6歳臼歯で知っておくべきトラブルと対処法まとめ

6歳臼歯

6歳臼歯の意味を知らず、乳歯だと思って放置していた結果トラブルに見舞われるケースも少なくありません。

それは、6歳だとまだ大人と同じ永久歯は生えないと勘違いしている保護者はたくさんいます。

6歳臼歯は一番最初に生えてくる永久歯。噛む力を伝える大変重要な役割を果たす歯です。

6歳臼歯とは

6歳臼歯はその名前の通り6歳で最初に生える永久歯のことで、第一大臼歯と言われます。

咬み合わせのや歯並びの基礎を作る大事な歯です。
咀嚼するにはかかせない大切な歯でわたしたちが食べることには欠かせないもの。

子どもが口内に違和感を訴えた時は、歯科クリニックに足を運ぶのが妥当です。

6歳臼歯のトラブルでよくある他の歯は邪魔で生えて来られなかったり、咬み合わせが悪く歯ぐきを噛んでしまうといった問題は、歯科クリニックに行けば適切に対処してもらえます。

咬み合わせが悪いかどうかも診断してもらえるので、トラブルに関係なく6歳臼歯が生え始めた時にクリニックを受診すると安全でしょう。

もちろん自宅でケア出来る虫歯トラブルについてのアドバイスも、受けることが可能です。

6歳臼歯はどこのこと?

6歳臼歯

6歳臼歯が何処なのかというと第一大臼歯と呼ばれる前歯から数えて6番目のことを言います。

絵で言うと赤丸のところです。
親知らずというの第2永久歯のさらに奥に生えてくるものです。
青丸のところになります。

6歳臼歯が生える時期

6歳臼歯は6歳とつくだけに6歳から7歳頃にかけて生えてくる永久歯です。ですが、個人差があるのであくまで目処として起きましょう。

その後、第2永久歯が奥に生え、さらにその奥に親知らずと呼ばれる永久歯が生えてきます。

親知らずは生えたり、生えなかったりするので個人差もあるので生えない!!!
と、焦らないで様子を見ましょう。

身体が小さいお子様だと生え替わるのが遅くなることもあるようです。何年たっても生え替わらないという時は歯科医へ相談するようにしましょう。
レントゲンを撮ってもらい永久歯があるのか確認してもらうのも良いかもしれませんね。

6歳臼歯が永久歯として最初に生える歯。全て永久歯が生え揃うには中学3年性くらいまでかかるみたいです。

親知らずは抜いた方がいいんでしょうか?

親知らずは埋没していることも多く抜いてしまうのはいささか早計な気もしますね。

親知らずを抜いた方が良いのは、

  • 虫歯にしてしまった場合
  • 食べ物が詰まってしまう

炎症を起こしやすいので、痛くなること多くなったら抜くことを考えるのがいいかもしれません。
意外と炎症を起こしやすく痛いです。かなり痛いです。体調の変化でも痛くなりました。※体験談です

かかりつけの歯科医を作っておくと対応も早くなると思います。定期検診は必ず受けるのが虫歯予防のポイントにもなりますよ!

6歳臼歯が生えてこない

あまり聞き慣れませんが、6歳臼歯が生えてこないことがあるようです。

先天性欠如と言われ、歯の元となる歯杯が作られないことで起きるもの。
ですが、歯杯が作られない理由というのがハッキリしてわかっていないのだそうです。

歯杯は生まれてくる前のお母さんのお腹で生成されるので、その時に何らかの原因があると考えられています。

先天性欠如歯は約10人に一人が永久歯が産まれながら少ない子供います。

6歳臼歯はトラブルが多い永久歯

6歳臼歯は一番最初に生える永久歯ではありますが、完全に姿を見せるまで相応の時間がかかるのが特徴です。中途半端に出ている状態で虫歯になる例もありますし、なにより生えたばかりの歯が表面が弱いため虫歯菌に侵食されやすいデメリットがあります。

そして、乳歯の奥に生えるのでわたしたち親も気がつきにくいのもトラブルが増える特徴です。

歯の一部が歯茎に埋もれている時期もあり、歯磨きが難しいこともあげられます。

この虫歯トラブルに対処するには、歯の持ち主である子供だけでは不十分です。保護者がしっかりと子どもの虫歯ケアをサポートする必要が出てきます。6歳にもなると仕上げ磨きを嫌がる子どもも増えてきますが、きちんと仕上げ磨きをして咥内を健康な状態に保ちましょう。

6歳臼歯が痛い涙

6歳臼歯は完全に生えてきてくれれば良いのですが、歯肉が被さっていると食べ物を噛んだときに歯肉を噛んでしまうことがあり痛めてしまいます。

歯磨きをしにくい場所にあることで歯肉に入った歯垢(プラーク)を除去できないことで炎症を起こしいたくなることもあります。

子供だけのブラッシングでは限界があるため、必ず仕上げ磨きはしてあげたいところですね。

6歳臼歯を虫歯にさせないためには

6歳臼歯を虫歯にさせないためにはシーラントを施す方法などもありますが、乳歯を虫歯にさせないようにすることが大切だと思います。

なぜならば、乳歯と永久歯の虫歯には強い関わりがあるからということです。

乳歯に虫歯のある子供は虫歯がなかった子供よりも永久歯が虫歯になる可能性が2倍以上と言われています。

小さい頃からの歯磨きの習慣化が必要だと考えられます。

歯並びや、噛み合わせ、食べることに欠かせない機能を全て要している第一大臼歯。

重要な永久歯なだけにケアは乳歯から入念にしておきたいものですね。
歯が生えたら虫歯になりにくい口内ケアを始めましょう!

もしも6歳臼歯が虫歯になってしまうと、食べていくこと自体の機能を阻害してしまいます。
歯が痛くなることで偏食がちになり栄養バランスも悪くなる可能性もあります。

ブリアン歯磨き粉は、口内フローラを整え虫歯になりにくいお口を形成の強い味方になってくれます。歯磨きをさせてくれないお子様にも子供が好みやすいフレーバーです。
歯磨きを習慣化させ、赤ちゃんが飲み込んでも安全な成分です。

我が家でも使っています!ブリアンの効果を知りたいならリアルユーザーが全部紹介!

ブリアンを歯が生え始めたら使いはじめてみませんか?
きっとあなたにも、お子様にもよい結果をもたらしくれるはずです!

↓今なら49%オフで試せるチャンス↓