プレママ必見!感染の窓ってなぁに?知って起きたい虫歯のこと

感染の窓

感染の窓という言葉を頻繁に聞くことが多くなりました。感染の窓というのはなんでしょうか。

子供の虫歯とは切っても切れないのがこの感染の窓です。これからパパ・ママになる方、既にパパ・ママになった方は必ず知っておいて損のない情報です。

感染の窓について詳しく調べてみました。参考にしてくださいね。

虫歯になりやすい感染の窓とは?

子どもが健康な歯を失ってしまう原因は、遺伝などではありません。原因は家族やお母さんなど外部の大人が持っている菌が侵入することによる感染症であり、生活習慣病です。お子さんに一生健康で丈夫な歯を持ち続けてほしいと思うならば、できるだけ早い時期から予防の習慣を作っておくことが重要です。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、原因となる菌は存在しません。菌が口の中に侵入しなければ、一生健康な歯を保つことができるとも言えます。

しかし、それならばなぜ人間は虫歯になってしまうのかという疑問が残ります。それは、周囲の大人の口の中に存在する菌が何らかの原因で赤ちゃんの口の中に侵入し、原因として赤ちゃんの口の中で繁殖してしまうからです。もともと原因を持っていなかったのに、何とも悲しい話ですが、感染症であると言われる理由はここにあります。

子どもの健康な歯を守るため7には、この原因となる菌をいかに子どもの口の中に侵入させないか、が重要なポイントになります。菌が子どもの口の中に侵入する経路、そして侵入しやすい時期、つまり感染の窓についてよく知っておくとより防ぐことができます。

まず口の中に侵入する菌は、もともとが周囲の大人の口の中に存在しているものがほとんどです。お子さんのにとって一番身近な存在であるといえるお母さんは特に原因になりやすいと考えられます。お母さんの口の中に存在する菌が、唾液を通して口の中に入ってしまうことが感染の一番の原因になります。

だからこそ、一番の感染源であるお母さんの口の中の環境を整え、菌の増殖を防ぐことが、結果としてお子さんの口の中を守る、将来的に虫歯になるリスクを下げることにつながります。菌は一度子どもの口の中に侵入し繁殖してしまうとほとんどなくすことはできません。だからこそいかに菌に感染させないかが大切になるのです。

お母さんの口の中の菌の状況と、その子が虫歯になる割合を比較した調査があります。この調査によると、お母さんの口のばい菌が多ければ多いほど、その子ども虫歯になる割合が高くなっていることが分かります。例えばお母さんの口の中の菌が一万個以下の場合は、その子が虫歯になる割合は8.5パーセントとなっています。

しかし、一方でお母さんの口の中の菌が100万個以上の場合は、58パーセントにもなっています。お母さんの口の中の中の環境を整え、菌を減らすことが将来的に子の口の中の健康を守ることにつながると言えます。お子さんの虫歯は、感染症であり、その原因は周囲の大人、とりわけ近い存在であるお母さんにあります。引き起こす菌の感染の窓を防ぐことで、お子さんのの健康な歯を守りましょう。

感染の窓の時期はいつからいつまで

感染の窓という言葉は聞きなれない、虫歯菌が侵入し虫歯になりやすい時期とは聞いたことはあるけれどいったいいつからいつまでなのかは知らない、という人もいるでしょう。

ですが、子どもの虫歯を防ぐためには、この感染の窓について知っておくと安心です。感染の窓とは、最も親から子どもへ虫歯の原因となる虫歯菌が感染しやすいと考えられている時期のことです。多くの子どもが6か月ごろから乳歯が生え始め、その後少しずつ歯が生えていき、生後36か月ごろには乳歯が完全に生えそろっていきます。

この、子どもの乳歯が完全に生えそろうまでの期間のうち、乳歯の奥歯が生えてくる一歳半から三歳までの期間が最も虫歯菌に感染しやすい感染の窓と呼ばれる期間になります。

子どもが19か月から31か月になるまでの約26か月間を、どのように過ごすか、虫歯対策としてどんなことをするかで将来子どもが虫歯になるリスクを下げることができます。また、この時期を見越してその前の時期から歯磨きや虫歯予防対策をしておくことで、健康な歯を保つための生活習慣が身に付きます。

この感染の窓と呼ばれる期間に虫歯菌に感染してしまうと、虫歯になってしまいやすいのですが、虫歯菌に感染する時期が遅ければ遅いほど、子どもが虫歯になる可能性は低くなります。四六時中虫歯菌に感染しないように気を付けておくことはなかなか大変という方でも。

