ブリアン歯磨き粉の使用期間はいつからいつまで?

ブリアン歯磨き粉いつからいつまで

海外ではBLIS菌含有製品であるものではBLIS K12のみ3歳以上の使用を呼び掛けていますがそれ以外には特に使用期間ついての記載はありません。

 

子供用歯磨き粉であるブリアン歯磨き粉はBLIS M18は出生時から使っても平気な成分ではありますが基本的には歯が生えてきてからの使用で問題ないものと考えられます

 

というのも海外では乳児、赤ちゃんへの使用が危険なものはあまり普及されません、訴訟大国である米国などもそうですが、不意に乳児・赤ちゃんが誤飲してしまったりという危険性のある薬品は家庭での使用は殆どされないようになっています。

 

その為、安全性がきちんと確認されたものであるのは変わりないのですが最も効能が高い時期というのは存在するため、いつからいつまでといった使用期間を外さないように使用して頂きたいと思います。

ブリアン歯磨き粉は生後19ヶ月~31ヶ月の「感染の窓」までに

ブリアン歯磨き粉 いつから いつまで

一生涯の内最も口腔内細菌が感染しやすく虫歯原因となるミュータンス菌の感染する時期が感染の窓と呼ばれる期間です。

 

この時期に口腔フローラと呼ばれる細菌の分布が決まり、生涯に渡って細菌分布が殆ど変化しなくなります、この時期にミュータンス菌が少ないと虫歯になりづらくなると言われているため、前歯が生える生後8か月くらいから生後31か月までの期間をブリアンの使用適切期間だと言えると思われます。

歯磨きなどの習慣は早くからつけていくほうが良いため、前歯が生えてきた頃から始めると良いのですが、歯が生えてくるまでは舌の上等を優しくガーゼでふき取ってあげると良いでしょう、お口の中に異物が入る感触は赤ちゃんには未知の感触になるので早めに慣れさせる事も目的とした方が口の環境について関心の高い子に育つかと思います。

ブリアンを使った歯磨きはいつまでが適切か

具体的にいつまで使う、などの使用制限期間は発見できませんでしたが、60日~90日程で口腔フローラの変動が期待できるというBLIS Technology社のページがありました、海外の論文では被験者の70%は30日程度で改善が見られた、ということなのでその期間は継続して使うと効果が見込めると思います。

長い期間使うことでBLIS菌の定着総数が増えるので基本的には長期の使用が望ましいという認識で良いみたいです、ブリアンに含有されている細菌はフリーズドライ、いわば乾眠と呼ばれる活動を休止している状態で送られてきますが消費期限は特に留意する必要は無さそうです。

生後19ヶ月~31ヶ月の「感染の窓」までに

一生涯の内最も口腔内細菌が感染しやすく虫歯原因となるミュータンス菌の感染する時期が感染の窓と呼ばれる期間です

この時期に口腔フローラと呼ばれる細菌の分布が決まり、生涯に渡って細菌分布が殆ど変化しなくなります、この時期にミュータンス菌が少ないと虫歯になりづらくなると言われているため、前歯が生える生後8か月くらいから生後31か月までの期間をブリアン歯磨き粉の使用適切期間だと言えると思われます。

歯磨きなどの習慣は早くからつけていくほうが良いため、前歯が生えてきた頃から始めると良いのですが、歯が生えてくるまでは舌の上等を優しくガーゼでふき取ってあげると良いでしょう、お口の中に異物が入る感触は赤ちゃんには未知の感触になるので早めに慣れさせる事も目的とした方が口の環境について関心の高い子に育つかと思います。

ブリアン歯磨き粉を使った歯磨きはいつまでが適切か

具体的にいつまで使う、などの使用制限期間は発見できませんでしたが、60日~90日程で口腔フローラの変動が期待できるというBLIS Technology社のページがありました、海外の論文では被験者の70%は30日程度で改善が見られた、ということなのでその期間は継続して使うと効果が見込めると思います。

長い期間使うことでBLIS菌の定着総数が増えるので基本的には長期の使用が望ましいという認識で良いみたいです、ブリアン歯磨き粉に含有されている細菌はフリーズドライ、いわば乾眠と呼ばれる活動を休止している状態で送られてきますが消費期限は特に留意する必要は無さそうです。

ブリアン歯磨き粉歯磨き粉は通常の歯磨き粉よりも高価

乳幼児製品は高いものが多いのですが、ブリアン歯磨き粉歯磨き粉はその中でも群を抜いて高い部類です、従って最も効果のある時期に使いたい、と思われる方が多いと思うのですが感染の窓と呼ばれる時期と、その前の時期に使用すると良いかと思われます。

 

また、永久歯の生え代わりの時期である6歳~12歳の時期にも使用することで生涯的に定着を促すことが出来るでしょう、その頃からは乳幼児用ではなく大人用のブリアン歯磨き粉やBLIS K12含有の製品を使うのも良いかもしれません。

 

BLIS K12は細菌侵襲性の強い性質があり他の病原性細菌に対して排他的な物質を出します、従って口臭の原因菌や基礎免疫が落ちた時に発症する細菌等も減らしてくれるため、健康維持に役立つ菌だと言われています。

 

BLIS M18は虫歯のみならず歯周病等に対する抗菌ペプチドを産生しますが、BLIS K12は炎症疾患となる原因菌を排除してくれるものです。
その為自己免疫を高めたい人にとって適切な製品となりえます。

口腔細菌は免疫機序の一角を担っています。

世界保健機関(WHO)の定義では口は免疫機関としてとても大切なファクターの一つであり、そこに定着する細菌は免疫に強い関わりを持っているとされています。

 

