BLIS M18(ブリス)菌の虫歯予効果

BLIS M18(ブリス)を配合した子供用の歯磨き粉が販売され、昨今ではこれまで考えられなかったような非常に多くの虫歯対策グッズが開発されるようになりました。
このような虫歯ケアグッズには医学的に有用かどうかよくわからない物が多く、小さなお子さんを持つ親御さんや、お口の健康を保とうと頑張っている消費者の方には何を選んだら良いのかよくわからないと思います
このようなお口のケアの最新手法のうち、BLIS M18(ブリス)などに代表されるプロビオティックスについて詳しく紹介したいと思います。

BLIS M18(ブリス)って何?


BLIS M18(ブリス)乳酸菌には様々な種類の乳酸菌が知られていて、ほとんどの方に身近に感じる物はおそらくヨーグルトなどに含まれる乳酸菌ではないでしょうか。
じつはこのBLIS M18(ブリス)の働きはヨーグルトの乳酸菌と似たような働きをする細菌で、お口のなかに住み着いて乳酸を作ったり他の細菌の活動を抑える抗生物質を作ったりして虫歯の原因菌や歯周病の原因菌の働きを抑えることができるのです。
このような細菌の力を借りて体の状態を整える食べ物や医薬品をプロビオティックスと言います
プロビオティックスの魅力は近年になり徐々に明らかになり、現在では虫歯の予防手段として非常に多くの方が注目するようになってきたので、今後さらなる発展が期待されている手法です。

プロビオティックスの魅力

プロビオティックスの魅力はなんといっても「薬に頼らない」という点にあります。
じつは薬を長期間にわたって服用することは体にとって大きな負担になり、肝臓だけでなく腎臓などにも負担を与えてしまうことがわかっています。
このため、お薬を使って虫歯の細菌を殺したり働きを抑制することは事実上不可能なのです。
また、抗生物質をあまりに長期間にわたって使用してしまうとどうしても耐性菌などの問題を引き起こしてしまいます
このような人工の抗生物質がもたらす弊害を避け、長期間にわたって使用できる予防手段としてプロビオティックスを用いることができるのです。

虫歯だけじゃないBLIS M18(ブリス)の役割とは


BLIS M18(ブリス)は虫歯以外の病気を抑えることもできると言われています。お口の病気の中で最も恐ろしいのは歯周病です。
歯周病も細菌の働きによって引き起こされる病気で、お口のなかの歯石に住み着いた細菌や歯と歯茎の隙間に住み着いた細菌が慢性的な炎症を引き起こすことがあるのです。
この炎症が歯周病で、じつはこのような問題を解決するためにはお薬以外にもBLIS M18(ブリス)などのプロビオティックスによるお口のケアがどうしても必要になるのです。
長期間にわたってお口の状態を保つためには歯磨きやデンタルフロス以外の新たな手段としてBLIS M18(ブリス)を活用することが必要なのかもしれません。
新たなお口のケア手段であるBLIS M18(ブリス)の活用を皆さんも検討してみてください。配合されている歯磨き粉はブリアンだけ!

BLIS配合ブリアン歯磨き粉を使うと・・・