虫歯菌は感染症!ホント?虫歯はキスでうつる

虫歯,キス

「虫歯はキスでうつる」という話をよく聞きます。この話を聞くと、「キスすると必ず感染してしまうのか」「虫歯の人とキスしてはいけないのか」と思う方もいるかもしれません。この話について厳密にいうと、「キスすると虫歯になるリスクが高まる」だけで、必ずしもなるわけではありません。

虫歯キスでうつるワケ

そもそも、大人の口の中には、様々な菌が住み着いています。その中には良い働きをするもの、無害なものもいますが、中には歯に悪影響を及ぼす悪い菌も住み着いています。その代表的なモノが「ミュータンス菌」です。ミュータンス菌は食べ物に含まれる糖が大好物です。ミュータンス菌は歯垢に含まれる糖を分解、増殖していきます。

そして糖を分解する過程で酸が発生、この酸によって歯のエナメル質が溶かされ、歯に穴が空いてしまいます。この状態が「虫歯」です。

さて、ミュータンス菌は、多くの大人の口に住み着いている細菌です。けれども、人によってその量は異なります。ミュータンス菌は、エサとなる「糖」が少なければ、数を増やすことができません。また分解する糖がなければ、分解の際発生する酸も出なくなるため、歯に穴をあくこともありません。一方、歯磨きがしっかりとできていなかったり、頻繁に口の中に糖が残りやすい状態になると、それだけ口の中に住み着くミュータンス菌の量も増えてしまいます。

そして、ミュータンス菌は唾液に溶け込みます。もし口の中にミュータンス菌が多い状態で、何らかの経路で自分の唾液が相手の口の中に入ってしまったら、多くのミュータンス菌を相手にうつすことになってしまいます。

では、唾液が相手の口に入ってしまう経路とはどのようなものがあるかと考えると、例えば「キス」が挙げられます。口と口とはもちろん、食器の共有などによる「間接キス」によっても相手に菌をうつしてしまうリスクは高いです。

ですが、これらの行為は愛情表現の一つであり、できることなら避けたくないものです。ではどうすればいいのかというと、口内環境を整えることです。まず虫歯がある場合は、しっかりと病院で治療を受けましょう。そうすることで菌の数を一時的に減らすことができます。また、虫歯は決して目に見えるものだけではありません。一見白くても、表面がざらざらしている場合には既に酸に侵されている場合があります。この場合も早急に対処が必要です。

また、治療を受けることは一時的な対応にすぎません。フロスや歯磨きなど、日ごろからしっかりとオーラルケアを行うことにより、歯に菌がつきにくい環境を整えます。こうすることで、口の中二含まれる菌の量を減らし、相手にうつしてしまうリスクも減らすことができます。また、日ごろからオーラルケアを行うことで、相手からうつされるリスクも減らすことができます。
 

虫歯菌はキスで赤ちゃんにうつる?

虫歯菌は唾液を介して、他の人にもうつってしまう一種の「感染症」です。そしてこれは、特に赤ちゃんに対しては重大な問題となります。

大人になると誰の口の中にでもある虫歯菌ですが、実は生まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯菌はまだ住み着いていません。というのも、まず最初に虫歯菌は遺伝するものではありません。住む場所が基本的に口の中だけに限られているため、血液などによる感染が少ないのです。

また、生まれたての赤ちゃんにはまだ歯が生えていません。そのため、ミュータンス菌が増殖するのに必要不可欠な「糖」が付着する部分がまだなく、暮らすのに適切な環境とはなっていないためです。

ではいつのころから感染するのかというと、菌が住み着くことができるだけの環境が整ったころ、つまり歯が生えはじめる頃からになります。そして赤ちゃんが感染する場合、その原因の多くは「母子感染」にあります。

虫歯の原因となるミュータンス菌は、大人になると多くの人が持ち合わせています。そして口の中から分泌される唾液にも、ミュータンス菌などが含まれます。この唾液が何らかの経路をたどって赤ちゃんの口の中に入ってしまうと、虫歯菌に感染してしまうのです。

そして具体的な経路としていくつか挙げられるのですが、その1つが「キス」です。特に口と口のキスの場合、少なからず大人の口に含まれる唾液や息が子どもの口に入ってしまいます。また、子どもの唾液に大人の息が混ざってしまい、そのまま口の中に菌が侵入してしまう危険性もあります。

キスの他にも、食器の共有、食べ物の口移しのように、直接的・間接的に口が触れる動作は子どもに菌をうつしてしまう危険性の高い動作となっています。これらの行為によって子どもの口の中に一度菌が入ってしまうと、その後増殖、しっかりと対応をしないと虫歯につながる危険性が高まります。