特にこの感染の窓と呼ばれる時期に注意しておくことから始めてみましょう。子どもだけでは虫歯予防はできません。お母さんだけでも不十分です。周囲の家族が、みなで虫歯について正しく理解し、気を付けることで防ぐことができます。

虫歯菌について注目すると、虫歯の原因となる菌とは具体的にミュータンス菌のことを指します。このミュータンス菌は一度口内に侵入して繁殖すると、完全になくすことはできません。このミュータンス菌は完全になくすことは難しいのですが、できるかぎり少なくしておくことは可能です。

ミュータンス菌が口の中で増えてしまう原因は、食事の後の食べ物の残りかすを掃除せず放置してしまうことにあります。食べ物が口の中に残っていると菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまい、その結果ミュータンス金が多くなってしまいます。食べ残しを減らすためには定期的な口の掃除、つまり歯磨きをすることです。

また、定期的に歯科検診を受け、口内環境を把握し日ごろの意識につなげることです。調査によると、定期的に口の掃除や歯科検診をしているお母さんとしていないお母さんの子どもの虫歯を比較すると、しているお母さんの子どものほうが大幅に虫歯になりにくいという結果も出ています。感染しやすい時期を意識して、定期的に口内環境を整えておくことが大切です。

感染の窓が虫歯の感染を防げる理由

虫歯は周囲の大人、とりわけ身近な存在であるお母さんから原因となる菌が感染することで引き起こされる感染症です。子どもが感染症である虫歯にならないためには、感染源であるお母さんの口内環境を整えること、そして感染すると虫歯になってしまいやすい感染の窓と呼ばれる期間に、菌の口内への侵入を防ぐことがポイントとなります。

お母さんや家族など周囲の大人の口の中の菌が、子供の口の中に侵入しないようにする方法はいくつか考えられます。菌の感染の多くが大人の唾液を介して行われます。言い換えれば、菌を感染させないようにするということは、大人の唾液をいかに子供の口の中に入れさせないか、ということと言い換えられます。

大人の唾液はいろいろなところに付着します。例えば大人が食事で使った箸やスプーン、茶碗などがあります。大人の唾液が付着したそれらの食器を子どもが口に入れてしまうと、付着している唾液も一緒に口の中に入ってしまい、感染してしまいます。時々自分が使った箸やスプーンを使って赤ちゃんに料理を食べさせたりする人がいますがそれらの行為は控えたほうが良いでしょう。同じようなパターンで、熱い料理を覚ますために、フーフーと息を吹きかけて覚まそうとすることも危険です。息を吹きかけることで一緒に口の中の菌が含まれた唾液を食事に吹きかけているのと同じことです。唾液が吹きかけられた料理を食べると、食べ物と一緒に子どもの口の中にも菌が侵入・感染してしまいます。

さらに、スキンシップの一環として、子どもにキスをしたりする行為も菌が含まれた唾液を子供に付着させてしまう原因になります。直接口と口を重ねてキスをすることはやめておきましょう。口と口ではないから大丈夫、ということはありません。ほっぺや手にキスをした場合でも、キスをした部分に付着した唾液を子供が指で触り、口に入れてしまえば虫歯菌は感染してしまいます。感染の窓の時期である一歳半から三歳までの時期は好奇心が旺盛で、何でもかんでも口に入れて確かめたくなる時期でもあります。赤ちゃんの中には指しゃぶりがクセになっている子もいるでしょう。口同市ではないキスであっても注意が必要です。キスや食事を覚ます行為、同じ食器を使ってあげたくなる行為は無意識で行ってしまっていたり、子どもに対する愛情からきているものも多くあります。

しかし、一見ほほえましく見える行為であっても、虫歯予防の視点から考えると、子どもにとってはあまり好ましくない行為であったりします。虫歯菌が感染してしまう行為をしてしまっている、心当たりがある人はすぐに控えるようにしましょう。特に感染の窓の時期には注意をしておく必要があります。

マイナス1歳からはじめるむし歯予防

子どもの虫歯を防ぐには、周囲の家族からの虫歯菌の感染を防ぐことが重要になります。とりわけ子どもに接する機会の多いお母さんは注意が必要です。子どもに唾液を通して虫歯菌が感染してしまわないように日ごろから意識しておきましょう。また、お母さん地震が自分の口の中の様子を知り、オーラルケアをしておくことも大切です。きちんと手入れをして校内環境を整えれば、その分虫歯菌の数も減り、子どもに虫歯菌が感染するリスクを下げることができます。

とはいっても、忙しい育児中に定期的に歯の検診に通ったりするのは大変です。虫歯がすでに存在しており、治療をようする場合などは特に通院だけでも時間も費用もかかってしまいます。そこで、お母さんが始めることができるのが、マイナス一歳からの虫歯予防です。

