知っておくだけで少なくできる子供の虫歯の原因と対策

子供,虫歯,原因

子供が虫歯になるには体質や遺伝も原因があり歯科医に相談しながら予防に励んでも虫歯になってしまうことも多くあります。

その都度、「躾が悪い」なんていう風に言われることもあります。旦那の実家で親戚が集まると言われることがあり、気持ちよく分かります。

フッ素で予防したり、検診に通っていてもなってしまうことがあるのが虫歯です。

今回は、子供の虫歯の原因と対策について紹介します。是非、よんでくださいね。

子供に虫歯ができる理由と特徴

食べ物を食べた後、口の中に糖分が残っているとその糖分を栄養として虫歯菌が酸を生み出し、それがどんどん歯を溶かしていってしまいます。

本来なら唾液などの働きで再石灰化が起こり、溶かされた歯も元の状態に戻すことが出来ますが、それが間に合わないと虫歯になってしまうのです。

甘いものが大好きでな子供の歯は、一度虫歯になってしまったらドンドン進行していってしまいます。

乳歯は永久歯と違ってエナメル質が半分程度しかなく、非常に薄いのです。

エナメル質の下の象牙質まで進行してしまうと神経まで達してしまい、非常に強い痛みを発生させてしまいますので、早期発見と早期治療が何より大切なのです。

大切なことは、酸を増やさないように心掛けることです。

食事をした後は出来るだけ間を空けずに歯磨きをするようにしましょう。

もちろん、お子さん自身が歯磨きをした後でも仕上げ磨きをしてあげるのも大切です。

子供では磨きにくい歯と歯の隙間や、奥歯部分は特に念入りに磨いてあげるようにし、その際に口の中の様子をチェックすることも忘れないようにしましょう。

フッ素が配合されているタイプの歯磨き粉ならば、歯のエナメル質を強くしてくれる効果があるのでおすすめです。

子供の虫歯のできる原因と対策

生まれたばかりの赤ちゃんの口内には、虫歯の原因となる菌は存在しません。

菌は身近な大人からの感染すると言われており、例えば食事の際に同じ箸やコップなどの食器を共有したり、大人が噛んで柔らかくしたものを与えたりすることによってお子さんの口の中に菌が移ってしまうのです。

3歳までに菌が移らなければ大人になっても虫歯にならないと言われていますので、出来るだけ食器や食べ物を共有しないように気をつけるようにしましょう。

小さい子供の場合、口の中に違和感があっても気が付きにくく、痛みを感じても上手く大人に伝えることが出来ないため、気がついたら進行してしまっているということも少なくありません。

そうならないためには、普段からお子さんの歯をマメにチェックしてあげることが大切です。

ただし、乳歯の場合永久歯と違って虫歯になっていても黒く変色しないので、素人ではなかなか見つけることが出来ません。

そこで大切なのが歯科検診です。

歯科医では市販のものより効果の高いフッ素塗布やシーラントを使った本格的な予防を行っています。

なかなか家庭ではケアできない歯石の除去なども受けられるので、お子さんの歯を守るためにも定期的に検診を受けるようにしましょう。

子供の虫歯リスクを下げるには?

虫歯菌が移らないように家庭でどんなに気をつけていても、うっかり口の中に手を入れられてしまったり、保育所などでお友達から感染してしまう場合も少なくありません。
3歳まで口の中を全く無菌状態にしておくというのは、現実的には非常に難しいことなのです。

しかし、菌が移ってしまっても大切な歯を守る方法はいくらでもあります。

まず大切なのは食事方法です。
ダラダラといつまでも食べ続けていると、その間に菌はどんどん糖分をエサにして増えていってしまいます。

食事やおやつの時間をしっかりと定め、食後はすぐに歯磨きをするようにしましょう。

歯磨きで落としにくい隙間などはデンタルフロスや歯間ブラシなどを使用するのも大切です。

おやつもキシリトール配合のものならば、歯を強くしてくれる作用もあるのでおすすめです。

また、今注目を浴びているのがブリアンという商品です。

こちらは、ブリス菌といわれる虫歯菌を除去する作用を持つ菌を口内に定着させるためのものです。

ブリアンは2〜6歳までの子供用の歯磨き粉としてしようするだけで虫歯菌の定着を予防してくれる働きがあります。
歯磨きを嫌がるお子さんでも進んで使用できるよう、ほのかに甘みがつけてあります。

子供の虫歯治療法

子供の歯に虫歯が出来た場合、進行具合によって治療法が異なります。

まず、初期状態でまだあまり痛みなども感じない状態であれば、フッ素を塗布することによって歯を強くしていきます。
定期的に塗り直すことによって、歯を削ることなく元の歯の状態に戻すことが可能です。

乳歯は進行が早いので、出来るだけ初期段階で治療をしてあげることが非常に大切なのです。

虫歯が酷くなってくると、歯を削る必要も出てきます。

削って虫歯部分を除去し、詰め物で蓋をしておくことになります。

ただし乳歯の場合は永久歯より柔らかいため、蓋が外れやすいというデメリットがあります。

そのため、定期的に検診を受け、歯のすり減り具合に合わせて蓋を詰めなおして貰う必要もあります。
虫歯が神経まで達してしまっている場合は、神経を切断しなければならないこともあります。

しかし神経を切断してしまうと、乳歯が永久歯に上手く生え変わりにくくなってしまったり、歯の変色をおこしてしまうこともあるのです。

後々歯並びが悪くなってしまったりする可能性も高くなりますので、場合によっては抜歯をしなければならなくなります。

出来るだけ神経まで達してしまう前に治療をしてあげることが大切です。

まとめ

虫歯菌の存在というものは大人でも気になるものです。

自分の中にどれ位の菌がひそんでいるのか知りたい方は、歯科医で行っている唾液を使った検査がおすすめです。
専用のガムを噛むだけの簡単な検査方法で、その唾液中にどれ位の菌がいるのかを調べてくれるのです。

また、虫歯を予防するためには唾液の質や量も大切なポイントとなってきます。

もちろん、こちらも歯科医で調べることが出来るので、自分が虫歯に強いか弱いかを知ることが可能です。

自分の体質を知ることによってそれに適したケアを行うことも出来るので、機会があれば是非調べてみましょう。

最近は大人用のブリアンも登場し、人気を博しています。
虫歯だけでなく、口臭予防にも効果があり、こちらは子供用とは違って爽やかなミント味になっています。

大人用のブリアンにもブリス菌が配合されていますので、口内の虫歯菌の数を減らしたい方には非常におすすめです。

特に小さなお子さんを抱えていらっしゃる方の場合、そもそも保護者の口に菌がなければお子さんに移ることはありませんので安心ですね。

普段からよく虫歯ができやすくて悩んでいらっしゃる方はもちろん、これからも健康な歯を維持していきたいとお考えの方にもおすすめです。