またうつる時期が早いと、口内環境も虫歯になりやすい環境となってしまうため、できるだけうつしてしまうような行為は避ける必要があります。

ただし、「キス」も大切な愛情表現の一つ。「フーフー」と息をかけて冷ますことも愛情表現のひとつですし、「一口頂戴」などのように、子どもからの要求によって食器を共有することもあると思います。そして子どものためにも、これらのことをできることならしてあげたいと思う大人もいるでしょう。そこで重要なのが、うつす量を減らすことです。大人の口内環境が悪く、虫歯があるとどうしてもうつってしまう菌の量が増えてしまいます。そこで大人の口内環境を改善、できるだけ口の中に虫歯の原因となる菌の割合が少なくなるようにします。こうすることで、直接的・間接的に口がついてしまった場合でも、子どもにうつる菌の割合は減らすことができます。

虫歯がうつるのは何歳まで?

「3歳までに虫歯菌に感染しなければ、一生虫歯菌に感染しない」という話が聞かれます。実際のところ、「一生虫歯菌に感染しない」というのは少々オーバーな表現かもしれません。

けれども、子どもが虫歯菌に感染する時期が遅ければ遅いほど、その後虫歯になりやすいかどうかに大きく影響していきます。

生まれたての赤ちゃんにはまだ歯は生えておらず、虫歯の原因であるミュータンス菌も口の中にいません。その後6か月ごろになると歯が生え始め、1歳半を過ぎると離乳食から普通の食事に移行します。そしてこの、普通の食事に移行する頃から乳歯が生えそろう3歳ごろまでの間が、最も虫歯菌の母子感染が起きやすい「感染の窓」となっています。

子どもはミルクから離乳食、そして普通の食事を食べるようになる経過で、口の中の細菌の種類も増えていきます。そして口の中にいる細菌には、ミュータンス菌のように虫歯の原因となる悪い菌もいますが、歯を丈夫にしてくれるなど、良いことに働く菌もいます。そして、口の中にいる菌の種類の割合は、赤ちゃんの頃の口内環境によって、ある程度形作られます。もし早い時期に虫歯の原因となる菌が侵入した場合、虫歯の原因となる菌は早い時期から口の中で増殖、完全になくすことは難しくなります。

さらに、悪い菌が口の中に占める割合が増えてしまうため、その分善玉菌が増える割合は減ってしまいます。そうなるとその後も悪い菌が口の中に占める割合は多いままとなり、虫歯になりやすい体質となってしまうのです。

また、乳歯が虫歯になってしまうと、永久歯にも影響が及ぼされることも、その後虫歯が増えてしまう原因の一つです。

乳歯は永久歯よりも弱く、ミュータンス菌によってすぐに穴があけられてしまいます。そしてミュータンス菌は、乳歯だけでなく、永久歯にも感染する恐れがあります。つまり、乳歯を治療しただけでは、完全に虫歯をなくすことはできないのです。虫歯があるということは、それだけミュータンス菌は口の中に多いということです。

さらに、一度虫歯になってしまうと、適切な治療を行わなければ歯垢が溜まりやすい状態となってしまいます。十分に歯垢を取り除くことができなければ、菌の増殖を止めることはできません。その意味でも、虫歯になりやすい口内環境になっているといえます。

子どもに虫歯菌がうつるのは何歳まで、と具体的に言及することは難しいです。ただし、乳歯が生え始めてから生えそろうまでの「感染の窓」の期間の頃は、まだ歯も生えきっておらず、歯そのものも弱いため、一度うつってしまうと菌が増えやすい環境となってしまいます。できるだけうつらないようにし、菌が増えないように早めに歯磨きの習慣を身につけさせることが大切です。

虫歯菌をうつさないようにするために

赤ちゃんへの虫歯菌感染を予防するためには、大人側の対応が必要不可欠になります。赤ちゃんへ虫歯菌が移ってしまうのは、大人側の対応に原因があるためです。

まず、できるだけ大人の唾液が赤ちゃんの口の中に入らないようにします。具体的には次にあげる行為を避けることです。

1つ目はキスです。特に口と口をつけてのキスはできるだけ避けるようにしましょう。

2つ目は食器の共有です。大人と食器を共有してしまうと、大人の唾液がついたままになっていることがあります。食器はできるだけ別のものを使うようにし、もしどうしても共有しなければならない場合は、大人の口が触れた部分を拭くなどしましょう。

3つ目は「フーフー」して冷ました食べ物を与えることです。息を拭く際、少なからず唾液が食べ物に付着する可能性があるためです。そして4つ目は、食べ物の口移しです。昔の子育ての常識として、大人が食べ物をかみ砕いて唾液と混ぜ、柔らかくしてから子どもに与えるといいというものがありました。けれども、一度大人の口に入れたものを子どもに与えることは、食べ物と一緒に口の中にいる菌も子どもに与えていることにつながります。現在の子育てでは、食べ物の口移しは原則厳禁となっているため、できるだけしないようにしましょう。