定着している菌が外部から侵入してくる菌を侵襲されまいと排除する事から、身体の内部に入る前の免疫機序としての役割を果たしているという事になり、身体への病原性を持つ細菌も、そうではない細菌も免疫機構としての意味を持っているということです。

 

そういった定着している細菌の中にBLIS M18やBLIS K12が入り込む事によって強い免疫を得ることが出来ると共に口腔内細菌の中でも病原性のある細菌を活性化させるほどの総数にしないように調整してくれるものと考えられており、虫歯以外にも健康な体作りに有意な細菌だとされています。

 

特に耳や咽頭部、鼻の奥の気道で炎症を起こす細菌を減少、不活性化させる働きがあり抗生物質の服用等を必要としないレベルまで減少させることが出来るとされています。

抗生物質と細菌の関係性、及びプロバイオティクス

プロバイオティクスは日本では余り馴染みのない名前だと思いますが、世界的には殆どの人が知っている程の考え方で、抗生物質で良い細菌も悪い細菌も減少させるのではなく、細菌の出す酵素で病原性細菌の数を減らそうという考え方です。

 

これはペニシリン等の抗生物質に対する耐性を持った細菌を生み出すような対処療法ではなく予防を行うことで未然に病気の発症を防ぎたい、という思想から生まれたものであり、細菌となるべく共存することで健康を維持しようというものです。

 

細菌の行動原理はまず自分と同じ存在を増やす複製によって数を獲得し、活動域を広げようとするのですが一定数以下の状態で維持している限り病原性を発揮する事はありません。

 

微細な部分では病原性物質を産生していても私たちの身体には影響が及ばない程度のものになるのです。また細菌叢の中で生育している為、自己株が増えようとしても他の細菌の数も増えていく為、お互いに侵襲しあい病原活性化をしない様になっています。

 

日頃のブラッシングで90%の細菌がいなくなるのですが3時間で元の数に戻るというのですから大変な事です、ブリアン歯磨き粉を使用しているとこの時にStreptococcus Salivarius M18やK12といった細菌が病原性細菌の繁殖を抑制してくれるため、口腔環境が改善していくのです。

ブリアン歯磨き粉いつからいつまで│まとめ

大人になっても虫歯に悩む生活を遅らせたくないと考えている親の気持ちを反映させているBLIS製品はこれからもっと普及していくのだと思います

口腔環境を整えるには適切な口腔ケアは必須ですが、こうしたプロバイオティクス製品もぜひ併用してみてほしいと思います。

気をつけたいポイント

お口の中のバランスは、一度細菌バランスが決まると新たに動くことがほとんどないそうです。その期間が「感染の窓」と言われる一番虫歯になりやすい時期になります。注目すべきはこの期間をメインにブリアン歯磨き粉の使用を目安にするのが虫歯になりにくいお口を手に入れられる大きなチャンスではと考えます。

 

口内フローラと言われる細菌叢がの変化が期待できるのも60日~90日というデータもあるので継続しないと効果は損失してしまう可能性があり虫歯菌に感染するリスクが上がるといってもよいでしょうか。

 

このタイミングは、一生になんどもある訪れるものではありません、タイミングを逃さずに「感染の窓」にブリアン歯磨き粉でケアできればそれだけ虫歯リスクは下げられる可能性もあります。虫歯菌が少ない状態になればリスクも下がりますからね。

 

気をつけることに越したことはないのでしょうが、キスは駄目だとかスキンシップに神経質になることも減るのではないでしょうか。

 

お子様我が生後19ヶ月~31ヶ月内でしたら初めて見るのもおすすめですね。大人の虫歯菌リスクを軽減することもかなり重要なのでブリアン大人用でお子様と同じ期間使ってみるのもお試しくださいね!

ブリアン歯磨き粉の1日の目安

ブリアンに配合されているBLISの1日の摂取量は20mgです。

ブリアン歯磨き粉は0.5g×60包が1ヶ月の容量となっていますので、単純計算で1日2包です。ですので1日の食事回数に合わせて使うのがより効果を体感しやすい使い方になります。

 

そして、1日1包で口内へ運べるBLIS M18の量は10mg、2包を使い切ることで有効成分BLIS M18を20mg摂取が可能となります。

 

こう書いてしまうと

「必ず2包を使い切らなくては!」

と、お思いですが、あくまで目安としてお考えください。

さすがに、朝から使うのも面倒!というブリアンの口コミもあるようなので、夜だけ使うのお子様、仕上げ磨きに使う方法もあります。

 

一番いいのは推奨とされているBLIS M18の20mgをお口へ摂取できること!なのですが、無理なく使うことを優先させることも念頭に置いてください。

マイホームでは、ブリアン歯磨き粉を夜だけ使っています。継続して使うにはコストも抑えられますし、お得な使い方でもあります
ブリアン歯磨き粉はいつからいつまで使うべきかは、「感染の窓」を基準に考えてみるのがいいですね。

 

心配でしたら歯の生え始めた時期を目印に使うのをスタートするのが親としては安心感も抜群です!ですが、まだまだ小さい子供にブリアンをスタートするのは心配で判断できないではないでしょうか。BLIS M18は身体に良い乳酸菌で善玉菌です。

 

他のブリアン歯磨き粉の成分も赤ちゃんや子供たちに身体を考え工夫されて作れていました。ただし、ブリアン大人用に含まれているBLIS K12は子供口内フローラを崩すことになりかねないので気をつけてください。

 

ブリアン歯磨き粉は医薬品などと違い薬ではないので神経質にならずに使える点もメリットは大きいですね。

 

毎日の不安やストレスからの補助として活用していきたい歯磨き粉です。

ブリアン 歯磨き粉 公式