっかりと磨けば虫歯の予防効果が得られます。

また、歯ブラシが喉の周辺や舌に触れると吐き気を引き起こすことがあるため、ヘッドが小さい歯ブラシに変えてみるのも良いでしょう。虫歯の予防では歯と歯の間の歯垢をしっかり除去することが大切であり、歯ブラシではな、デンタルフロスや歯間ブラシなどでケアするという方法もおすすめです。

このようなものは口内への刺激が少ないですし、汚れを綺麗に掻き出すことができるでしょう。

どうしても歯磨きができない場合はキシリトール配合の歯磨きタブレットを使うのがおすすめです。唾液の分泌を増やすことができますし、口内環境を整えることができるでしょう。

まとめ

妊娠超初期に歯医者で治療を受ける場合、レントゲン撮影などを行うこともあります。

しかし、レントゲンは口の部分だけを撮影することになるため、お腹の胎児には影響がないということです。自宅で歯のトラブルの予防をしたいという場合、ブリアン歯磨き粉を使ってみると良いでしょう。この歯磨き粉は安心して使える商品ということですが、妊娠超初期に使っても良いのか不安に感じている人もいるかもしれません。妊娠中と授乳中はさまざまなものに気を使いますし、シャンプーや歯磨き粉を安全なものに変えている人などもいます。妊娠中でもしっかりと歯をケアしないと歯のトラブルが起こりやすくなるので注意しましょう。

どのような歯磨き粉を使えば良いのか迷っている人もいるかもしれません。ブリアン歯磨き粉は口コミでも人気の高い商品なのですが、そのおすすめの理由を知っておくと良いでしょう。ブリアン歯磨き粉は安全性の高い成分のみで作られており、赤ちゃんでも使えるということです。体に影響が出てしまうことはありませんし、妊娠超初期でも安心して使うことができるでしょう。

赤ちゃんの虫歯というのは他の人からの菌の感染が原因であり、親がきちんと対策をすることで赤ちゃんの歯のトラブルのリスクを下げることができるのです。妊娠前から虫歯になりやすい人や既にできているという場合、事前に対策を行うこともポイントです。

妊娠中はホルモンバランスの変化や生活習慣が原因で虫歯になりやすいと言われています。

特に虫歯になりやすい体質の人は注意が必要ですし、歯医者に行くことが難しい場合はブリアン歯磨き粉を使ってみると良いでしょう。授乳中も赤ちゃんが小さい時は預けることが難しいですし、一緒に歯医者に行くのも大変でしょう。つわりは軽度も含め、60~70%もの妊婦が経験すると言われています。吐いてしまって食事がしっかり摂れないこともありますし、甘いものばかり食べたくなってしまうこともあります。

また、歯磨きが辛いこともあるため、虫歯になりやすい状態と言えるでしょう。つわりは吐き気がして辛い状態なのですが、自身と赤ちゃんのためにもきちんと歯や口のケアを行うことが大切です。ブリアン歯磨き粉はイチゴ味でさっぱりとした味が特徴の歯磨き粉であり、妊娠中でも使いやすいと評判です。赤ちゃんでも使えるほど安全性の高い成分のみで作られていますし、細かい粒子が奥までしっかりと届くため、虫歯の原因となる細菌や歯垢をしっかり除去してくれるでしょう。そのためケアを継続することで口内環境を整えることができるのです。

ブリアン歯磨き粉は子供のために作られた歯磨き粉ということですが、大人が使ってもきちんと効果を実感できます。安全な成分で妊娠超初期でも使うことができますし、細菌の感染をしっかり防いでくれるでしょう。