また、もし知らない方が周りにいたら、危険性をしっかりと伝えるようにします。

けれども、感染経路をできるだけ少なくしようとしても、どうしても少なからず赤ちゃんの口の中に大人の唾液が入ってしまうことがあります。そこで考えられる次の対策が、大人の口の中に含まれる虫歯菌の数を減らすことです。大人の口の中に虫歯菌が大量にいれば、それだけ唾液に含まれる菌も増えます。そこで、口の中にいる虫歯菌の数を減らすように心掛ける必要があります。具体的には、まず虫歯がある場合は、しっかり治療を行います。そして毎回しっかりと歯磨きを行い、歯に歯垢がたまらないようにします。一見当たり前の様ですが、虫歯のもととなる「ミュータンス菌」は歯垢に含まれる糖を分解して酸を放出し、虫歯を発生させます。逆にいうと、ミュータンス菌の餌となる糖が少なければ、それだけミュータンス菌の増加を減らすことができます。

そして、食事の際はできるだけかむようにします。かむとそれだけ唾液が出るのですが、この唾液には殺菌作用、そして歯垢を洗い流す作用があります。食事の際はできるだけかんで、唾液の分泌を促すように心掛けます。

大人の口の中に含まれる菌を減らし、赤ちゃんに感染する経路をできるだけ減らすことが、虫歯菌を移さないために重要なこととなります。ただし、感染経路を減らしても、赤ちゃんの口の中で菌が増えてしまってはいけないので、歯が生え始めたらできるだけ歯磨きをして口の中を常に清潔に保つよう心掛けましょう。

まとめ

さて、赤ちゃんにできるだけ大人の虫歯菌を感染させないように気をつけていても、いつかは子どもの口の中に虫歯菌は住み着いてしまいます。そして一度菌が住み着いてしまうと、その後はずっとつきあっていくことになります。また、気をつけて歯磨きをしたとしても、なかなか歯ブラシではすべての歯垢を落とすことはできず、どうしても虫歯菌の餌となってしまいます。

つまり、一度虫歯菌が口の中に入ってしまうと、なかなかその数を減らすことは難しいのです。

けれども、現在家庭でもできる簡単な虫歯対策として注目されている歯磨き粉があります。

それは、「ブリアン歯磨き粉」です。

口の中には様々な菌が住み着いており、住み着いている菌の割合は人によって違います。「ブリアン歯磨き粉」の場合、虫歯の少ない人の口の中に多く住み着いている善玉菌「BLIS M18」が含まれています。日々の歯磨きの中でこの善玉菌を摂取することにより、口内環境を改善、悪い虫歯菌が住み着く割合を減らすことができます。また、「BLIS M18」はとてもキメのこまかい菌のため、歯ブラシだけではなかなかとれない歯垢も取ってくれる効果もあります。

さて、口内環境の改善に有効的な「BLIS M18」ですが、日常生活ではなかなか摂取することが難しい菌でもあります。というのも、この菌は殺菌剤はもちろん、熱にも弱いため、生きたまま届けるためには歯磨き粉など、直接口の中にとどめるものに限られるのです。そのため、この菌を有効的に摂取するために、ブリアン歯磨き粉は役に立つのです。

さて、歯磨き粉を選ぶうえで重要なのは、含まれる成分です。あまり化学成分が多いと子どもの体に少なからず悪影響を及ぼす可能性があります。特に研磨剤は注意が必要です。子どもの歯は大人の歯に比べてまだまだ弱いです。そのため、研磨剤が含まれた歯磨き粉を使用すると、歯や歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。そこでブリアン歯磨き粉は、子どもでも安心して使えるよう、できるだけ化学成分を抑えた形になっています。また研磨剤も含まれていないため、歯や歯茎を傷つける心配もあまりありません。

子どもの虫歯菌を減らすためには、口の中に菌が入らないようにすることも重要ですが、同じくらい重要なこととして、菌が増えすぎないようする必要があります。そのために歯磨きが重要なのですが、赤ちゃんの頃はまだ十分に歯を磨くことができません。そこで、まだ歯ブラシが難しい段階のときは、親が指にガーゼをまき、そこに「ブリアン歯磨き粉」をつけて磨くようにします。ブリアン歯磨き粉の場合は粉状になっているため、指で歯磨きをさせる場合にも使いやすくなっています。また、歯ブラシが持てるようになったら、自分から歯磨きをするように習慣づけることも必要となっています。できるだけ口の中の菌を増やさないよう、小さい頃から気をつけるようにしましょう。