マイナス一歳ということは、まだ子どもが生まれていない妊娠中から虫歯予防を始めるということです。妊娠中であれば、出産後よりも比較的自由な時間が確保できますから、定期的な歯科への通院がしやすくなります。また、妊娠中にしっかりと虫歯予防をしておけば、出産後の忙しい時期に歯科へ行くことも少なくできます。妊娠中に時間をゆっくりとかけてお母さんが校内環境を整えておければ、感染源となる虫歯菌も少なくでき、安心して育児をすることができます。

妊娠中のお母さんは、まず自分の口の中の様子を知ることから始めましょう。日ごろから歯磨きなどに気を使っていても、知らないうちに虫歯になっていたり、口内環境が乱れてしまっていた利するものです。特に妊娠中はホルモンバランスが崩れやすかったり、食生活が変化したりするために、今まで虫歯とは縁のなかった人でも虫歯になりやすくなってしまいます。

自分の口内の様子を知れたら、場合に応じて治療を開始しましょう。虫歯の危険がない人でも、定期的に歯石を除去してもらったり、磨きの残しをしやすい部分のクリーニングをしてもらったするだけでも随分と口内環境はよくなります。すでに虫歯があったり、虫歯にではないけれどもなる可能性のある人は妊娠中の間にすべての治療を終わらせておくのが理想です。

そして、治療が終わったら、今後良好な口内環境を維持することができるように歯科からアドバイスを受けるとよいでしょう。歯科によっては口内環境についての資料をまとめて渡してくれるところもありますし、自分の歯並びに応じたベストな歯磨き方法、歯ブラシや歯磨き粉についての相談に乗ってくれたりもします。不安な点がある人は積極的に質問しておくとよいでしょう。

このように子どもの予防はマイナス一歳、つまり妊娠中から始まっています。できるだけ早くからお母さんはと取り組むようにしておきましょう。

まとめ

虫歯は遺伝などではなく、周囲の大人が口の中に持っている虫歯菌、具体的にはミュータンス菌が小さい子の口の中に侵入することによって引き起こされる感染症です。この感染症である虫歯を防ぐためには、大きくわけて二つのポイントがあります。一つ目はミュータンス菌が子の口の中に侵入すると虫歯になりやすい時期を知り侵入を防ぐこと、二つ目に感染源になりやすい家族、特にお母さんの口内環境を整えることです。

一つ目の子の口へのミュータンス菌の侵入を防ぐ方法です。
子どもの口に菌が侵入すると虫歯になりやすい時期は、乳歯の奥歯が生え始める一歳半半から三歳までの時期で、この時期を感染の窓と呼んでいます。特に、感染の窓の時期には子どもの口に大人のミュータン菌が含まれた唾液が入り込んでしまわないように気を付けておく必要があります。例えば大人が使った箸やスプーン、茶碗などを子どもが口にしないようにしておきます。大人が使った箸で子どもにものを食べさせるのはやめましょう。また似たようなケースで、熱い料理を冷まそうと息をふーふーと吹きかける行為も同様です。吹きかけた息の中には唾液が含まれていますから、料理を介して菌が感染してしまいます。さらに、スキンシップの一環として口や手にキスをする場合にも、大人の唾液が付着します。直接口にキスをしない場合でも、幼い子ほど手や指をなめますから結果として唾液を口の中に入れてしまいます。愛情を持った行為でも虫歯予防という点からみるとよくないです。

二つ目にできる方法としては、家族、特に子と接する機会の多いお母さんの口内環境を整えておくことです。
ミュータンス菌の感染源であるお母さんが菌の増殖を抑えることが、感染のリスクを下げ、結果虫歯予防につながります。お母さんは日ごろから歯磨きなどの口内の掃除、定期的な歯科検診をしてきれいな口内環境の維持に努めましょう。調査でも、口内環境が良好なお母さんの子どもほど虫歯になる割合が低いという結果が出ています。

しかし、出産後は育児が忙しくなかなか歯科検診に行くことができない場合が多いです。歯の治療や検診は妊娠中から始めることで時間をことができ、より効果的です。妊娠中は日ごろ気を付けている人であっても口内環境が乱れやすくなります。妊娠中の子どもがマイナス一歳の時期から虫歯予防は始まっています。歯科によっては虫歯予防に関する相談にのってくれるところもあります。虫歯予防に効果的と考えられているブリアン歯磨き粉や歯ブラシなどを説明・紹介してくれることもあるでしょう。専門家の助言を受けながら、親子で健康な口内環境、虫歯予防に取り組んでいくようにしましょう。